恋愛で「どうでもいい女性」と「好きな女性」の違いとは?

恋する女性は好きな男性の言動に一喜一憂してしまうものです。好きな男性の一挙手一投足が、どういうつもりのものなのか気になって仕方がない毎日を送っている人も多いでしょう。

もしかしたら自分のことを好きなのかもしれないと思った時には、舞い上がってしまいますよね。しかし恋愛対象として好きでいてくれるのかの判断は簡単には下してはいけません。

男女では恋愛の考え方が異なるため、どうでもいい女性と思われているのに好かれていると勘違いしてしまう可能性もあります。勘違いしたままでは将来きっと傷つくことになります。

そうならないために今日は、男性にとっての恋愛で「どうでもいい女性」と「好きな女性」の違いについて学んでいきましょう。

恋愛で「どうでもいい女性」と「好きな女性」の違いとは?

自分の話ばかりする

自分の話ばかりする男性

男性は基本的に話を聞くことが苦手で、自分の話をすることが好きです。しかし好きな女性の場合、相手のことを知りたい、相手に気に入られたいという思いから積極的に話を聞こうとします。

特に好きな女性には、自分のことを恋愛対象として見てもらうため、今後の参考にするために恋愛の話を聞いたりします。好きな女性だからこそ恋愛の話は気になって仕方がないのです。

そのためもし男性が自分の話ばかりをしてくるようであれば、どうでもいい女性と思われている可能性が高いです。

あなたが聞き手に回りやすいタイプならまだしも、話を遮ってまで自分の話ばかりするようなら脈なしでしょう。あなたの話はどうでもいいと思われているのかもしれません。

相手の男性にどう思われているか確認したい時は、意図的に自分の話をしてみてください。

相手の男性があまり聞いていなかったり、自分の話をしようとしたりしてきたら、あなたはどうでもいい女性です。

ベタベタ触ってくる

ベタベタ触ってくる男性

男性は本能的に女性に触れたいという気持ちが強いです。本当に好きな女性であればあるほど触れたいという気持ちは強くなります。

しかし触れたいと思う気持ちと実際に触れるという行動は必ずしも一致するものではありません。なぜなら男性は女性がベタベタ触られるのを嫌うことを知っているからです。

そのため男性は好きな女性の場合は気軽には触れようとしません。ベタベタ触ってしまうことで嫌われてしまうことを何より恐れているため、触れたい気持ちを抑えるのです。

対してどうでもいい女性の場合は遠慮なくべたべた触ってきます。男性は生理的に無理な女性でなければ、比較的どんな女性でも性的な目で見ることはできるので、触れることもできます。

どうでもいい女性ならベタベタ触って嫌われたとしても精神的ダメージはほとんど受けません。女性に触れたいという本能的な欲求を満たせたことに満足するだけでしょう。

もし男性が躊躇なく体をベタベタ触ってくるのなら、どうでもいい女性だと思われているからです。

悪口を言う

悪口を言う男性

男性は本能や自分の気持ちに忠実なので、好きな女性には嫌われないようにわかりやすく良い顔をします。好きな女性が本気で嫌がるようなことはしません。

たとえば悪口を言うことは誰もが嫌な思いをすることです。そのため男性は好きな女性であれば、本気の悪口を言うことは決してないのです。

しかしどうでもいい女性の場合は気にせず悪口を言います。男性は女性とは違い思ったことをはっきりと言う傾向があるので、相手がどう思うかは関係なく言葉を発することが多いのです。

そのためなかには女性が傷つくような発言も出てきます。思ったことを言うことは間違っていないと思っているため、どうでもいい女性なら悪口であろうと口にするのです。

好きな女性であれば傷つけることも嫌われることも避けたいため、男性も発言には最大限配慮をします。

もし男性があなたの気持ちを考えず悪口と思うような発言をしてきたら、おそらくどうでもいい女性と思われているのでしょう。

既読・未読スルー

LINEを既読・未読スルーの男性

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。