脈ありデートの特徴とは?

好きな男性からデートに誘われれば誰だって嬉しいですよね。もしかしたら彼も自分のことを好きなのかなと期待に胸を膨らませることでしょう。

しかし残念ながら男性というのは恋愛対象として見ていなくてもデートできます。

もちろんデートに誘うということは興味を持たれていることは間違いありませんが、彼女候補としてであるとは限りません。男性は身体の関係を求めている場合もデートに誘うのです。

また友達や妹のように思っている場合でもデートととれるような誘いをしてくる場合もあります。女性からしたらデートだと思っていても、男性は同性と遊ぶ感覚でいる場合もあるのです。

恋愛対象として好きになってもらいたいなら、男性がどんな気持ちでデートに臨んでいるかを見極めなければなりません。そのためはデートの内容や彼の態度に着目してみましょう。

男性は気持ちが態度や行動に比較的出やすいので、彼女候補か否かでは差が出るはずです。ぜひこれから紹介する脈ありデートの特徴を参考にしてみてください。

脈ありデートの特徴とは?

デートプランがある

カレンダーに書かれたハートマーク

脈ありデートの場合、必ずと言っていいほど男性はデートプランを考えてくるものです。恋愛対象として好意を抱いている女性であれば楽しいデートにして喜ばせたいと思うものだからです。

あなたに本気であればあるほどプランをしっかり立ててくるでしょう。特にあなたの好みや希望に合わせて立てられたプランなら、かなり脈ありだと言えます。

逆に店や行く場所も決まってないようなデートだと、まだ彼女候補にまではなれていない可能性が高いです。友達として会っているだけか、身体目的の可能性も考えられます。

楽しめるプランかどうかはさておき、脈ありならあなたを喜ばせようという気持ちがデートプランから伝わってくるはずです。

緊張している

緊張しているカップル

誰だって好きな人とのデートとなれば緊張してしまうものです。恋愛対象として意識していればしているほど、相手に伝わるほど緊張してしまうでしょう。

もし男性があなたとのデートの日に緊張している様子を見せたなら、脈ありの可能性が高いです。

男性は相手に楽しんでもらえるか、好意を持ってもらえるかと不安と期待を抱いています。そして自分を良く見せたいという気持ちからプレッシャーとなり緊張するのです。

特にデートの待ち合わせからデートの序盤にかけては緊張しているでしょう。早口になったり声が上ずったり挙動不審だったりする様子が見られたら緊張している証拠です。

緊張のレベルについては個人差があるため比べられるものではありませんが、脈なしなら緊張することはほぼないでしょう。ぜひ彼の様子をこっそり観察してみてください。

合わせてくれる

息の合った二人

脈ありのデートの場合、大抵男性は歩くスピードを合わせてくれるなどの配慮をしてくれます。

歩くスピードには男女差があるため、一緒に歩くには意識的に調整することになります。脈なしだと男性はスピードを意識的することはほぼなく、女性が合わせていることにも気付きにくいです。

しかし好意のある女性に対しては常に存在を意識し様子を伺い、できる限り至近距離にいようとします。結果、自然に男性は女性の歩くスピードに合わせて歩くことになるのです。

歩くスピードを合わせようとしてこなければ、あなたに恋愛対象としての興味を持っていないか、自分中心の男性です。

あなたに好意があって大切に思っているなら、歩くスピードに限らずデート中にあなたに合わせようとする様子があるはずです。

気を遣ってくれる

取り分けられた料理

脈ありのデートの場合、男性は女性に楽しんでもらうためにエスコートしようと思っています。そのため女性の様子を観察しながら、適した対応ができるように心がけているはずです。

疲れていないか、喉が渇いてないか、寒くないかなどとあなたに色々気を回してくるでしょう。気遣いをするのは頼れる男性だと思われたい、守ってあげたいと思っているからなのです。

男性は興味のない女性にまでわざわざ気を回すことはしません。興味があったとしても恋愛感情でなく身体の関係としてなら、自ら何かをしてあげようとはほとんど思わないでしょう。

そして脈ありの女性とのデートなら、たとえばランチを予約するなどといった気遣いのあるデート進行をするはずです。気遣いはデートに気合が入っていなければできません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。