恋愛の勝ち負け問題とは?気にしない方がよい理由も紹介

恋愛において勝ち負けを感じて一喜一憂する人が意外に多いものです。

恋愛は勝負事ではありませんので、買った負けたなどと感じる必要は、本来であれば一切ありません。

ですが、相手に主導権を握られたり、振り舞われたりすると負けたと感じてしまうこともあるでしょう。

逆に、恋の駆け引きなどで相手を翻弄することに成功したときは勝ったと感じるはずです。

勝負事ではないとは思いつつも、どうしても恋愛で勝ち負けを気にしてしまうところは誰にでもある程度あるものです。

今回はそんな恋愛の勝ち負け問題と、気にしない方が良いとされる理由について詳しく紹介していきます。

恋愛の勝ち負け問題とは?気にしない方がよい理由も紹介

好きになった・好きになられた

両想いの男女

好きになったか、好きになられたかで勝ち負けを感じる人は、意外にもたくさんいるものです。

どちらが好きになっても勝ち負けには一切関係ないようにも思えるでしょう。

ですが、人はなぜか自分ばかりが相手を好きになってしまっている場合などは、特に負けたと感じることが多いです。

恋愛で相手のことを好きになるということは、相手に自分の弱味を見せているようなものでしょう。

相手に対して素直になることは、ある意味自分をさらけ出して無防備になるようなものです。

だからこそ、恋愛で人を好きになってしまうと、なんだか負けたような気になってしまうのです。

逆に、相手に一方的にひたすら好かれている場合などは、なんだか勝ち誇ったような気分になることでしょう。

相手は自分を好きになってくれたことで、好きな気持ちを抱え、精神的にゆとりがないはずです。

自分の行動で一喜一憂する相手を見て、どこか優越感を覚えることも少なくないでしょう。

好きになったか好きになられたかで、人は恋愛の勝ち負けを感じてしまいがちなところはあります。

振った・振られた

振られる女性

恋愛は人から精神的余裕を奪うものだと言われています。

そのため、精神的余裕を持って恋愛ができるときほど恋愛で勝っていると無意識に考える人は多いです。

そして特に恋愛において相手から振られることは精神を大きく乱すものになります。

振られたら当然落ち込みますし、精神的な余裕が一切なくなってしまう人が多いです。

そのため、振られるとなんだか恋愛で負けたように感じる人はたくさんいるはずです。

そして逆に、相手を振った人は、振ったことで相手に勝ったように思えることでしょう。

もちろん振った・振られたは勝ち負けに関係ないという人もたくさんいることは事実ですし、実際関係ないものです。

ですが、無意識のうちの心理として振られると負けを感じ、振ると勝ちを感じる人も多くいるものなのです。

釣り合っている・釣り合っていない

釣り合う男女

あなたは自分の彼と釣り合っている、釣り合っていないという点を考えてみたことはあるでしょうか。

気にしない人もたくさんいますが、自分の彼と釣り合っているのかどうかを気にし出すと止まらない人も意外に多くいるものです。

自分を過小評価してしまう人は多いので、ふとした瞬間に自分が彼女としての資格がないように感じてしまうことはあるものです。

特に周りの目をいつも気にしてしまいがちな人は大変ですよね。

彼の方ばかりが魅力的に思えてしまうと、常に釣り合っていないことにコンプレックスを感じてしまうでしょう。

そして釣り合っていて素敵なカップルを見かけると、自分たちは負けたように思えてきてしまうのです。

勝ち組・負け組

結婚した勝ち組女性

恋愛の場でも勝ち組・負け組という言葉はよく聞きますよね。

周りと比較してみたとき、モテモテな人、恋愛上手な人は勝ち組と言われるでしょう。

イケメンの彼氏がいる人や玉の輿に乗れた人なども勝ち組などと言われたりもしますよね。

それに対して、恋人いない歴=歳の数という人や、彼氏にひたすら貢いでいる人などは負け組と言われることが多いです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。