恋愛で病む人の特徴と対処法とは?

あなたの周りにいつも恋愛に悩んでいる人はいませんか?また自分自身、いつも恋愛に振り回されて気持ちが晴れない日が多いと感じる人もいるかもしれません。

恋愛で病みやすい人には共通の特徴があります。恋愛で病んでいる人は皆同じように、恋愛で病む原因となる考え方をしてしまっているのです。

恋愛で病んでいる状態では恋愛を楽しむことができません。また他のことにも身が入らず恋愛以外にも支障が出てしまいます。周囲の人に迷惑をかけてしまうことあるでしょう。

せっかく恋愛をしているのですから思いっきり楽しむべきです。恋愛が上手くいけばきっと毎日が明るく色んなことに前向きになれるはずです。

そこで今回は、恋愛を楽しむために知っておくべきである恋愛で病む人の特徴と対処法について解説していきます。

恋愛で病む人の特徴と対処法とは?

相手に振り回される

相手の男性に振り回される女性

相手の行動を過剰に気にしすぎる人は恋愛で病みやすい傾向があります。相手の行動に振り回され、1つ1つの行動に意味があるのではと深読みしてしまうと、心が疲れてしまうからです。

私たちの行動には必ずしも深い意味があるわけではありません。なんとなく言葉を発したり、行動してみたりすることは、誰にでも日常的にあることなのです。

しかし、相手の行動に敏感な人は、行動に深い意味があると捉えがちです。特に恋愛で病みやすい人は相手の行動にネガティブな意味が込められているように感じてしまうのです。

相手の行動を見て、怒っているのではないか、自分に至らない点があったのではないかと深読みし、勝手に落ち込んだりします。

周囲に気を遣い過ぎる人や自分に自信のない人は、恋愛において相手の行動の意味をネガティブに捉えがちです。相手の行動に振り回され気持ちが浮き沈みするため、心も疲れてしまいます。

心が疲れてしまえばさらにネガティブ思考になり、どんどん恋愛への自信がなくなり病んでしまうのです。

理解されたい気持ちが強い

理解されたい気持ちが強い女性

相手に自分を理解してほしいという気持ちが強い人も、恋愛で病みやすいです。思うように相手に理解してもらえないとストレスが溜まってしまうからです。

他者に自分を理解してもらうことはとても難しいことで、100%理解してもらうことは不可能です。理解される難しさをわかっている人は、理解してもらえなくてもストレスを感じにくいです。

しかし理解されたい気持ちが強い人は、何でわかってくれないの!とストレスを溜めがちになります。

自分の思い通りに事が進まないと苛立つことが多い人は、周囲の自分への理解のなさを嘆くことが多いです。思い通りにならないことを、自分を理解してくれない周囲のせいにしてしまうからです。

特に自分にとって大切な人からの理解が得られないと、分かってくれないことに苛立ちストレスを溜めてしまうのです。理解されないストレスは恋愛で病む大きな原因にもなるでしょう。

将来を気にする

将来を気にする女性

将来に対する不安が強い人も病みやすい傾向があります。たとえば結婚できなかったらなどと将来を気にしすぎてしまう人は、恋愛で病みやすいのです。

将来のことを考えることは大切なことです。恋愛もお互いに先を見据えて将来の話をする必要があります。しかし必要以上に将来を気にして、ネガティブな気持ちで恋愛をするのは良くありません。

将来に対する不安が強いために現状を楽しむことができない恋愛は長く続きません。強い不安はネガティブ思考の原因となり、小さなことでも落ち込んで病みやすくなってしまうのです。

特に女性は、結婚や妊娠出産について年齢を気にしがちです。高齢出産はリスクが伴うため不安に感じる女性も多いのです。

ただ結婚も妊娠出産も1人だけの問題ではなく、相手と話し合う必要があります。しっかり2人で将来について話すことができれば、不安は最小限に治まり解決策も見いだせるはずです。

将来の不安を1人で抱えこんで必要以上に気にしてしまうと、恋愛で些細なことで病みやすくなってしまうのです。

LINEや電話がこないと不安になる

LINEを確認する女性

相手への依存心が強い人も恋愛で病みやすいです。特に恋愛で病む人は、LINEや電話がこないだけで不安になるほど依存している傾向があります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。