初めてのブライダルフェアで行く前に気になる7つの疑問とは?

初めてのブライダルフェアには、期待と不安がありますよね。楽しみなことも多い反面、どんなことを行うのかと緊張してしま人も多いでしょう。

「ブライダルフェア」って、抽象的でイメージがつきにくいですよね。それにブライダルフェアに行けるのは、結婚を決めた今だけなので情報も少ない人がほとんどです。

せっかくなら疑問は事前に解消して、ブライダルフェアを楽しむだけの1日にしたいですよね。そこで今回は、ブライダルフェアで行く前に気になることをまとめてみました。

これで疑問を解決して楽しい1日にしてくださいね。

初めてのブライダルフェアで行く前に気になる7つの疑問とは?

その日に突然行ってもいいの?

ブライダルフェアに突然参加する女性

「今日はブライダルフェアに行こう」なんて突然思い立って、ブライダルフェアに参加しようとする人もいます。でも基本的には突然参加はNGです。

結婚式場は来館する人数に合わせて、席や料理やお土産を用意している場合が多いです。そのため急に参加したいと言われると、準備が間に合いません。

ただ予約人数より少し多めに用意をしていたり、当日キャンセルが出ている場合もあります。そこで当日参加希望の場合は、まず電話で確認をしてみましょう。

その際には「当日にすみません」と一言入れると良いでしょう。そして「もし可能であれば参加したい」という旨を伝えてみてください。

ブライダルフェアに突然参加できる場合もあります。またブライダルフェア自体には参加できなくても、フェアの流れを見学したり相談できることもあります。

結婚式場は1組でも多くの人に参加してほしいと思っているので、どうにかして案内はしてくれるはずです。どうしても行きたい時には、電話で相談してください。

ただ常識としては、前日までには予約する必要があるということを知っておきましょう。

いったい何をするフェアなの?

ブライダルフェアの目的

そもそもブライダルフェアって何するのかと疑問に思う人もいるでしょう。これは参加するブライダルフェアによっても様々です。

一般的に大きなブライダルフェアで行う内容は以下の6つになります。
①模擬挙式
②模擬披露宴
③試食会
④試着会
⑤記念撮影
⑥プランナーとの相談

この中で結婚式場によっては、行わないものがあったり付随するものがあったりします。それぞれの内容も結婚式場によって異なります。

列席者の立場から結婚式に模擬参加して、食事を試食。次にプレ花嫁となりドレスを試着して、記念撮影。最後に新郎新婦としてプランナーと結婚式について相談。

ブライダルフェアは色んな立場になって、結婚式場をリアルに体感できるものです。フェアに参加すれば、会場のことがほぼ把握できる内容になっているのです。

ただ人を集めるために、装飾をした会場を見学するだけでも「ブライダルフェア開催」と宣伝する場合もあります。行ってみると実際はただの見学会だったりするんです。

「ブライダルフェア」という言葉だけで参加を決めることはやめましょう。内容をきちんと確認した上で参加することをおすすめします。

滞在時間や費用はどれくらいかかる?

ブライダルフェアの参加時間

ブライダルフェアの後に何か予定を入れても良いのか。どれくらいの時間がかかり、どれくらいの費用がかかるのかも知っておきたいですね。

ブライダルフェアの滞在時間

ブライダルフェアは、試食会や試着会まですべてを行うと4~5時間ほどかかることがあります。長いカップルだと8時間も滞在するなんてこともあります。

模擬挙式や模擬披露宴はショート版だとしても1時間以上はかかるものです。試食にも1時間、試着にも1時間は必要です。

それだけで4時間近くかかってきます。最後にプランナーの人と話すのが、短くても1時間はかかります。相談や質問が多い場合は、ここだけで2時間以上かかりますからね。

午前中に式場に行っても、帰りは夜になっているなんてこともあります。つまり1日はブライダルフェアに取られると思って予定を立てておいた方が良いでしょう。

ブライダルフェアにかかる費用

基本的にはブライダルフェアは無料で体験できることを売りにしています。往復の交通費くらいで、他にかかる費用はない場合が多いです。

ただ会場によっては、試食会が有料の場合もあります。どのコースをいくらで試食できるのかを事前に確認してから参加するようにしましょう。

また車で行く場合には専用の駐車場があるのか。その場合は無料なのか有料なのかも確認しましょう。駐車場自体がないところもあるので注意してください。

事前に準備しておくことは何かある?

ブライダルフェア参加の事前準備

ブライダルフェアに行く時は、新郎新婦が準備すべきことはあるのでしょうか。この疑問に応えるとすると、「どちらでも大丈夫」です。

何も準備せずに、頭が真っ白なまま初めてのブライダルフェアに行くのもありでしょう。初回なので「ブライダルフェアの雰囲気」を知るために行けば良いのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。