デートに誘われたのに…割り勘する男性心理とは?

せっかくデートに誘われたのに、食事の後のお会計の時や、帰り際に「じゃあ割り勘で」と言われたら、モヤモヤしますよね。

ちなみに、初デートで割り勘にされた時、「誘ってきたなら、奢って欲しい」と思った社会人女性は、全体の44%にのぼります。

「別に気にならない」と答えたのは39%で、「2度目のデートはない」と答えた人は17%でした。半分以上の女性が、「割り勘はない」と思っている事になります!

もちろん、価値観は人それぞれですが、奢ってくれる男性がいる以上、割り勘男性は肩身が狭いです(笑)

ここでは、そんな割り勘男性の心理や、どういった性格の人が割り勘を提案するのか、などをケースごとに見ていきます。

あなたの恋愛に役立てば幸いです♡

デートに誘われたのに…割り勘する男性心理とは?

割り勘する男性心理

デートに誘ってきたのに、割り勘する男性ってどういった心理なんでしょうか?

誘うって事は好意があるのでしょうか?

そもそも割り勘とは、「自分の分は自分で払うもの」という考え方です。一見、責任感が強い印象を受けます。しかし、裏には「他人の分は負担したくない」という心理が隠されています。

なんとなく、自分の事しか考えていなくて、心に余裕がない印象を受けますよね。自分さえよければいい、という冷たい感じもします。

お金を借りるのは論外ですが、時には他人の分も負担しなければいけないシチュエーションもあります。

そんな時に、助けてくれなさそうなのが、割り勘男性の特徴です…。逆に、男性の方がお金がなくて、仕方なく割り勘にしたケースも考えられます。

基本的に誘った男性が払うもの

デートで割り勘する男性

女性も正社員としてバリバリ働いている人が多くなってきたので、昔に比べると、男性が奢るという意識は薄れつつあります。

しかし、男性にとって奢る事は、女性の前で恰好をつけられるチャンスです。好意を持っていて、誘った側ならなおさらです。女性は奢ってもらえると、相手の男性のことを「紳士的だな」と感心しますよね。

逆に割り勘だと、「所詮その程度の気持ちなのかな」と思ってしまいます。自分は恋愛対象として見られていないのでは、と自信もなくしてしまいますよね。

付き合う前で友達関係だから割り勘という人もいる

付き合う前の友達関係の男性

しかし、がっかりするのはまだ早いです。まだ友達関係なので、お金の事はきっちりしておきたい、と考える男性もいます。社会人同士の友達なら、割り勘も普通です。

正式にお付き合いをするようになってから、デート代の事とかを決めよう、と考えている場合もあります。

中には、「女性の反応を見るために割り勘にする」という男性もいます。「奢ってもらうのが当たり前」「お金目当て」だと思っていないかどうか、チェックしている可能性があります。

一回奢ってしまうと、次からも全て奢らなくてはいけないのでは、と不安に思って、割り勘で様子をうかがっている事もあります!

「割り勘でいい?」と聞かれた時に、嫌な顔を見せてはいけません。お会計の時、形だけでも財布は出しておくと良いです。

デートが微妙だった可能性もあり

デートでつまらなそうにする女性

男性が奢る心理として、好意のある女性に対して少しでも格好つけたいから、というものがあります。

キャバクラで男性は気になっているキャバ嬢の気を引くために、高級なお酒を開けています。

男性が「次のデートはしたくない」「もう会う事はない」と思い、脈なしの場合、あえて奢らなかったという事も考えられます。

デート中に、あまり会話が弾まなかったり、相手が冷たい反応だった場合は、このケースが当てはまります。

冷たいようですが、もう二度と会わない相手に対しての反応なので、その人の本性が分かります。

しかし、食事中にスマホばかりさわっていたり、何を言ってもつまらなさそうな女性には、奢りたくなくなります。割り勘だった場合、一度自分の態度も振り返ってみてください。

誘っておきながら割り勘する男性はケチな人が多い

ケチな男性

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。