恋愛で冷める瞬間とは?

出会ったばかりの頃や、付き合い始めには大好きだった相手でも、あるキッカケで冷めてしまうことがありませんか。最初は何も感じなかったことでも、時間が経つと冷静に見られたりするものです。

長く付き合っている安定した恋人同士だと思っていても、同じことは起こります。相手のことが好きで全てがいいと感じていても、ふっと冷めてしまう瞬間が訪れることはあるのです。

一度冷めてしまうと、今まで好きだった相手に今までどおりの態度が出来なくなる女性も多いもの。改善されない限り、ちょっとしたことが最終的には別れにまでつながることも有り得ます。

人を好きになる理由と同じで、どんな行動や態度が冷める原因になるのかも人それぞれです。好きな男性に対して、どんな瞬間に冷めてしまうのかをご紹介します。

恋愛で冷める瞬間とは?

理解不足を感じるとき

理解不足を感じる女性

付き合っていると、相手のことを考えて行動して欲しいもの。男性が何もしてくれなかったとしたら、気持ちが冷めてしまう原因になります。

相手にこんなことをして欲しい、という気持ちは、恋人同士であれば少なからずあるものです。そしてわざわざ言わなくてもわかって欲しいと、女性は特に期待していることが多いのです。

期待を裏切られたと感じると、好きな気持ちが冷めてしまうのですね。「自分のことを理解してくれていないな」と思うのです。

わがままかも知れませんが、期待に応えてくれるととても嬉しいものです。理解してくれていないということは、好きな気持ちも薄いのではとさらに想像してしまいますね。

空回っているとき

空回った男性

彼がかっこつけすぎていると、気持ちが冷めてしまうことがあります。普段からの態度というよりも、ちょっとした時にかっこつけているのが垣間見えると、すっと冷める瞬間が訪れるのです。

何かにとてもこだわり、女性が理解できないようなことであればなおさらに冷めます。本人はかっこいいと思っていたり、こだわっていていい気分でいたりしても、女性は冷静に見ているものです。

実際にかっこよかったり、こだわりが共感できるものであったりしたら、また違うかも知れません。冷める時は大抵、ちぐはぐになっているものです。

かっこつけているつもりでかっこよくない。服や持ち物、行動でこだわりがあっても何だかおかしい。そうなると、空回りしている印象を受けて、好きだという気持ちが揺らいでしまいますね。

上から目線

上から目線の男性

横柄な態度や自分に対して命令してくることが増えると、すっと冷めますよね。恋愛はそもそも立場が対等であるはずなのに、なぜか偉そうにしてくる相手はいるものです。

「男性として女性より上でないといけない」という思い込みがあると、上から目線になりやすいようです。彼女を下げることで自分が優位に立ちたいと思っているのかも知れません。

男性の多くが持っている支配欲求や承認欲求とも言えますが、あからさまに態度に出してくると、気分がいいものではありませんね。かえって自分に自身がないようにもとれます。

また、単純に偉い態度をしてみたい、という子供っぽい意味であることもあります。受け入れられるうちはいいですが、耐えられなくなると好きな気持ちも冷めるものです。

優柔不断

優柔不断な男性

付き合っていると、当然一緒に過ごすことが増えるもの。何かを決める時に優柔不断な態度だと、気持ちが冷める大きな原因になります。

例えばデートの時、どこに行くか、何を食べるか。些細なことですが、優柔不断で決められないとせっかくのデートが台無しです。女性の多くはやはり男性に引っ張って行って欲しいもの。

彼女の意見を尊重してくれているのと、優柔不断は違います。また、なよなよとしている男性もあまり喜ばれませんね。

行動を決めることが出来ず、自分の意見がはっきり言えないとなったら、何を考えているのかもわかりません。恋愛していると、一緒に何かを決めたり、気持ちを表現したりすることが増えます。

しっかり意見を言って決断できる態度が取れない男性だと、好きな気持ちが冷めても仕方ないことかも知れませんね。

裏で文句を言う

裏で文句を言う男性

女性が冷めても仕方のない理由の最も代表的なことが、裏で文句を言われることです。自分のいないところで、二人のプライベートなことを話されるのもとても嫌なもの。

褒めることはあっても、悪く言っていたとなったら、冷めるどころか嫌いになるかも知れません。面と向かって言わないところだけでなく、他人に文句を言う行為が情けないですね。

お互いの悪いところは、二人の間で話し合って解決していくのがベストです。他人に話しても、解決するものではなく、うわさ話しのネタになってしまうおそれもあります。

またお互いの信頼関係にもヒビが入るような行為です。改善できるような内容でも、影で言われていたならば、修復は難しいかも知れません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。