浮気をしてしまったときの謝り方とは?

浮気をしてしまうのにもいろいろと事情はあるものです。

ただ単純に遊びたかった、彼に飽きたなど、つい浮気に走ってしまった理由は軽いものから重いものまでさまざまでしょう。

でも、浮気はどんな理由があるにせよ、許される行為ではないことは確かです。浮気が彼にバレてしまったときは、グダグダと言い訳をせず、素直に謝ることが絶対に必要になります。

では、浮気をしてしまったときは彼にどう謝ればいいのでしょうか?

効果的な浮気の謝り方について、以下で紹介します。浮気をしてどう謝ればいいか悩んでいる人は、参考にしてみてください。

浮気をしてしまったときの謝り方とは?

場所を考える

場所を考えて今後について話し合うカップル

浮気を謝るなら、どこで謝るのが良いかしっかりと最初に考えておきましょう。勢い任せで人目があるところで謝ることはやめましょう。

話を他人に聞かれる恐れがある場所では、彼が恥をかいてしまう可能性があるからです。逆の立場に立って考えましょう。

あなたがもし、友達が聞いているような場所で彼に浮気を謝罪されたらどう思うでしょうか?

「浮気をされた」なんて周りに知られては、とても恥ずかしいですよね。浮気をされるくらい崩壊しているカップルと周りに思われたら、嫌な気持ちしかないはずです。

とはいえ、家の中でも感情を抑えられず、話に収集がつかなくなってしまう可能性もあります。謝るのにあたって外を選ぶのは良いですが、極力人目につかない場所で謝るようにしましょう。

感情的になるのは反則だと思われてしまう

感情的に泣き出す女性

浮気を謝るのはつらく嫌なことですが、感極まってあなた自身が泣いてしまうようなことは避けましょう。

確かに涙を抑えるのは難しいことです。感情的にならないように冷静に謝ることができれば苦労はしませんが、感情的になってもあなたの印象が悪くなるだけなのです。

なぜなら、あなたが浮気をしたにも関わらず泣いたら、彼はまるで自分が悪者扱いされているようで不快に感じるからです。

本来、浮気をしてしまった時点であなた自身が悪者であることには変わりありません。

しかし自分自身でそのことは分かっていても、泣いてしまってはシチュエーション的に彼が悪いことをしたように見えてしまいます。彼があなたが泣き出したことで戸惑うのは間違いないです。

その後の話し合いに行きつく前に、彼を必要以上に怒らせてしまう可能性があるため、なるべく冷静さを保つ努力はしましょう。

事実を淡々と伝えよう

浮気の事実を淡々と伝える女性

浮気を謝るとき、ただ事実関係を何も伝えず「ごめん」しか言わない人がよくいます。平謝りするばかりでは、浮気が本当だったのかすら彼には分からないものです。

確かに浮気という事のてん末をしっかりと伝えるのは気まずいですし、ただ謝って済むならそうしたいところです。

ですが、謝る際にはただ「ごめん」と繰り返せばいいケースとそうでないケースがあります。浮気はもちろん、ただ「ごめん」と繰り返していれば完結するものではないのです。

それだけ浮気というものの罪は重いということです。いつから浮気をしていたのか、相手は誰なのか、なぜ浮気をしたのかという詳細をしっかりと伝えるようにしましょう。

事実関係が分からなければ、浮気を許す・許さないの話もできないからです。

とにかく頭を下げて謝る

浮気を誠実に謝罪する女性

浮気を謝るときの姿勢として大事なのは、とにかく真摯に謝ろうとする姿勢です。ただ淡々と一言「ごめん」と発するだけでは、とてもではないですが真剣に謝ろうとしているとは思えませんよね。

感情的にならないこと、事実を淡々と伝えることは大事なことですが、頭を下げてしっかりと謝ることは大前提になります。

謝るときの姿勢で、その人が犯した過ちをどれだけ悔いているかが相手にはよく伝わるものです。

少しでも浮気を彼のせいにしようとしていたり、自分は悪くないと思っていたりしたら、それは態度に出てしまいます。彼にも「本気で反省していないな」と悟られてしまうでしょう。

浮気という重大なことをしてしまった罪を認め、頭を下げて平謝りする姿勢は絶対に必要になります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。