ペアーズで彼氏を作る7つのポイントは?

ペアーズを利用しているのに、彼氏ができないと悩んでいる女性もいるのではないでしょうか。

ネットで気楽に始められる一方で、実際にお付き合いまでとなると意外とハードルが高いものです。ペアーズで彼氏を作る方法を紹介します。

ペアーズで彼氏を作る7つのポイントは?

まずは心惹かれる人に気ままにイイネする

気になる男性にイイねする女性

恋活は楽しくてわくわくするもの。いい出会いがあると人生に新しい風が吹き込みます。まずは心惹かれる人にイイネ!をしましょう。

とてもタイプでぜひともメッセージのやり取りをしたい相手にはコメント付きのイイネができます。コメント付きにするとマッチングする確率がかなりUPするそう。

実際に私も「凄くタイプです!是非、お話ししてみたいです」という内容のメッセージ付きイイネをもらったことがあります。とても嬉しかったです。

正直、相手がさほどタイプでなくても、ありがとうイイネを返してメッセージのやり取りをしたりもしました。

自分にイイネしてくれた方に感謝の気持ちを持つ

男性の好意に対する感謝の気持ち

沢山いる会員の中から自分を選んでイイネしてくれた方に感謝の気持ちを持ちましょう。

そうすると、どの人もかわいらしく、素敵に見えてくるので不思議です。人は話してみたり、会ってみないとわからないものです。

ペアーズなどの恋活アプリだと、まず写真に目がいってしまいます。しかし、自己紹介文や加入しているコミュニティなどを見て、趣味や嗜好も必ずチェックすることをおすすめします。

写真はタイプでなくても、プロフィールに好感が持てるのであれば気が合う可能性は高いです。メッセージのやり取りをすると思った以上に楽しかったり、心が惹かれたりすることもよくあります。

なので、どこか惹かれる部分があれば思い切って、見た目は気にせずにメッセージのやり取りをしてみることをおすすめします。女性は追うよりも追われる方が幸せだと私は経験上思います。

だからと言って、全く気の進まない人とメッセージのやり取りをすることはありません。しかし、感謝の気持ちを忘れずに色んな方向から相手をみると良い出会いを見逃さないと思います。

これは自論ですが、自分からイイネした男性よりも相手がイイネしてくれた男性の方があなたを幸せにしてくれる可能性が高いと思います。

相手の年収を気にしない

男性の年収

女性は男性の年収を重要視してしまうことが多いようです。しかし、年収は増える可能性があります。今、お金持ちかどうかはさほど重要視しなくてもいいと思います。

今現在の年収よりも仕事に対して熱い気持ちがあるのか、物事を冷静に見る判断力のある人か。その辺りが重要視する点だと私は思います。

しかし、その方の生き様までは会って話してみないとなかなかわかりません。なので、メッセージのやり取りの段階では純粋に相手とのやり取りを楽しめばよいと思います。

男性は女性に比べて、メッセージのやり取りが苦手な方が多いので早めに会って相手を見極めることをおすすめします。

実際に会ったら、いい目をしているか。姿勢は良いか。声やしゃべり方はどうか。段取りや判断力はあるか。(店選びや予約。待ち合わせ場所などは要領の善し悪しが出る。)

その辺りをチェックしつつ、思い切り彼との時間を楽しみましょう。

折角、ご縁があってデートすることになったのだから相手に興味を持ちましょう。どんなことが好きで、何を考えていて、何を大切にしているのか。

そんな要素から彼の10年後を想像してみましょう。どんどん成長しそうな気がしたら、出世魚かもしれません。

中には夢ばかり大きくて行動が伴ってない男性もいるので騙されないようにしてくださいね。

言葉よりも行動で判断すると間違いないと思います。口で言うのは簡単です。行動は手間がかかります。本音や本気度は行動に出ます。

会う前に電話する

電話でコミュニケーションをとる女性

メッセージのやり取りをしすぎると、自分の思い込みと合わさって相手のイメージを固めすぎてしまうことは良くあります。

勝手なイメージは自分のタイプに寄せてしまう傾向にあります。そのため、イメージを固めてしまうと実際に会ったときに相手が自分の想像と違うたびに、受け入れ辛くなってしまいがちです。

漫画や小説が実写化されると、キャストに違和感があったりする感覚に近いかもですね。俳優が悪いわけではないのですが、自分のイメージと違うとなんだか入り込めなかったりしますよね。

そうはいっても、ほとんどやりとりせずに、いきなり会うのは女性としては抵抗あるかもしれません。なので、私は早めの段階で電話してみることをおすすめします。

メッセージに比べて相手の声を聞きながら話すのは、実際の相手のイメージに近いと思います。

いきなり電話で話したいと言いにくければ、遠まわしでもいいです。「声聞いてみたいです」なんて言うとどきっとしてくれるかも。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。