恋愛で重いと思われてしまう原因とは?

「一途な恋愛」と聞けば、純情な感じで好印象ですよね。しかし、少し間違えると「重い恋愛」にもなりかねません。

ここでは、そんな恋愛で重いと思われてしまう原因について紹介します。「軽すぎる女は信用できない」とも言われていますが、重い女性は嫌がられることが多いです。

実際アンケートによると重い女性を好きな男性は20%で、嫌いなのは80%でした。確かに人によって、重いか軽いか受け止め方は違います。

ですが彼氏に対して自分の価値観を押し付けてしまうと、重いと思われがちです。またお互いに同じ重さであれば、重いと思われないで済むことが多いです。

恋愛で重いと思われてしまう原因とは?

家族に会いたがる

彼の家族

付き合ってすぐの状態で、家族に会いたいと言ってしまうのは重いです。自分の家族に会わせようとするなど、家族ぐるみの関係を持とうとするのは止めた方が良いです。

家族と会い、お互いの親に付き合っている人を紹介するというのは、まるで結婚の報告の様です。もしも親や家族に紹介した後、別れてしまったら家族までがっかりしますよね。

今後新しく彼氏ができて、紹介したとしても前回より新鮮な気持ちが薄れてしまいます。また特に娘を持つ父親というのは、娘の彼氏と会う時は複雑な気持ちになります。

たとえ何も言わなくても、娘を幸せにできる男かどうか見定めているのです。そんなお父さんに対して、彼氏は覚悟ができているのでしょうか。

結婚するという強い意志もなく、将来も見えないのに家族と会ったところでモメるだけですよ。本当に誠実な人なら、向こうから家族に会わせてくれるはずです。

あなたの家族に会うのも、彼氏なりのタイミングがあるのではないでしょうか。焦るのは厳禁です。

合鍵を欲しがる

彼の家の合鍵

合鍵を欲しがると、重い女に認定されてしまいます。「家に突然行ってもやましいことなんてないよね」と脅しているようなものです。

掃除や洗濯など、彼の分まで家事をするのはまだ早いのではないでしょうか。お節介だと思われたり、お母さんとして見られかねません。

家というのはプライバシーの塊です。過干渉されたくない男性からすると、少しためらいがあります。

あなたも親からうるさく言われて、ウザいと思ってしまった経験はありませんか。彼の方から合鍵を渡してくれるまで、待った方が賢明です。

束縛が激しい

激しい束縛

街で彼氏が自分以外の女性を見た時、怒ったりすねたりしていませんか?付き合い初めの頃は、かわいいヤキモチとして捉えてもらえます。

しかしお付き合いが長くなってくると、束縛として捉えられます。彼氏としても「いいかげん信用してほしい」と思ってしまいますよ。

「その飲み会に女は何人来るの」など、問い詰めることは止めましょう。監視されているようだと思ってしまうと、愛情も薄れてしまいます。

嫉妬深い

嫉妬深い女性

嫉妬深い行動は、重いと思われることが多いです。例えばスマホを見ようとしたり、SNSの投稿をチェックしたりなど…。SNS上で「いいね」を押しただけの人にも嫉妬していませんか。

嫉妬という感情は、彼が好きだから生まれるものです。嫉妬深い自分から抜け出す1番簡単な方法は、SNSチェックを止めることです。しかし止めたところで、逆に不安になる人もいるでしょう。

SNSを見ない代わりに、彼に当たり散らしては意味がありません。彼のことを疑うのではなく、上手にねぎらいつつ聞いてみましょう。

「昨日の夜何してたの?」ではなく「お仕事お疲れ様。最近遅いの?」など。自分に自信を持つことも、嫉妬から抜け出す方法です。

何か打ち込める趣味などを見つけてみましょう。

頻繁に連絡がくる

頻繁に連絡がする女性

連絡の頻度が多いと、重いと感じる男性が多いようです。もちろん、最低限の連絡は必要です。しかし15分毎など、日常生活に支障が出るようであれば危険信号です。

既読がついているのに返事がない、など怒ってしまうのも要注意です。返事がないのが不安で、どんどん追撃LINEを送ってしまっていませんか。

男性は一度にたくさんのことができないような脳の作りになっています。連絡がなくても、最低1日は待ちましょう。

どんなに大好きな人でも、返事を返さなくてはいけないと感じると億劫になります。「義務」になってしまうのは危険です。

常に一緒にいようとする

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。