ブライダルフェアにはいつから行くべき?参加する7つのタイミングを紹介

ブライダルフェアはいつから行くのがベストだと思いますか?せっかく行くのであれば、一番良いタイミングで参加したいと思うと・・悩んでしまいますよね。

ブライダルフェアは毎週必ず行っているものではありません。一度タイミングを逃すと数ヶ月先の参加になってしまうこともあります。

早い段階で、ブライダルフェアの参加時期について検討しておくことがおすすめです。そして余裕のある結婚式場選びをして、余裕を持って結婚準備を進めていきましょう。

今回はブライダルフェアに参加するタイミングを7つ紹介していきます。

ブライダルフェアにはいつから行くべき?参加する7つのタイミングを紹介

結婚が決まったタイミングですぐに参加

プロポーズが成功したタイミング

ブライダルフェアへの参加は早いにこしたことはありません。まずは結婚が決まったタイミング、つまりプロポーズを受けた時点ですぐに参加してみましょう。

ブライダルフェアは、結婚式場を決める参考となるものです。でも目的は他にもあります。結婚への意欲を高めたり、結婚を現実として実感するためのものでもあるのです。

プロポーズされても、お互いまだ結婚式は夢のことのように感じますよね。結婚情報誌を買って読んでも、現実味があまりないのです。

現実味がないと結婚へのスピードが遅くなってしまいます。最終的にはとりあえず入籍しようという話になり、結婚式から遠のいてしまうこともあるでしょう。

入籍だけにならないためにも、まずは「結婚式」という現実を見にいきましょう。そこで実際の挙式や披露宴を体感して、意欲や意識を高めてください。

ブライダルフェアで気になった結婚式場は、後日見学会や相談会で行くことも可能です。早すぎる心配はせずに、どんどん参加してみてください。

余裕を持ちたい人は10~12ヶ月前

余裕をもって結婚準備する女性

具体的な結婚式の希望時期がある場合は、結婚式の時期から逆算してブライダルフェアに参加しましょう。

特に結婚式場選びを余裕持って行いたい人は、10~12ヶ月前のタイミングがおすすめです。優柔不断な人は12ヶ月前だと悩む期間もたっぷりあります。

まず結婚式の準備はいつからスタートするのか・・というところから説明していきましょう。通常結婚式の準備がスタートするのは約5ヶ月前です。

準備も余裕を持って行うには、6ヶ月前には結婚式場を成約していることが望ましいでしょう。結婚式場が決まっていれば、ドレス選びも並行してスタートできるので安心ですね。

6ヶ月前に結婚式場を決定するために、さらに6ヶ月前からブライダルフェアに参加します。そうすると検討する期間が約6ヶ月間もあるということです。

月に1回ブライダルフェアに参加するとして、6回もの参加が可能です。ブライダルフェアの参加回数の平均は3回程度なので、十分な参加回数を確保することができるでしょう。

余裕を持って悔いのない結婚式場選びをする。そして余裕を持って結婚式準備をスタートさせる。これが新郎新婦にとって理想的なタイミングといえるでしょう。

来場者でもっとも多いのは6~8ヶ月前

ブライダルフェアに参加するカップル

ブライダルフェアに実際参加している人は、どのようなタイミングで来場しているのでしょうか。実は1年前から早々と参加しているカップルはとても少ないものです。

参加しているカップルの多くは6~8ヶ月前が一番多いです。一番カップルが動きだすタイミングだといえるでしょう。

具体的な希望時期から逆算して参加しているカップル

例えば夏頃に結婚式を挙げたいと考えているとすると、年始である1月にブライダルフェアに参加します。つまり1月に来場しているカップルの多くが夏の結婚式を予定しているのです。

同じ時期を希望している人が多く集まると、同じモチベーションと意識を持って参加できるので良いですね。

ただ1月にブライダルフェアに参加すると、夏の人気のある日時は埋まっている可能性も高いです。同じ夏希望で来場している人達が良い日柄をどんどん予約してしまうからです。

少しでも希望の日時に予約をしたいのであれば、もう一足早くブライダルフェアに参加してください。8ヶ月前であれば予約の空きも若干多いでしょう。

希望時期がないカップルは流れで半年先に成約することが多い

特に希望時期がなくブライダルフェアに参加する人も多いです。このような人は相談会の中で、半年後を押されることが多いです。

結婚式場側は希望時期がないカップルであれば、1年先ではなく半年先に成約がほしいのです。日程が近いほど空きが埋まらなくなるので、なるべく半年先を目安に成約してもらいます。

