ブライダルフェア参加前の7つの注意点とは?

ブライダルフェアは、女性にとってテンションの上がるものですよね。憧れていた花嫁になれるという期待に、胸を膨らませていることでしょう。

もちろん結婚式は女性の夢を叶える日でもあります。しかし夢ではなく現実であるということを忘れてはいけません。

ブライダルフェアにフワフワと夢見心地で行ってしまうと、後悔する事態になります。きちんと地に足をつけて参加することをおすすめします。

今回は、ブライダルフェア参加前の注意点を7つお伝えします。ブライダルフェアを有意義に過ごすためにも、ぜひ読んでみてくださいね。

ブライダルフェア参加前の7つの注意点とは?

会場に合わせた服装で行く

場に合った服装

ブライダルフェアは多数のカップルを招いて行うものです。大きい結婚式場だと何十組ものカップルが参加しているでしょう。

何も考えずにブライダルフェアに行くと、服装で浮いてしまう事態になります。参加する会場に合わせた服装と身だしなみをするように注意しましょう。

参考程度にブライダルフェアに「おすすめの服装」と「避けたい服装」を紹介します。

ブライダルフェアにおすすめの服装

カジュアルすぎず、フォーマルすぎない服装が良いでしょう。友達とホテルランチに行くことをイメージして服装を決めてみてください。

また広い会場では、歩き回ることも多い1日です。ヒールの高い靴は避けて、履きなれた歩きやすい靴を選ぶことをおすすめします。

女性であればワンピースにカーディガンを羽織るスタイルが無難です。男性はジャケットスタイルだと良いでしょう。

ブライダルフェアで避けたい服装

カジュアルすぎるものは、あまり相応しくありません。公園デートに行くようなジーパンにスニーカーなんてラフさだと浮いてしまいます。

反対に結婚式に参列するようなフォーマルすぎる服装も、堅苦しいので避けましょう。露出の高い服装も品がないので注意してください。

手ぶらで行かずに必要な持ち物をチェック

ブライダルフェアに必要な持ち物

ブライダルフェアは通常のデートとは異なります。第一の目的は、「結婚式を挙げる会場選び」です。そうなると必要な持ち物も変わってきますね。

ブライダルフェアで必要となる持ち物を用意してみましょう。まず以下の3つは必需品です。

  • 筆記用具
  • カメラ
  • 電卓

質問事項を予めメモしておき、当日は大事なことを書き込める筆記用具。そして会場の雰囲気を忘れずに記録するカメラ。予算を計算できる電卓です。

他にも、イメージしている結婚式を予めメモしたものや切り抜きもあると良いでしょう。寒い時に温度調整できる羽織りものもあると安心です。

ブライダルフェアに行くことを意識して、持ち物のチェックをしてください。

結婚式の予算を決めておく

結婚式の予算

ブライダルフェアに行くと、着たいドレスややりたい演出などが目白押しです。でもすべての希望を叶えようと思うと費用はどんどん上がっていきます。

ブライダルフェアに行く前に、二人で結婚式の予算を決めておきましょう。貯蓄額やご祝儀、それに両親からの援助で手元にあるお金を出します。

そこから、結婚式以外にも必要となるハネムーンや新生活などの費用を計算しましょう。残りを全部使ってしまうと何も残らないので、いくら貯蓄しておくかも考慮してください。

二人で決めた結婚式の予算は、必ず上限としましょう。予算内で自分たちのやりたいことが叶う結婚式場を探すのです。

予算を決めておかないと、結婚式が終わった時には手元に何も残らず苦労してしまいます。自分たちのできる範囲内で無理のない結婚式を挙げましょう。

他の会場と比較検討する

結婚式の会場比較

ブライダルフェアは夢のような空間です。どのブライダルフェアに参加しても、素敵で心ときめく1日となるでしょう。

そうすると最初に参加したブライダルフェアが結婚式の全てのように感じてしまいます。「こんな素敵な場所は他にない」と強く思ってしまうのです。

でも1回のブライダルフェアで結婚式を決めないようにしてください。ブライダルフェアは各式場によって様々な特色があります。

別のブライダルフェアに行けば、また別の良さを感じるはずです。いくつかの結婚式場のブライダルフェアに行き、それぞれの特色を比べてみてください。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。