ドキドキしない恋愛がおすすめの理由とは?

ドキドキしなくなってしまうと恋が冷めてしまったと感じる人が多いですが、そうとは限りません。ドキドキする恋愛よりも実は、ドキドキしない恋愛の方が良いこともあるのです。

ドキドキすることだけが愛のある証拠ではなく、ドキドキを楽しむことだけが恋愛の醍醐味ではありません。恋愛でドキドキしないことを必要以上に焦る必要は全くないのです。

しかし付き合いたてには感じていたはずのドキドキがなくなったら、どうしても不安になってしまいますよね。ドキドキしない恋愛の良さがわからなければ、きっと不安は拭えないでしょう。

そこで今回はドキドキしない恋愛がおすすめな理由を解説していきます。

ドキドキしない恋愛がおすすめの理由とは?

居心地がいい証拠

居心地がいいカップル

相手に居心地の良さを感じるような関係になれば、必然的にドキドキは減るものです。長く良い関係を続けていきたいのであれば、ドキドキよりも居心地の良さが重要です。

確かにドキドキは恋愛のスパイスになり、相手の恋愛感情を盛り上げるきっかけになるものです。しかし本当に深い絆で繋がっていれば、ドキドキがなくても恋愛感情は続くものです。

お互いにドキドキの代わりに居心地の良さを感じるようになれば関係は長続きします。ドキドキしなくなったというのは好きではなくなったのではなく、居心地がいい証拠なのです。

もちろん仲にはドキドキしない恋愛、刺激のない恋愛をつまらないと感じるような人もいるでしょう。ただドキドキするような刺激のある恋愛は、今を楽しむ恋愛です。

将来的に一緒にいたいと思う相手との恋愛であれば、ドキドキがないことを気にする必要は全くありません。むしろ代わりに得る居心地の良さをお互いに大切にできるようにしましょう。

ドキドキしすぎはムリをしている

無理して付き合う女性

恋愛で感じるドキドキと言えば通常、恋愛感情の高ぶりを指します。しかし実は恋愛をしている時に感じるドキドキの原因は、恋愛感情だけではない場合があるのです。

恋愛感情以外のドキドキの原因になるものは緊張です。もちろん好きな人の前では緊張するものですが、いつまで経っても緊張が解けないのであれば注意が必要です。

相手の機嫌を伺って嫌われないように一生懸命な時というのは緊張によりドキドキします。ムリして合わせようとしている証拠であり、決していい恋愛の形ではありません。

恋愛は立場が平等でなければなりません。時々ではなく慢性的に緊張が続いているということは、恋愛関係として平等な立場になれていないということなのです。

緊張してしまう原因が相手にあろうと自分にあろうと、慢性的な緊張によるドキドキは良いドキドキではありません。

緊張が原因のドキドキのように、ドキドキしすぎることは必ずしも恋愛にいい影響を与えるわけではないのです。あなたがしすぎているドキドキはムリしている警告なのかもしれません。

一緒にいたいと思う気持ちが大切

一緒にいたいと思う女性の気持ち

ドキドキしなければ恋愛感情は生まれません。しかし通りすがりの素敵な人にドキドキしてしまうことがあるように、ドキドキが必ず恋愛感情になるとは限らないのです。

そのため恋愛にはドキドキは必要不可欠ですが、なくなったことを必要以上に気にする必要はありません。ドキドキよりも一緒にいたいと思う気持ちの方がよっぽど大切なのです。

素敵な人でも、性格や相性が良くなければ一緒にいたいとは思いませんよね?恋愛はドキドキだけで成り立っているものではないのです。

ドキドキにばかりこだわり、一緒にいたい気持ちを大切にできなければ、自分の本当の気持ちが見えなくなってしまいます。本当は一緒にいたいのに別れることになってしまうかもしれません。

ドキドキするだけが恋愛ではありません。彼が自分にとって必要な存在かどうかをよく考えましょう。

それでもたまにドキドキしたいときは?

テンションの上がるデートをする

テンションの上がる夜景の見えるデート

恋愛を盛り上げるためにはたまにはドキドキも必要です。ドキドキしたいなと思ったときは、テンションの上がるデートをしてみましょう。

非日常を体験すると人は気持ちが高揚します。好きな人と一緒に体験すればなおさら気持ちが高まるでしょう。夜景でディナーなど普段しないような特別感のあるデートをしてみてください。

気持ちが高揚しているとどんな小さなことでも素敵に見え、一緒にいる相手もいつもよりも魅力的に感じます。いつもと違って見える相手にきっとドキドキすることでしょう。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。