恋愛プレッシャーを感じる理由と対処法とは?

恋愛をしていると、それが力の源になり、仕事も勉強も頑張れるという人がいますよね。モチベーションも上がることで相乗効果も期待でき、自分の実力以上の成績を残すこともできます。

しかし、あくまでも自分の調子が良い時の話です。恋愛中の彼氏はもちろん大好きだけど、彼を好きだからこそプレッシャーや心の負担になってしまうことも少なくありません。

自分のプライドや、執着心、自分への自身の無さなどから、彼の経歴や言葉が重くのしかかってしまうこともあるでしょう。一度気にしてしまうと悪循環に陥ってしまうので、早めの脱出が必要です。

今回は、恋愛プレッシャーを感じる瞬間について対処法と共にまとめました。彼が好きだけれども、心の負担になるのは何故なのか、分からない人は是非参考にしてみてください。

自分の気持ちを客観的に分析するだけでも、心の負担が変わります。

恋愛プレッシャーを感じる理由と対処法とは?

彼の経歴と比較してしまう

彼との経歴の比較

恋愛プレッシャーを感じる原因の一つとして、「彼の経歴と比較してしまう」ということがあります。誰だって、優秀な彼氏が欲しいですよね。結婚も考えると収入が高い方が良いのは当たり前です。

でも、いくら優秀な彼が良いとはいえ自分の経歴とあまりにも離れている場合は、逆に不安になることが多いようです。例えば、エリートサラリーマンで高収入の彼がいたとします。

自分もキャリアウーマンならば、お互いに仕事の話をしたりして尊敬しあえるかもしれません。でも、自分は普通のOLで派遣社員。来年は契約更新できるか分からない立場ならどうでしょう?

あなたは悪くないのに、引け目を感じてしまったり、仕事の話についていけないこともあるでしょう。また、彼の友達や家族にも「何でこの子を?」と思われないか、とても心配してしまいます。

振られるかもと不安になる

振られるかもと不安な女性

本来、恋愛は幸せな気持ちになれる素敵なものです。自分の好きな人が好きだと言ってくれるなんて、夢のような話ですよね。でも、あまりにも好きな気持ちが強いと、楽観的にはなれないようです。

「今、付き合えている幸せ」よりも「もしこの幸せが崩れたら」という悪いことばかり考えてしまいます。彼がいなくなったら。彼に好きな人ができたら。自分はやっていけないと怖くなります。

振られたらと不安になるのは、自分に自信が無いからです。彼女になれて幸せなものの、根柢には「どうして自分なんかを」という思いが強いのでしょう。自己評価が低いほど、その傾向は強いです。

「振られるかもしれない」「振られたらどうしよう」と、まだ起きてもいないことを心配しないでください。心配する時間があるのなら、そうならないように努力する方がよっぽど効率的ですよ。

大きく見せようとし、自己嫌悪に陥る

自己嫌悪に陥る女性

恋愛プレッシャーを、より強く感じてしまう理由に「必要以上に自分を良く見せようとして、空回りする」ということがあります。自分で彼に付き合うようにと無理をしすぎてしまうのです。

例えば、身分不相応なレストランに行って、良い女を見せようとしたけれどテーブルマナーを間違って恥をかいてしまう。料理上手をアピールしようとして手の込んだものを作ったが失敗する。

このような、よかれと思って起こした行動で失敗してしまうと、自己嫌悪がひどくなってしまいます。「何をやっているんだろう」という情けない気持ちが襲ってきますし、泣く人もいるでしょう。

失敗を重ねて行くと、「こんな私を好きになるはずがない」と不安から自己否定に走りがちです。無理はせず、ありのままの自分で彼に接するのが一番です。

彼の後押しに追い詰められている

追い詰められている女性

交際をしているのなら、相手が辛い時や不安な時は、当然励まして支えてあげたいですよね。むしろ、相手が不安な時に寄り添えなくては恋人ではないと思う人もいるでしょう。

それは、男性だって同じことです。大好きな彼女が不安に思っているのなら、応援してあげたいですし、励まして元気にさせたい男性は多いです。

しかし、いざ自分が励まされる立場になると、励ましこそがプレッシャーに感じてしまう人も多いです。彼の応援してくれる気持ちはもちろん嬉しいのですが、それ以上の負担がきます。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。