ブライダルエステは誰が払うべき?費用負担について紹介

結婚式はいろいろと費用がかかりますよね。それぞれの費用について、誰が払うべきか揉めてしまうこともあります。

中でもブライダルエステは花嫁だけが受けるものです。そうなると男性側は費用負担をしたくないと考える人も多いでしょう。

ブライダルエステは自分が払うべき?ご祝儀で徴収しても良いの?

決して安いものではないので、自己負担は辛いですよね。今回はブライダルエステの費用負担について紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

ブライダルエステは誰が払うべき?費用負担について紹介

ブライダル費用の相場は8万円

ブライダルエステの費用

まずブライダルエステには、どれくらいの費用がかかるかを知る必要がありますね。ここで花嫁の平均費用をみてみましょう。

ブライダルエステの費用相場は8万円です。期間では3ヶ月前から通う全15回前後のコースが一番人気です。

ただ中には1dayコースで2万円内のブライダルエステを受ける花嫁も多いです。反対に6ヶ月コースで30万円のブライダルエステを受ける花嫁もいます。

ブライダルエステも選択するコースでぴんきりです。自分が何を期待して、どのような効果を求めているのかによって費用も大きく変わるでしょう。

自己投資だと思い花嫁が全額負担する

綺麗になる花嫁

費用負担について、一番多いのは花嫁が全額負担するケースです。エステを受けるのは自分自身なので、請求できないというのが全額負担の理由でしょう。

花嫁が全額負担するメリット

メリットは、自由にコースを選択できることです。新郎に費用を伝える必要もありませんので、自分の好きなようにエステを受けることができます。

これを機に綺麗になりたいと考えているのであれば、思い切った自己投資をしても良いでしょう。

反対に費用はできる限り抑えたいのであれば、直前コースで抑えることもできます。自己負担だからこそ、すべては自分の自由です。

花嫁が全額負担するデメリット

結婚式前に8万円もの費用を負担するのは、かなりの痛手です。なにかとお金がかかる時期なので、お金に余裕はないでしょう。

本当は10回前後通いたいと思っていても、懐事情で諦めてしまうことになります。納得いかないまま結婚式を迎えるのは悲しいですね。

結婚式費用の一部だと考えご祝儀で徴収

お祝いムードの披露宴

ブライダルエステも、結婚式費用の一部です。ドレス・ヘアメイクと同じようにエステも結婚式に必要な費用です。

その考えであれば、結婚式費用として負担するのが良いでしょう。いったん自分で支払いをしますが、ご祝儀で徴収するのです。

つまり2人で折半するということですね。このケースを選択する場合のおすすめの方法を紹介します。

見積もりに入れてもらう

ブライダルエステは結婚式の見積もりに含まれていません。だから男性からすると「結婚式とは別物」という認識になってしまうのでしょう。

そこでホテルなどでエステが提携している場合、見積もりにエステ費用も入れてもらいましょう。プランナーに相談すれば可能です。

見積もりの項目の一つに「ブライダルエステ費用」があれば、新郎も当たり前のように受け止めます。結婚式費用として折半できるでしょう。

新郎のみの費用もあることを伝える

新郎が「自分だけのエステでしょ?」と結婚式費用としての折半を反対した場合。どうにかして説得させる必要があります。

そんな時は結婚式の見積もりを見ながら、各項目がどちらの負担かを話してみましょう。

例えばゲスト80名のうち、50名が新郎側で30名が新婦側の場合。料理ドリンクケーキ、それに引出物の負担も新郎側が占めることになります。

「20名も多いんだから、これは新郎の負担ね。」

「ドレスは新婦。タキシードは新郎。じゃあ花は?」

こんなことを決めていたらきりがないですよね。結局結婚式費用は「どちらに必要」ということではなく2人のものという結論になるでしょう。

そこでエステも2人の結婚費用だと説得してみましょう。きっと承知してくれるはずですよ。

新郎からの結婚プレゼントにしてもらう

新郎からの結婚プレゼント

費用負担として、とても理想的なのは新郎となる男性からのプレゼントです。結婚は2人でするものですが、お互いにプレゼントがあっても良いですよね。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。