ブライダルフェア見学に必要な7つの持ち物とは?

結婚式場を決定するのに重要となるブライダルフェア。いくつかのブライダルフェアに参加して比較しようと考える人も多いでしょう。

でも時間がたつと結婚式場の特徴を忘れてしまいます。「どんなフェアだったかな?」なんて思い出せないのでは本末転倒ですよね。

ブライダルフェアを有意義に過ごすには、必要な持ち物を忘れず用意することが大切です。

ではブライダルフェアに必要な持ち物とは、どんなものなのでしょうか。今回は持参すべき持ち物を7つ紹介していきます。

ブライダルフェア見学に必要な7つの持ち物とは?

比較するのに欠かせないカメラ

結婚式場撮影用のカメラ

ブライダルフェアは、新郎新婦が結婚式本番をイメージしやすいようになっています。

料理の試食ができたり、会場も本番のように装飾されています。ドレスや引出物の展示などもされているでしょう。

これらは目で見るだけでは忘れてしまいます。記憶だけでは他の結婚式場との比較が難しいでしょう。

そこで必要となるのが、カメラです。フェアの様子や結婚式場の雰囲気をカメラで撮影しておきましょう。

後から見返した時に、雰囲気やイメージを思い出せるようにたくさん撮影しておくと良いです。

今はスマホでも画質が良いので、カメラを持たずに行く人も多いかもしれません。でも実際の結婚式本番ではカメラで撮影する人の方が多いです。

そこでフェアでもスマホではなく、カメラで撮影することをおすすめします。写真にした時の写り映えなどもチェックしてみると良いでしょう。

大事なことをメモする筆記用具

結婚式場についてメモする女性

ブライダルフェアに参加すると、それぞれの結婚式場の特徴を見ることができます。結婚式場によって、ポイントとしているところは様々です。

  • オープンキッチンで料理に力を入れている
  • 1日1組で貸し切りの結婚式ができる
  • 大きな螺旋階段とガーデンがついている

このようなポイントを忘れずにメモしておきましょう。また接客や雰囲気など、感じたことも全部メモをしておくと良いでしょう。

試食をした際には、1品1品のメニューや感想までメモしておくこともおすすめします。

ブライダルフェアで感じたことは、実際の結婚式で列席者が感じることです。細かくチェックして、忘れないようにメモしておきましょう。

ブライダル情報誌の切り抜き

ブライダル情報誌を切り抜く女性

結婚式場を探している二人であれば、結婚情報誌を購入している人がほとんどですね。結婚情報誌の中から、どこに見学に行くかを検討したのでしょう。

とはいえ、結婚情報誌は分厚いので持ち歩くのは大変です。そこで気になる結婚式場や情報を切り抜いて結婚マイノートを作りましょう。

結婚情報誌には、各式場の詳細が書かれています。金額や場所、フェアの参加特典なんかもありますよね。

情報を明確にしてフェアに参加するだけで、見る視点が変わります。なんとなく見るのではなく、どこに注目して見るかでフェアの過ごし方が変わります。

一生に一度の大切な結婚式です。少し手間ですが、気になることは切り抜きをして結婚マイノートに貼って持ち歩きましょう。

スケジュール管理に必要な手帳

スケジュール管理用の手帳

結婚を決めてから結婚式を迎えるまで、スケジュールって意外と過密なんです。特に仕事をしていると動けるのは週2日ほどですからね。

効率よく準備を進めていくには、スケジュールを管理する手帳は必需品です。

ブライダルフェアに参加する日程を管理。そしてフェアに参加して気になった式場は、再度見学の予約を入れます。

同時期に結納があったり、指輪を作りに行ったりもします。予定が重ならないように、二人のスケジュールを合わせて管理しましょう。

また手帳を結婚式のマイノートとしてメモをする人もいます。重要ポイントだけでも手帳に書き込んでおくと、良いでしょう。

見積もり把握のための電卓

見積もり計算用の電卓

ブライダルフェアは、新郎新婦に夢を見てもらう日です。現実的なことは伝えずに、結婚式のイメージのみ感じてもらおうとする場合が多いでしょう。

そのため詳細費用はブライダルフェアでは開示していないところも多いです。費用を出してしまうと夢が冷めてしまいますからね。

でも新郎新婦としては予算って重要ポイントですよね。フェアの段階で大よその予算は把握しておきたいところです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。