男性が浮気を後悔して猛省する7つの瞬間とは?

彼氏に浮気されたら怒りや悲しみ、絶望などマイナスの感情が自分ではコントロールしきれないほど押し寄せてきますよね。とても普通に接することなどできないという女性も多いでしょう。

一方で、浮気をした男性も、悪いことをしたという事は理解しているのでちゃんと後悔します。では、その後悔する瞬間は一体どんな瞬間なのでしょう。

また、浮気を知った瞬間、あなたにもそのまま関係を続けるか、それとも別れるかの決断も必要になります。浮気を知った時、感情のまま怒れば良いというものでもありません。

対処法次第であなたと彼との今後の関係も変わります。今回は男性が浮気を後悔して猛省する7つの瞬間と対処法についてお伝えします。

男性が浮気を後悔して猛省する7つの瞬間とは?

共通の友人にばらされたとき

共通の友人に浮気をばらされて苦悩する男性

浮気問題はそのカップルと浮気相手だけの問題ですが、共通の友人まで知れば彼氏は彼女以外にも責められます。それだけでなく、周囲の友人からは白い目で見られ、信用も失います。

信用は築くのは大変ですが、崩れるのはあっという間です。それこそ一瞬です。

SNSなどでばらされたりしたら、今後友達や関係ある人から女性を紹介してもらえなくなる可能性もありますから、大変です。また、彼女や浮気相手が同じ会社の人間なら一層大変です。

信用と下手をすると会社での地位まで失うかもしれません。ほんの些細な出来心が全てを失うきっかけとなったとき、「浮気なんてしなきゃよかった」と男性は猛省するのです。

彼女を泣かせてしまったとき

彼の浮気を知り泣き出す女性

ちょっとした出来心、誘惑に負けた浮気がばれて大切な彼女を傷つけた、この瞬間に後悔する男性は多いでしょう。

本当に彼女のことが大切なのに、自分のアホな行いで彼女を泣かせてしまったという事実は男心にかなり響きます。怒られるよりも、ダメージが大きく、普段泣かない彼女の涙ならなおさらです。

彼女に泣かれて初めて浮気を後悔するなんて、なんて浅はかな思考なんだろうと女性は思うでしょう。浮気が彼女を泣かせることになることぐらい気づけよ、と。

しかし、浮気する前には気づけない、だから男性は浮気してしまうんです。

彼女に号泣なんてされたら、罪悪感が一気に膨れ上がります。この罪悪感が男性を苦しめるのです。

罪悪感に襲われて、猛省しても彼女の顔がまともに見れないぐらいになってしまう男性も少なくありません。

好きとかありがとうとか言われたとき

ありがとうの感謝の気持ち

浮気をしているという後ろめたさがあるときに、彼女から無邪気に好きと言われると、男性は罪悪感に駆られることが多いようです。

「彼女が自分を信頼してくれているのに自分は何をしているんだ」という状態に心が締め付けられてしまうのです。

自分に向けられる彼女からの信頼を裏切ったことに対して何も感じない男性はそうそういません。

そして、改めて、自分にはこの子しかいないと感じ、そんな彼女を放って、自分勝手な行動をしていたことを猛省します。

怒ったことのない彼女を怒らせたとき

浮気の事実に激怒する女性

普段はおしとやかな彼女が、浮気を知った瞬間大声で怒り出したなら、男性は間違いなくびびります。そして、ことの重大さを認識し、猛省します。

自分は彼女がこんなに狂乱するほど悪いことをしたんだ、と。彼女を怒らせたら怖いということも学び、浮気以外でも彼女を怒らせないよう気をつけてくれるかもしれません。

彼女に逆に謝られたとき

謝る彼女

悪いことをした時に怒られるのは当たり前なので、浮気をした男性は怒られる覚悟はしています。しかし、怒られるより怒られない方が、案外心に染みやすいものです。

そして、さらに謝られたりでもしたら、心にズキッとくるのは間違いありません。というか、謝ることの出来る女性の器の大きさに男性は自分の行為の酷さを感じます。

おそらく、この反応が1番男性にとってダメージが大きいです。自分の器の小ささを感じざるを得ないのですからね。

前から気がついていたことを知らされたとき

浮気を彼女が知っていたことを知った男性

「ずっと辛かった」と彼女が実は浮気に気づいていたことを言われると、男性は自分の不甲斐なさを感じます。

彼女の辛さに比べて、自分は好き勝手に浮気をしていて恥ずかしい、と情けなくなります。実は浮気がばれていて、笑顔にしたいはずの彼女を自分がずっと泣かせていたのですからね。

