ブライダルフェアは疲れる!?気楽に回る方法とは?

ブライダルフェアに参加すると、家に帰ってから疲れてグッタリしてしまう人が多いです。ブライダルフェアは楽しい反面、とても疲れるものでもあるのです。

なぜブライダルフェアで疲れてしまうのでしょうか。それは、色々なことを考えながら見て食べて歩いて・・と常に頭と体を動かしているからです。

でもせっかく参加するブライダルフェア、毎回疲れてしまうなんて嫌ですよね。どうせなら楽しく有意義な時間にしたいと思うでしょう。

そこで今回はブライダルフェアを気楽に回る方法を紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

ブライダルフェアは疲れる!?気楽に回る方法とは?

早い時期から参加をする

ブライダルフェアに早い時期から参加する女性

人は余裕がないと気持ちの焦りから疲れてしまうことがあります。これは結婚式場選びでも同じようなことがいえます。

結婚式の時期が迫っている場合、早く結婚式場を決定しなければと焦ります。焦りからブライダルフェアも詰め込んで組んでしまうでしょう。

毎週1日2件のブライダルフェアに参加するような予定では、グッタリしてしまいますね。楽しむどころか、行くことが義務のように感じてしまいます。

焦って詰め込むような予定にしないために、早い時期からブライダルフェアを回るようにしましょう。1年前から余裕を持って参加していれば焦ることはありません。

平日は仕事、休日は毎週ブライダルフェアなんてことはやめてください。ブライダルフェアは月に1~2回程度にしましょう。

余裕を持って回ることで、気持ちにゆとりを持って参加できます。疲れないブライダルフェアとなり、楽しむことができるでしょう。

ブライダルフェアは1日1回にする

ブライダルフェアに1日1回だけ参加する女性

ブライダルフェアの所要時間は平均3時間です。3時間と聞くと、頑張れば1日に3件くらい回れるのではないかと思いますよね。

しかし1日に3件も行くことはおすすめできません。現実的には可能ですが、疲れて思考能力がなくなってしまうでしょう。

3時間の中で、新郎新婦は試食をしたり試着をしたりと大忙し。さらに相談会でプランナーと話したり、見積もりの計算をしたりします。

同じようなことを1日に数回も行うと、何がなんだかわからず混乱してしまうでしょう。容量オーバーで疲れてしまうのです。

ブライダルフェアを気楽に回るためには、1日1回の参加にしておきましょう。他に予定も入れないことをおすすめします。

もし相談会が長引いてしまっても、後の予定を気にせずゆっくりできます。納得するまで参加した結婚式場を堪能することができるでしょう。

1つ1つの会場を頭の整理しながら回ることで、疲れずに有意義なブライダルフェアを過ごすことができるのです。

最終的な判断を当日にしようとしない

結婚式場の成約

ブライダルフェアに参加すると、最後に担当者との相談会があります。実はブライダルフェアで疲れてしまうのは、この相談会のやりとりも大きく関係しています。

相談会では、担当者が成約を迫ってきます。結婚式場側は成約をしてもらうためにブライダルフェアをしているので当然ですね。どこの結婚式場でも同じでしょう。

そこで新郎新婦は頭を悩ませます。「この会場に決めて良いのか」「断るべきか」と。二人で相談して悩み抜いて、答えを出すでしょう。

結婚式場側はその場で答えを出してほしいと思うので、返事を急かすことがあります。でもブライダルフェアに参加した当日に答えを出す必要なんてありません。

答えを出そうとするから疲れてしまうのです。一度持ち帰り、家でゆっくりお茶でも飲みながら二人で相談して決めれば問題ないことです。

相談会では「今日は決定できません」という意思をはっきり伝えましょう。担当者は強く無理に成約を迫ることはありません。後日返事をすれば良いのです。

今日は決めないと思って参加すれば、気持ちも楽ですね。今日はブライダルフェアを楽しむ日だと思って気楽に参加できるのです。

疲れない服装や靴で行く

疲れにくい靴

ブライダルフェアは、ただ着席して見学していると思っては大間違いです。実際は体を動かすことが多くある1日です。

  • チャペルで挙式を見学する
  • 披露宴会場に移動して披露宴を見学する
  • 各会場を見て回る
  • ガーデンや控室などの設備を見て回る
  • 試食会をする
  • 衣裳室に移動して試着する

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。