恋愛で突き放すことが必要・不要な場面とは?

恋愛で突き放すことが必要・不要な場面とは?

恋愛の駆け引きは非常に難しいものです。「好きだ好きだ」と押しまくっても、気持ちが空回りしてしまって嫌われてしまうこともよくあります。

だからと言って突き放しても、タイミングを間違えればただの冷たい対応になってしまうこともあるでしょう。

どんなに恋愛をたくさんしてきた人でも、この「突き放すこと」が必要な場面を見極めることは難しいものです。

ですが、より恋愛で上級テクニックを身に着けたいなら、時には相手を突き放す姿勢を持っておきたいですよね。

恋愛で突き放すことが必要な場面と不要な場面はどのように違ってくるのでしょうか?

両思いな気がするのにあと一歩関係が前に進まないとき

突き放しすぎると男性は冷める

恋に冷める男性

両思いな気がするのに、関係があと一歩前に進まない時ほどもどかしいことはないですよね。お互いに好きなことは分かっていても、確かにその先に踏み込むのはかなり勇気もいるものです。

そんなときあえて突き放してみるのが良いのか、むしろ両思いかもしれないからこそ押してみるのがいいのか迷うでしょう。

ですが、注意しなければいけないのは、こんなシチュエーションだからこそ突き放されると男性は冷めてしまうということです。

関係をしっかりと一歩前に進めたいのであれば、彼のことは絶対に突き放さない方が良いでしょう。

良い感じの雰囲気のときに下手な小細工を入れてしまうと、男性は面倒臭くなってしまいます。男性は直情型で、変化球を嫌う人も多いです。

好きだということがほぼ分かっているときこそ、そのまま真っすぐに攻めていく方がまっとうな方法なのです。

素直に好きな姿勢を見せてくれる女性の方が、男性は距離を縮めやすくて戸惑うことはないでしょう。無駄な駆け引きで突き放したりせず、そのまま仲を深めていけることが一番ですね。

男性が主導権を握ってきたとき

調子に乗っている男性に大切さに気づいてもらう

調子に乗る男性を突き放す女性

では、突き放した方が良いときの場面もよく見ておきましょう。

自分から男性を突き放すのには勇気がいるものですが、恋愛をストレスなく楽しむためには突き放すことも必要なものです。

振り回されて嫌な思いをしながら恋愛をするのでは、恋愛で幸せになることはできませんからね。特に、男性が主導権を握ってきたときには、女性は注意が必要です。

女性をエスコートしてくれるうえで、優しく気遣ってくれ、ある程度のイニシアティブを握ってくれるなら良いでしょう。

ですが、たまに主導権を持つのにも度が過ぎている場合があります。そんな調子に乗っている男性には、何が大切なのかしっかりと気づいてもらう必要があるでしょう。

男性は主導権を握ることで女性が自分のものと勘違いしてしまうところがあるのです。

自分を引っ張っていってくれるのは良くても、少し限度を超えていると感じたときは思い切って突き放すべきです。

女性の方にも意見や意思があるということを、しっかりと気づいてもらうことが必要なのです。

プライドの高い男性には不向き

かっこつける男性

男性が主導権を握っているときでも、突き放してはいけないパターンもあります。

度が過ぎていないときなどももちろん突き放すべきではないですが、相手がプライドの高い男性である場合は特に注意が必要です。

プライドの高い男性は、女性をリードしてこそ満足感を得られる部分はあります。女性を意のままに操れることにアイデンティティを感じている場合もあるのです。

そんな男性にあえて突き放すような対応をしてしまっては、彼のプライドを傷つけてしまうことになってしまいますよね。彼は怒りを感じ、一気に場の空気が冷めきってしまう場合もあります。

男性はプライドを傷つけられることをとても嫌うので、それだけで修復不可能なほど関係がこじれてしまうこともあるでしょう。

もし男性にリードしてもらっているなかで、彼に対して不快感を覚えないのであれば下手に突き放す必要はないでしょう。彼のプライドも尊重してあげるべきなのです。

好きな男性が依存型のとき

あらゆる面で自立させる

彼を自立させる女性

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。