半年先であれば、成約後から結婚式準備を始めればちょうどタイミングも良いです。カップルもスムーズに進むと感じ、成約に至りやすいのですね。

遅くてもぎりぎり4ヶ月前までには参加する

結婚式の4か月前にブライダルフェアに参加するカップル

事情があって、すぐにでも結婚式を挙げたいと急いでいるカップルもいます。仕事の都合や、両親や親戚の体調、また新婦が妊娠をしたという場合もあります。

急いでいても結婚式場はきちんと見極めたいですよね。それに一度はブライダルフェアに参加してみたいと思う人も多いでしょう。では遅くていつまでに参加すれば良いのでしょうか。

先ほども少し紹介しましたが、結婚式の準備は5ヶ月前からスタートします。最初に行う準備で絶対に期日を守らなければいけない事項が、招待状の発送です。

招待状は3ヶ月前には発送に取り掛かるように行っていきます。この3ヶ月前が必須であるので、結婚式場も3ヶ月前には絶対に成約していなければいけません。

そうなるとブライダルフェアの参加は遅くても4ヶ月前までとなるでしょう。

ただ成約後でもブライダルフェアの雰囲気やヒントを見たいという場合は、参加できることもあります。一度相談してみることをおすすめします。

具体的な結婚について未定でも参加してみる

結婚未定でもブライダルフェアに参加する女性

通常のタイミングは、プロポーズされて結婚情報誌を購入します。そして気になったブライダルフェアに参加しますよね。

でも必ず通常のタイミングでなければいけないわけではありません。順序は違っても良いのです。プロポーズされる前に結婚情報誌を買っても良いのです。

まだ結婚について未定でも、デート感覚でブライダルフェアに参加するカップルは多くいます。無料で試食や試着までできるので、デートとしては質が高く楽しめるのです。

結婚を意識してもらうチャンスにもなるでしょう。将来の二人の参考にもなるでしょう。愛情を深めるきっかけにもなるはずです。

ブライダルフェアはほとんどの場合が参加条件は明確にありません。誰がどのような目的で参加しても違反にはなりません。

将来いつか結婚するのであれば、具体的なことが決まってないタイミングでも参加してみましょう。新しい世界を見たようでドキドキと気分も高まるはずです。

1年以上前だと予約がとりやすい

結婚式の予定の1年前

「絶対に〇月×日がいい」という具体的な日時があるカップルは、1年以上前のタイミングがおすすめです。

2人の交際記念日や、どちらかの誕生日など。何か365日の中でこだわりのある日に結婚式を考える人も多いですよね。

また7月7日七夕や11月22日いい夫婦の日。12月24日クリスマスや2月14日バレンタイン。このように縁起の良い日やイベント日はとても人気があります。

こだわりのある日程で結婚式を検討しているのであれば、1年以上前から動き出しましょう。そして早めに結婚式場を決めて、日時を抑えるのが良いでしょう。

早い人は1年以上先を見込んで動いているので、遅れをとらないようにしてください。

ベストなタイミングは6ヶ月前

結婚式の6か月前

ここまで、こだわりや性格などからおすすめのタイミングを紹介してきました。ただ最終的に総合してベストなタイミングは6ヶ月前後でしょう。

早すぎると期間が空いて悩んでしまう人もいますし、遅すぎて余裕がなくなるのも嫌ですね。6ヶ月前であれば程よく悩んで、ちょうど良く準備開始が可能です。

成約してテンションが高いままに結婚式の準備に取り掛かれるのもポイントです。悩んだ時には6ヶ月前を目安にしてみてください。

ブライダルフェアは早めに一度参加する

ブライダルフェアへの参加

ブライダルフェアに行くタイミングは人によっても異なります。まずは結婚が決まった段階で、試しに行ってみると良いでしょう。

そして自分たちの結婚式に希望していることを具体的に考えてみてください。考えた上で、次のブライダルフェアの時期を見て予約してみると良いです。

タイミングがないからと行けるチャンスを逃してしまうことのないように。早い段階で計画を立てて参加できるようにしてくださいね。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。