切ない恋愛をしがちな人の特徴と対処法とは?

とても一途な恋をしていても、それが叶うかどうか分からないのが恋愛の難しいところです。思いの強さが強いほど、幸せになるとは限りませんし、むしろ強すぎて切ない恋になる場合もあります。

相手のことを格上だと思うあまり、自分とは釣り合いが取れないと思ってしまう。自己評価が必要以上に低い。自信が無いから小細工をしようとするなど原因はたくさんあります。

試行錯誤はするものの、上手くいかない恋愛と、それでも募る恋心になかなか折り合いが付けられず、苦しむ人も少なくありません。今回は、そんな「切ない恋をしがちな人」についてまとめました。

切ない恋愛をしがちな人の特徴を始め、そうならないための対処法も紹介します。せっかく好きな人に出会えたのなら、楽しい気持ちで過ごせるように、是非参考にして下さいね!

切ない恋愛をしがちな人の特徴と対処法とは?

リスペクトし過ぎ

彼をすごい人と尊敬しすぎる女性

切ない恋愛をしがちな人の特徴として、「相手をリスペクトしすぎる」ということが挙げられます。学生の時には「カッコイイ!」ということで恋をしていても、大人になると少し違います。

仕事への取り組み方が素敵だ。知識が自分より多くて憧れる。人脈が広いなど、自分へ足りない何かについて、「人として尊敬」をして惹かれます。その尊敬が恋愛感情へ変化するのです。

相手をリスペクトすることは、決して悪いことではありません。男性も尊敬されたら嬉しいでしょうし、恋愛も上手くいくでしょう。しかし、リスペクトしすぎるのは考えものです。

相手をリスペクトするあまり、自分には釣り合わないと勝手にネガティブになる人もいます。勇気を出せずにいるうちに好きな彼に彼女ができることのもありますので、しっかり動いて下さい。

考えすぎ

恋愛の悩みを抱える女性

切ない恋愛をしがちな人は「深く考えがち」な傾向があります。嫌われたくない。良く思われたい。周囲に好きとバレたくないなど、色々な思いがあるので行動が慎重になるのはよくあることです。

しかし、あまり1つのことを深く考えすぎてしまうと、結局考えることに時間を費やしてしまい何も行動出来なくなってしまいます。例えば、彼の言動が少しいつもと違ったとします。

「今日はどうしたの?元気がないね」と直接声をかければすぐに終わる話です。声をかけることにより、相談をしてくれたり心を開いてくれて、仲良くなれるチャンスを掴めるかもしれません。

しかし、1つのことを考えすぎると出遅れてしまう危険があります。「私が何か怒らせたかな」「日頃の態度と違う」など勝手に自分のせいにしてしまうのです。

そうしているうちに、彼を心配して声をかけた女の子と仲良くなってしまい、付き合っていたというケースもあります。慎重なのは良いことですが、考えすぎると出遅れてしまう可能性もあります。

嫉妬させようとする

彼を嫉妬させようとする女性

恋愛は素直さが大切です。変に嫉妬をさせようとか、注目を浴びようと小細工をするのは基本的におすすめできません。しかし、切ない恋愛をしがちな人は、小細工をしたがる傾向にあります。

例えば、彼に嫉妬して欲しいからと彼の友達と仲良くしたとします。自分的には、他の男と仲良くしている姿を見て、嫉妬を感じ、気にして欲しいと思っての行動です。

ですが大抵の場合、仲良くしている彼の友達から好意を寄せられたり、彼から2人は良い仲だと勘違いをされてしまいます。友達の好きな人だからと恋愛対象外になる場合もあるでしょう。

恋愛において、変な小細工は厳禁です。小細工によってプラスになる場合もありますが、もし振られた場合後悔します。空回りをして切なくなる場合も多いので正直に気持ちを見せて下さいね。

対処法とは?

準備は常にしておく

恋愛の準備をしておく女性

切ない恋愛をしがちな人は、基本的に受け身な人が多いです。積極的に彼にアプローチ出来るのなら、彼も好意に気付きますし、仲良くなりやすいですよね。

受け身だからこそ、彼に気持ちを気づいてもらえなかったり、他の積極的な子に後れをとってしまいます。そういう人は「彼との会話の準備は常にしておく」ことがおすすめです。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。