脈ありと勘違いしやすい脈なしサインとは?

気になる相手の表情や態度は、他の人の行動に比べて、どうしても敏感に反応し易いものです。相手のほんの少しの態度で、一喜一憂することもしばしば…。それが恋をしている、というものです。

しかし、言葉とは違って、態度は明確なものではありません。無意識で相手をその気にさせるような態度を取っている人や、意図的に相手を勘違いさせるような態度をとる人もいます。

また、同じ態度をとっていても勘違いさせやすい人もいれば、全く伝わらない人もいます。

つまり、脈ありな態度のサインを正確に受け取ることは本当に難しい、ということです。また、脈ありと勘違いしやすい脈なしサインのと違いや差はあるのでしょうか?

ここでは、脈ありと勘違いしやすい脈なしのサインについて注目し、具体的なサインを紹介していきます。

勘違いを起こしやすいサインと理由についても同時に徹底的に解説していきます。参考にしてみてくださいね!

脈ありと勘違いしやすい脈なしサインとは?

スキンシップ多め

肩を組み寄り添う男女

まず、脈ありと勘違いを起こしやすい態度としては、スキンシップを多用したものがあります。様々な恋愛指南書に、好きな相手と距離を縮めたい時は軽いスキンシップを…と書いてある、あれです。

スキンシップは確かに、自分の好意を相手にアピールするには打って付けの手段です。しかし、逆に意図して相手に好意があるように思わせるためにも使える手段だからタチが悪いのです。

女性はスキンシップが好意のサインと頭の中に刷り込まれています。なので、相手からされるスキンシップもなんの疑いもなく好意のサインと捉えがちです。

つまり、この思考回路を逆手に取り、スキンシップを勘違いさせるために使用する人もいるということです。

肉体関係狙いのケースが圧倒的に多いです。安易にスキンシップをとってくる男性は怪しいので要注意です。保身のためにも、警戒して接しましょう。

笑顔

笑顔が無邪気な男性

また、会話中に自分に向けられた笑顔も、実はあながち容易に脈ありと受け取ってはいけないサインなのです。

会話中は相手が誰であろうと相手に笑顔を向ける人はたくさんいます。接客業経験者などは特にその傾向があります。

向けられた笑顔は、あなただけに向けられたものではないかもしれません。相手が会話をしているみんなが受け取ることのできるものです。

笑顔で会話をしていると、お互いの気分や場の雰囲気も明るくなり、自然と会話も楽しくなるものです。全く悪いわけでもなく、むしろいいことです。

笑顔自体を否定する訳ではありませんが、笑顔=脈ありと捉えるのは安直すぎるしリスクが高いです。簡単に脈ありと判断することはやめましょう。

優しい

優しい目で見つめる男性

笑顔と同じ理由で、あなたに対する優しさも脈ありのサインとは一概に言い切れません。誰にでも優しい人もいるし、言い方は悪いですが、外面がいい人はみんなに対して優しいものです。

高感度を上げるためやイメージづくりのために、誰に対しても優しい人もいます。まだ付き合いの浅い人に対してがそうであったり、社会人にもよくある傾向です。

また、何か目的があって意図して優しいケースもあります。下心があるケースや、何か依頼がある相手に対してなどがいい例です。

もちろん、他意なく本当に純粋な気持ちから、あなたに対してだけ特別に優しい場合もあります。周りに対する態度との違いや人となりなど、しっかり見極めて判断するようにしましょう。

LINEの返信が早い・スタンプが多い

LINEの返信を受ける女性

また、LINEの返信が早いかったり、スタンプが多用されている場合、「気があるのかな?」と思いがちでしょう。しかし、これもまた脈ありとは言い難いのです。

LINEの返信が早いのは、単に相手がスマホ依存症で、常にケータイを見ているだけの場合もあります。また、暇をしていて返信が早いことだってあります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。