2回目のデートまでの適切な間隔とは?

初デートを無事やり遂げて安心しつつ、気になるのは次のデートの約束ですよね。1回目のデートで次の約束をしているのであれば、次の約束を待つのみです。

しかし、約束をしないで初デートが終了してしまった…という、あなた!2回目のデートは、いつにするつもりですか?

自分から誘いますか?それとも、相手の様子を伺って連絡が来るのを待ちますか?いつ頃、どうやって誘ったらいいか、悩むところですよね?

あなたは、2回目のデートまでの適切な間隔について考えたことはあるでしょうか?

この適切な間隔というのは、実はとてもデリケートな問題なのです。相手の生活スタイルや性格で適切な間隔は変わってくるからです。

なるべくなら、相手の負担や重荷にならないように気を遣いながら距離を縮めていきたいですよね。できることなら、断られる確率も下げたいものです。

では早速、初デートから2回目のデートまでの適切な間隔について考えていきましょう。

2回目のデートまでの適切な間隔とは?

紫色の砂時計

重要なポイントは、初デートで二人の距離感と相手のテンション(気持ち)です。

あなたの初デートの印象は、どんなものでしたか?そして、相手は初デートをどう思っていると思いますか?

チェックしたいポイントは、大きく4つあります。

会話の盛り上がり

初デートで会話は、盛り上がりましたか?

「あなたが沢山話しをすることができた」ということではありませんのでご注意ください。「相手があなたに自分のことを沢山話してくれたかどうか?」が重要なポイントです。
そして、その会話の中から相手の生活スタイルを聞き出すことはできましたか?

相手の生活スタイルや好みを聞き出すことで、2回目のデートを誘うキッカケやデートコースの参考にしましょう。

スキンシップ

相手の体に触れる機会はどれくらいありましたか?

ボディタッチは、相手との心の距離に似ています。相手があなたに警戒心を持っているのか?それとも、打ち解けてリラックスしているような状態なのか?

スキンシップがあったかどうかから、推測してみましょう。

一緒にいた時間の長さ

まる丸一日一緒に過ごしたデートと、一時間程度のお茶だけのデートでは二人の距離感は全く違ったものになりますよね?

一緒にいた時間の長さから、二人の心の距離感はどの程度なのか考えてみましょう。

デート後の相手のテンション

デート後のメッセージの返信のテンションやレスの速さは、どうですか?

相手からの返信はスグに届くような関係でしょうか?それとも、なかなか返信が来ない状態でしょうか?

頻繁にメッセージが届きますか?それとも、全くメッセージが来ないような状態でしょうか?

デート後の相手のテンションによって、2回目のデートまでの間隔は変わってきます。相手の生活スタイルや性格から、テンションを推測してみましょう。

このような初デートの経験から得た相手の情報は2回目のデートのタイミングを図る上でとても重要です。

恋愛に対する温度、あなたに対するテンション、日常生活の時間の使い方などの情報を整理して相手の気持ちを推測しましょう。

それらの情報を参考にして、次のデートまでの適切な間隔を探っていくことが重要です。

初デートから2週間後くらい

月末を示したカレンダー

例えば、時間に余裕のある学生の場合と、仕事に追われている社会人では生活スタイルに違いがありますよね。

あなたに使うことができる時間にも、差が出てくるものです。当然、次のデートまでの適切な間隔も変わってくるということになります。

だいたいの目安として、2週間くらいの間隔をあけて2回目のデートをしてみるのが良いタイミングでしょう。

忙しい社会人の場合も、時間に余裕のある学生の場合にも、平均的に2週間後くらいのタイミングがおすすめです。

では、なぜ2週間後が良いのでしょうか?

例えば学生同士の恋愛の場合、時間に余裕もあり、顔を合わせる機会が多く2回目のデートまでの期間も短くなりがちです。

さらに好きな気持ちが盛り上がっていれば「毎日でも会いたい!」と思ってしまうものですよね。二人の気持ちが同じように盛り上がっているのであれば、問題ありません。

しかし、温度差がある場合にはガッツいている印象を与えてしまい、相手に引かれてしまうリスクがあります。

二人の距離を着実に縮めていきたい場合には、2回目のデートまでに2週間くらいの間隔をあけるのが程良いでしょう。

1週間以内は少し早い

遠くの海を見つめる女性

忙しい社会人の場合には、初デートの翌週には別の予定が入ってしまっている可能性が考えられます。

仕事が忙しいタイプの人は、休日もプライベートな予定を入れていることが多く、忙しい場合が多いものです。

初デートの時に、最近の仕事の状況や休みの日の時間の過ごし方などをリサーチしておくと、次の約束の時の参考になります。

1週間以内に次のデートの約束を提案した場合、相手に束縛を連想させてしまうリスクもあります。

「もし付き合ったら毎週会うことになるのだろうか?」と思わせてしまう可能性がありますよ。毎週末、暇だと思われてしまうのも残念ですよね?

社会人のスケジュールは、忙しいものです。誰かと会ったり、どこかへ行くような約束や用事がなかったとしても一人の時間を大切にしたいと考えている人は多いものです。

「休みの日は、どんなことをしているの?」

と、相手の休日の過ごし方をさり気なく聞きだして、どんな価値観を持っているのか確認しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。