デートで遅刻…謝り方とは?

デートで遅刻…謝り方とは?

付き合う前の大事なデートに遅刻してしまった事はありますか?お付き合いが始まってからも、つい遅刻してしまった事があるのではないでしょうか。

髪型が決まらなくて、電車を逃してしまったり、朝起きられなかったり、と遅刻の理由は様々でしょう。絶対に遅れたくなかったのに、事故や渋滞に巻き込まれたパターンもあります。

待たせた相手によっても、怒っていたり、そこまで気にしていなかったり、色々なケースがありますよね。謝り方も色々ですが、相手を怒らせてしまうと、破局の原因にもなってしまいます。

ここでは、デートで遅刻した時、どう謝ったら効果的で、相手が許してくれるのかをご紹介いたします。あなたのデートの参考になれば幸いです。

付き合う前のデートで遅刻はNG

腕時計を見る男性

絶対に遅刻しない人もいれば、いつも遅れてくる人もいます。遅刻してきた人を許せる人もいれば、許せない人もいます。

お付き合いが始まる前の段階のデートであれば、遅刻はしないようにしましょう。「遅刻=時間にルーズ」という印象だけではなく、「約束が守れない人」というマイナスなイメージです。

小さな約束が積み重なって、信頼関係が生まれます。1回や2回ならともかく、遅刻の常習犯は嫌われてしまいます。

お付き合いが始まっても、毎回遅刻してくるのかな…と思われてしまいます。人として、信頼してもらえるように、遅刻はなるべく避けましょう。

信用を積み重ね、恋人関係になれば、ある程度生活習慣も分かってきます。例えば、夜勤が続いていたから「仕方ないな」と寛容になれます。

遅刻したら、相手は脈なしと思う

ひびの入ったハート型の石

大事な取り引きや打ち合せの日には、決して遅刻をしないように、アラームを何回もかけたりしますよね。大事な用事がある日は、それだけ緊張感を持って、真剣に準備をします。

つまり、遅刻するという事は、「緊張感を持っていない」と相手は思ってしまいます。「自分の事は真剣に考えていないのか」と落ち込み、脈なしだと思われるので、交際には発展しにくいです。

ポジティブな人なら、「リラックスしてくれている」と思うかもしれません。しかし、素で時間を守れないのはマイナスイメージです。

「気分がのらなかった」など、遅刻の理由によってはルーズな印象を与えてしまいます。公共交通機関の遅れや、残業が終わらなかったなどの理由の場合は、仕方ないと思ってくれるでしょう。

好きなのであれば、それが伝わる謝り方をする

「すいません」と書かれたボード

本当に相手の事を真剣に考えていたにも関わらず遅刻してしまった場合は、誠意を持って謝りましょう。心から謝れば、許してくれる事がほとんどです。

デートの前日までには、待ち合わせ時間と場所を決めておいてください。遅刻が分かった時点で連絡をすれば、相手を大切に思っている事は伝わるでしょう。

しかし、電車の人身事故などに巻き込まれて、やむを得ず、たった1回遅刻しただけなのに、ものすごく怒るような人は要注意です。お付き合いをしても、きっと怒るばかりで楽しくありません。

遅刻した自分が悪いのは承知の上で、こちらが真剣に謝った時の相手の態度もチェックしてみましょう。相手の器の大きさが分かります。

遅刻した時の謝り方の例とは?

驚いた顔した絵文字

謝る前に大切なのは、遅刻すると分かった時点で連絡する事です。一度連絡する事で、相手もそれほどイライラせず、待つことができます。

謝罪の気持ちと、「簡単な理由」を連絡すると良いです。謝り方の例としては、必ず「ごめん」と入れるのが大切です。

たとえ5分以内の遅刻でも、「○分ぐらい遅れそう」「あと○分で着く」と連絡しましょう。15分以上遅れそうな場合は、近くのカフェでゆっくりしていてもらうように提案するのがおすすめです。

1時間以上遅れそうな場合は、日にちを変えるのを提案してみるのも良いです。電話をするのもおすすめです。

ここでポイントなのが、到着時間を少し遅めに伝える事です。伝えた時間より遅く着いてしまった場合、もっと相手を怒らせてしまいます。

相手が怒っている場合→ストレートに「遅刻してごめんなさい」と謝る

短髪な男性

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。