デートで緊張から腹痛になってしまったら?

普段からお腹が弱い人は、その日の体調や精神的なことでもすぐお腹が緩くなったり腹痛になったりしますよね。

大事な試験や大会・発表会など、子供のころから腹痛の不安と戦ってきたという方もいるのではないでしょうか。

大人になった今はどうですか?大事なプレゼンや営業など、子供のころとは違った仕事での緊張があると思います。そしてそれは大事なデートでも起こってしまうことはありませんか?

慣れてしまえば大丈夫なのに、初めてのデートや告白する時など、緊張して腹痛になってしまう…。なんとか乗り越えたい、少しでも改善したい。

筆者はそう思っているあなたの力になりたい。ということで、今回はデートで緊張からくる腹痛になってしまった時の対処法をご紹介します。

デートで緊張から腹痛になってしまったら?

忍耐力と書かれた黒板

なぜデートで腹痛になってしまうのでしょう?元からお腹が弱い人はもちろん、普段はそんなことがない人でもデートになると腹痛になるという人は少なくありません。

それは、ほとんどの人が緊張からくるものだからです。楽しいはずのデートなのに、なぜ腹痛になるの?と思う人もいるかもしれません。

楽しみたい!という気持ちはもちろんあるけれど、それ以上に心配事や不安なことがあるからです。

「もし会話が続かなかったらどうしよう」「無意識に嫌われるような言動をしてしまわないか」なんてことを気にしてしまいます。

主に人見知りの人や、心配性な人に多いのです。特に、付き合って間もなくまだ慣れないデートでは、お互いが探り探りの状態なので緊張しているでしょう。

そんな状態で腹痛になってしまったら大変!さぁどうやって乗り越える!?

なるべくキャンセルやデートを途中で終わらせない

夜にスキップする女性

デートの当日や待ち合わせ時間が近づいてくると、腹痛が襲ってきてどうしよう…。となったり、デートの途中で腹痛になって帰りたくなったりしたことがある人はいますか?

それで約束をキャンセルしたり、途中で帰ることはできますが、その場しのぎになるだけ。キャンセルしたデートの埋め合わせはするし、デートをする日はまたくるのですから。

腹痛になればキャンセルすればいいや、帰ればいいやという考えでいると癖になってしまいます。

キャンセル癖がついてしまうと、その場その場を避けることはできますが、いつまでたっても状況を変えることはできません。恋人にも呆れられてしまいますよ。

無理は禁物ですが、自分に合った方法やおまじないを見つけて、上手く付き合うことが大切です。

トイレはどこにもあるから大丈夫と自分を安心させる

トイレの場所を示す看板

腹痛になると、トイレに駆け込みたくなりますよね。なんだかトイレがお守りなくらい、安心な存在になってしまうのです。そう、いっそのことお守りだと思ってしまいましょう!

駅の構内・ショッピングモール・映画館にカラオケ…。トイレはどこにでもあります。何かあってもどこにいてもすぐ駆けつけられます。「だから大丈夫!」と言い聞かせる、おまじないです。

人は不安な時、安心できる物を持っていたり思考を変えることで落ち着くことができます。どこにでもトイレがあるということを安心の要素にして、デートを楽しんでください。

ここで「何度もトイレに駆け込むのは恥ずかしい」と思ってしまう人もいるかもしれませんね。それを気にするとまた腹痛の原因になり兼ねません。

気にするぐらいなら、もう正直に言ってしまいましょう。自分は緊張すると腹痛になってしまうということを事前に説明して、相手に理解を得ておくのです。

そうすることで隠さなきゃという不安もなくなるし、何より相手に話せて理解してもらえたことで気が楽になります。

最初に話すのが恥ずかしいかもしれませんが、心配事や不安が一気に解消されて腹痛も起きにくくなるかも。

緊張するとお腹が痛くなる理由

お腹の痛みを防ぐ錠剤

緊張すると、一般的には喉が渇いたり手が震えたり、心臓がドキドキすることを言いますよね。しかし腹痛となると、共感できる人とできない人とで分かれるのです。

そもそも、どうして緊張するとお腹が痛くなるのでしょう?緊張しても腹痛にならない人もいます。腹痛になる原因、そして腹痛になる人とならない人の違いは何でしょうか。

緊張すると腸のバランスが悪くなり過敏になる

お腹を押さえる赤いロボット

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。