「ブライダルフェアとは?」という疑問を解決する7つのポイント

結婚情報誌で目にする「ブライダルフェア」という言葉。どんなことをする日なのかイメージがつかない人も多いですよね。相談会や見学会と何が違うのかと疑問に感じるでしょう。

ブライダルフェアは日時や組数が限定されていることも多く、長時間の滞在が必要となります。だから参加するかどうかも悩むところですね。

でも実際の新郎新婦に聞くと、ブライダルフェアの評判はとても高いです。ブライダルフェアに行ったことで結婚式のイメージが具体的になったという声も多数聞こえてきます。

そこで今回は、ブライダルフェアについて完全に理解できるようなポイントをお伝えします。行くべきかと悩んでいる人は、基礎知識をつけるところから始めてみましょう。

「ブライダルフェアとは?」という疑問を解決する7つのポイント

①各会場で結婚式を体験できる

結婚式場の体験

ブライダルフェアは、結婚式を体験することができます。多くの会場で、模擬挙式・模擬披露宴を行っているのです。

モデルの新郎新婦が入場から退場までのショート版結婚式を行います。フェアに参加した人は、ゲスト席から結婚式を見て楽しむことができます。

模擬挙式も模擬披露宴も、それぞれの会場の特色を出した演出を盛り込んでいます。結婚式を体験し体感することで、よりイメージもつきやすくなるでしょう。

相談会や見学会の場合は、チャペルや披露宴会場を見て回るだけとなります。各会場の雰囲気などを見たら、あとはプランナーの人と相談をするのがメインです。

やはり耳で聞いて想像するよりも、目で見て感じた方が納得できますよね。一生に一度の結婚式をどこで行うかは簡単に決められることではありません。

本番に近い結婚式を見て感じることができるブライダルフェアは、行くことで判断がしやすくなるでしょう。

②列席者の立場になって検討できる

結婚式参加者の気持ち

ブライダルフェアは、ただ模擬挙式と模擬披露宴を見ているだけではありません。実際に列席するゲストの目線で過ごすことができるのが特徴です。

特に列席者が楽しみにしているのは、美味しい料理やデザート。目で楽しませてくれる演出。それに良い写真を撮ることですよね。

自分たちが良いと思っていても列席者が良いと思ってくれなければ、ただの自己満足です。

結婚式は列席者に感謝を伝えたいと考える人も多いはずです。来てくれる人に楽しんでもらえる1日にしたいですよね。

自己満足にならないようにするには、列席者の立場になって体験することが重要です。

試食会・デザートブュッフェ

ブライダルフェアでは、無料もしくは半額で結婚式のコース料理を試食できることが多いです。やはり料理は食べてみないとわかりません。

どんなボリュームで、どんな匂いで、どんな味付けなのか。それを自分たちで確かめることができるのは試食会の特権であり、無料で参加できるのはフェアの特権です。

またガーデンなどでデザートブュッフェをしているところだと、同じように体験して試食までできます。実際の雰囲気を列席者の目線で味わえるのは嬉しいですね。

演出

会場によって「できる演出」と「できない演出」があります。中でもフェアでは「うちの会場ではこんな演出ができる」という一押しのものを披露します。

壁一面にプロジェクションマッピングをしたり。ガーデンでケーキ入刀をしたり。オープンキッチンから郷土料理が出てきたり。

今は演出にもオリジナルを求める時代です。今までの結婚式で見たことのないようなインパクトを与えたいという人も多いでしょう。

そこで会場ならではの演出をゲストの立場で見ることはできるのは、イメージを具体化するのに役に立つのです。

写真

最近は列席者が「インスタ映え」するように結婚式を作る人が増えています。色合いやアイテムまで、インスタ映えを重視していたりするんです。

ブライダルフェアでは、実際に自分たちが列席者の目線で写真撮影することができます。写真にしたときの写りを確認できるのです。

自分たちで撮影した時に薄暗くて地味な写真ばかりだと、インスタ映えは期待できません。どんな写りになるのか実際に撮影でしてみると良いでしょう。

③ドレス・タキシードの試着が可能

ウエディングドレスとタキシードの試着

ウエディングドレスやタキシードは、見るよりも着てこそテンションが上がりますよね。しかし高価なものですし、着るのに手間もかかります。

通常は結婚式場にドレスショップが併設されています。もしくは近くにあるショップと提携していることもあるでしょう。

結婚式を成約した人は、半年ほど前から試着をしてドレス選びをすることができます。成約していない人はドレスを着る機会はないものです。

それがブライダルフェアでは、ドレス・タキシードの試着も行っていることが多いのです。

専属のスタッフがついて、ドレス選びから着用のお手伝いをしてくれます。簡易的ですがヘアアレンジもしてくれたりします。

男性もタキシードを選んで着用すれば、二人並んで正真正銘の花嫁と花婿。写真撮影までしてくれるので、記念にもなります。

着用回数が決まっている場合もありますが、ドレスの試着は女性にとってテンションが上がる嬉しいサービスの一つです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。