平日のブライダルフェアの7つの特徴とは?

ブライダルフェアは基本的に土日に行っていることが多いです。しかし、土日は仕事のため、なかなか参加できないというカップルもいるでしょう。

開催日数は少ないですが、平日にブライダフェアを行っている結婚式場もあります。電話やHPで平日のブライダルフェアについて調べてみると良いでしょう。

では平日のブライダルフェアは、土日に開催しているものと異なる点はあるのでしょうか。今回は平日のブライダルフェアに注目して、特徴を紹介していきます。

参加を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

平日のブライダルフェアの7つの特徴とは?

土日に比べると予約しやすいが規模は小さくなる

予約しやすい平日のブライダルフェア

平日のブライダルフェアに参加するカップルは、土日の半分以下の組数です。土日に仕事があり参加できない人が平日のフェアに参加をします。

そのため、人気が高くて予約がとりにくい結婚式場のブライダルフェアも、比較的簡単に予約ができます。倍率が少ない分、スムーズに希望が通るでしょう。

ただブライダルフェアの規模は組数に合わせて小規模になることが多いです。模擬挙式や模擬披露宴を行わないことがほとんどでしょう。

また通常のフェアでは見られるような、指輪やハネムーンのような提携店の出店もありません。

試食会・試着会をメインとして、あとは会場の装飾がしてある程度だと考えておいた方が良いです。相談会を少し豪華にしたようなイメージです。

時間を気にせずゆっくり過ごせる

ゆっくりブライダルフェアを楽しむ女性

土日は、実際に婚礼が入っていることが多いです。そのため、会場を見学する時は婚礼と婚礼の合間になります。時間は限られているでしょう。

またブライダルフェアも土日は1日に2~3回行っています。次の回のフェアが始まる前までと時間に制限があるので、慌ただしく誘導されることもあります。

しかし平日のブライダルフェアは、婚礼のない日に設定しています。また1日に1回のみしか行わないことがほとんどです。

つまりブライダルフェアに来ているカップルが1日貸し切りにできる状態です。心行くまで、ゆっくりと会場の見学をすることができるでしょう。

接客するプランナーも急かすことはないので、時間をかけてゆっくりと対応してくれます。

ブライダルフェアで時間を気にせずに過ごせるのは嬉しいですよね。ゆっくりとした時間の中であれば、頭の整理もしやすく自分たちに合った会場選びができるはずです。

試食会がフルコースになる場合もある

ブライダルフェアのフルコースメニュー

通常のブライダルフェアの試食会はフルコースではないことが多いです。ショートコースやワンプレートで結婚式場の味を知ってもらうという内容になっています。

多数の組数が来ているので、フルコースを提供するのはコストや時間的に難しいというのが要因です。また人員も足りないでしょう。

しかし平日のブライダルフェアでは、試食会がフルコースになることがあります。土日でかけることができないコストや時間や人員をかけることができるからです。

婚礼も入っていないので、キッチンスタッフもサービススタッフもブライダルフェアのお客様に集中できるわけです。会場内で時間をかけて試食をしても問題ありません。

また平日のブライダルフェアは人が集まりにくいため、土日よりも特典をつける必要があります。無料の試食会をフルコースにすることで平日に来場する人を増やす意図もあるのです。

少し規模は小さくなりますが、特典が大きくなるのであれば行く価値ありですね。お得なことが多いのも平日のブライダルフェアの特徴です。

試着も無制限で好きなだけ楽しめる

ウエディングドレスを試着する女性

平日のブライダルフェアでは試着会をしているところと、試着会をしていないところがあります。主に自社にドレスショップがあるところは平日でも試着会をしているでしょう。

しかし外部にドレスショップがある場合は、試着会をしていないところが多いです。ドレスの展示のみとなるでしょう。

もし試着会に参加したのであれば、平日でも試着会を開催しているか事前に確認しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。