デートで割り勘は当たり前?

付き合う前でも、付き合ってからでも、デートの際に問題になるのはデート時に使うお金のことですよね。せっかくのデートなのにお金のことで揉めて、楽しい雰囲気を台無しにはしたくありません。

お互いが楽しむデートなのだから割り勘なのか…?はたまた男性が多めに払うのか…?それとも男性が全額払うべきなのか…?一般的な意見はどのようなものなのでしょうか?

そこでデートの費用負担に関して、男性の気持ち、女性の気持ち、その上での現実問題を徹底的に解説していきます。気分よくデートをするために参考にしてみてくださいね!

デートで割り勘は当たり前?

見つめあうカップル

とあるデータによると、デート費用を割り勘で払う割合は全体の44%だそうです。男性が多めに払う割合は全体の34%、男性が全額払う割合は全体の19%とあります。

ちなみに女性が多めに払ったり全額払う割合は、全体の3%という結果です。

これにより、デート費用を割り勘で支払うパターンが一番多く、その次に男性が多めに支払うパターンということが判明しました。

この2つでほぼ全体の80%になっていて、『デート費用は男性持ち』という考えはもう現代社会では一般的ではないことがわかります。

デートで割り勘をする男性心理

卓上にある伝票

デート代を割り勘にする男性は、①デートは2人で楽しむものだから2人で出すべきと思っているタイプ。

もしくは、②お金がないので仕方なく彼女に半分払ってもらっているタイプの大きく2種類に分けることができます。

① の場合はお互いが対等の立場である場合によくみられ、男性にはなんの悪気があるわけでもありません。ただただ2人ともが楽しむデートなのだからお互いが費用分担するべき。
または、お互い収入があるからデート代を片方に任せるのはおかしい、と考えているのです。
② 場合は本当にギリギリのプライドで半分はデート代を払っているケースです。
男性も割り勘ということに気後れしているので、高額なデートコースになるようなことは控えるべきでしょう。

どちらにせよ、デートを割り勘にする場合は、女性側も半分費用を出すことに納得していなければ付き合っていられません。

金銭負担による上下関係を作らなくていいので、対等でいるためにはいい選択肢とも考えられますね。

デートで女性よりも多く払う男性心理

お財布に入ったカードと札束

デート代を多めに支払ってくれる男性は、大半が見栄やプライドのために多めに払ってくれます。

しかし、①年上だったり立場的に払わざるを得ない場合。もしくは、②全額は払えないけど、『割り勘だと男が廃る』と思い、頑張って多めに払ってくれる場合があります。

① は職場や学校の先輩のパターンなど、男性が年上だったり立場が上である場合なため、素直に甘えておくのがベターです。

②も、男性のプライドを傷つけないためにも基本は甘えておくべきです。しかしあまりにも無理している感じが汲み取れた場合は、男性が負担してくれる割合を下げてみてはいかがでしょうか?

女性もデート代を負担しているとはいえ、男性が多めに払ってくれていることを忘れないこと。そしてしっかり感謝すること。この2点を忘れないでいただきたいです!!

デートで全額払う男性心理

お財布に入った万札

男性がデート代を全て支払ってくれる場合、①お金がある、ないに関わらず『デート代は全て男性が出すもの』と考えているタイプ。②純粋に金銭的に余裕があるタイプ。2つに大半は分類されます。

①の場合はある程度は見栄やプライドのために納得して払っています。しかし無理をしてカッコつけて払っている場合、長期的にはこの手の無理は続きません。

下心や見返りが心の中にあるケースもおいので、女性は注意しておく必要がありますね。②の場合は①の場合とは異なり、男性もお金に関して執着していないケースが多いです。

しかし、全額出してくれていることを当たり前と思わず、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

男性が多く払うときの女性の態度も大切

原っぱにいる笑顔の女性

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。