前々から浮気という裏切りに気づいていて、ずっと心を痛めていたことに対して、彼女への反省の気持ちで一杯になるのです。

振られたとき

彼女に振られる男性

男性は彼女との関係を壊したくて浮気をするのではなく、ただの浮気心なだけの場合がほとんどです。本命の彼女とは仲良く関係を続けたいんです。

けれど、他の女性も興味がある、だから内緒で浮気をするのです。1回の浮気程度なら大丈夫、と勝手にタカをくくっているのです。俺とあいつの仲だから、きっと許してくれるはず、と。

浮気したとはいえ、彼女が1番大切だと思っている男性は多いです。浮気はちょっとした出来心、心から好きなのは彼女だけ、なんて都合良く考えています。

だからこそ、浮気がばれて、彼女に許してもらえず、「別れよう」と言われたときに初めて男性はことの重大さを知ります。本命の彼女に去られるのは男性にとって計算外のことなのです。

ちょっとの遊びが本命との別れに繋がってしまったとき、「こんなことならするんじゃなかった」と後悔します。

浮気を告白されたときの対処法

とにかく冷静さを保つ

浮気されても冷静に心を整える女性

浮気を告白されたときにいちばん大切なのは冷静になることです。感情的で責めても、相手の本音を引き出すどころか、話し合いにすらなりません。キレるのはまだ我慢しましょう。

2人の関係を修復するしないに関わらず、まずは状況をよく理解する必要があります。クールダウンも兼ねて、1週間ぐらい連絡を取らず、お互いに距離を置くのも良いかもしれません。

相手の出方を待ってみるのも、冷静さを取り戻しやすい方法の1つですよ。

彼がどうしたいのかを理解する

浮気をした後の彼の行動

彼氏がなぜ浮気をしたのか、ということも理解しておく必要があります。浮気を隠そうともしないのなら、それはもしかしたら彼氏が別れたがっているサインかもしれません。

はたまた、単なる性的欲求かもしれませんし、承認欲求がきっかけかもしれません。彼の浮気の原因を知れば、彼が別れたいのか、許してほしいのかも理解できるでしょう。

自分から浮気を打ち明けた相手の考えや想いを推し量るのも思いやりです。そうすれば、彼に対する対処法も見えてくるでしょう。

あなたがどうしたいのかを考えて伝える

浮気した彼氏との付き合い

2人の仲が修復すべき価値がある関係なのかも判断しましょう。付き合った期間が短いのであれば、傷はまだぎりぎり浅いかもしれません。

付き合って8年経つ、結婚しているなどの状況ならじっくりと自問自答すべきでしょう。我慢ばかりしていても幸せは訪れませんし、浮気自体が潮時の合図なのかもしれません。

その場で考えがまとまらない場合は、時間をもらいましょう。浮気を知った直後は動転している可能性が高く、感情に振り回された結論を出しやすいものです。

しかし、感情こそが自分の考え、どうしたいかという思いを隠してしまいやすいので、気をつけましょう。

これからどうしたら幸せになるのかを最優先する

自分の幸せを考える女性

今はまだ離れたくない、と感じる感覚も大事です。しかし、これから先の幸せを考えるなら、さけて通れないのが彼氏の行動を最終的に許せるかどうか、です。

どれだけ付き合いが長くても関係ありません。

浮気された後に関係を続けるなら、浮気された過去をきっぱり忘れ、蒸し返さない覚悟を持つ必要があります。そして、ゆっくり時間をかけて、2人の仲を修復してきましょう。

もし、許せないのなら、あなたの幸せは彼との未来にはないかもしれません。素敵な恋をするためにも、どうしたら幸せになるのかを最優先して考える必要があります。

浮気を後悔するのは彼女の想いに気づいたとき

浮気の過ちに気がつく男性

いかがでしたでしょうか。彼女の反応次第で彼の後悔度、猛省度は変わります。

浮気する人も1人の人間です。好きだから、彼女とお付き合いしているのです。浮気男に「このままじゃ別れるかも」、「コイツしかいない」と思わせれば自分の愚かさに気づき、猛省させられます。

また、そのときの対処法のチョイスも大切です。浮気を見つけたとき、感情をそのままぶつけるのは賢い行動とはいえません。浮気男を反省させたいのなら「責めたら負け」なのです。

責めて、男性を勝負モードに追い込んではいけません。男性は勝負モードになると、自分が以下に悪くとも何が何でも正当化しようとします。

つまり、責めると浮気したくせに、言い訳と逆ギレのオンパレードになる可能性もあるのです。

最も有効な作戦を考えるためにも、まずは落ち着きましょう。冷静になって、一番効く対処法を考えるのです。彼氏との対戦に挑むのはその準備が終わってからにしましょう。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。