プラトニックな恋愛はあり?なし?

プラトニックな恋愛はあり?なし?

「プラトニック」という言葉を聞いたことはありますか?肉体関係を持たない、精神的な恋愛という意味です。

いわゆる「純愛」です。「プラトニック」の語源は「プラトン的な」という意味で、古代ギリシャ時代の哲学者プラトンの名前が由来となっています。

よく比較されるのが「ストイック」という言葉です。プラトニックは「精神的」なもので、ストイックとは「禁欲的」なものです。

「どちらか一方が身体を求めていて、相手は拒否している状態」はストイック状態です。プラトニックな状態とは、お互いの気持ちと心が通じ合っていることが大前提です。

そして、お互いに肉体関係を持たないことを理解し合っているのです。ここまで聞くと、現代では死語のように思えますよね。

ですが、結婚するまで処女宣言をしたセレブもいます。ブリトニーやビヨンセ、ジェシカシンプソンなどです。

特にジェシカシンプソンは、本当に一切肉体関係を持たず結婚したと言われています。純愛を貫いたなんて素敵ですよね。

ここでは、そんなプラトニックな恋愛のありなしについて紹介します。

ありの理由

誠実さが伝わる

男性の誠実さ

中学生ぐらいの頃、好きな人のことを考えるだけで幸せだった記憶はありませんか?ただ純粋に好きだという気持ちです。

しかし身体が成長して大人になるにつれ、様々な欲求が出てきます。性欲や支配欲などです。

特に性欲は人間の三大欲求のひとつでもあるので、我慢することが難しいです。ですがここでお互いに性欲を我慢できる、というのがポイントです。

我慢、というよりも結婚するまではしたくないという気持ちの人もいるでしょう。身体目当ての人と比べて、あなたのことを大事に思ってくれているのが伝わりますね。

自分の欲求を理性で抑えることができるので、浮気もしなさそうです。「肉体関係だけ持ってから別れよう」と考える男性も存在する中、誠実さが伝わってきます。

安心感がある

安心感のあるカップル

恋愛のペースは人それぞれです。初めから肉体関係をガツガツ迫られると、怖いと感じる人もいます。

中には恋愛でトラウマを抱えていたり、身体にコンプレックスを持っている人もいます。ゆっくり内面を知っていきたい人も多いです。

すぐに肉体関係を持つ女性より、多少ガードの固い方が好ましいですよね。また肉体関係を持った途端、態度が冷たくなるようなひどい男性も存在します。

身体が目当てなら、風俗というシステムを利用すれば良いのです。「彼に我慢させてばかりも悪いし…」と考えるのはやめましょう。

プラトニックな関係を保つことで、本命であるという安心感が生まれます。一度肉体関係を持ってしまったら、なかなかプラトニックな関係には戻れません。

精神的なつながりでないと長続きしない

長続きするカップル

アンケートによると、社会人の経験人数は3人未満が53%となっています。4~6人が20%、経験なしが9%です。

中にはたくさんの男性とお付き合いをして、肉体関係を持ってきた人もいるでしょう。しかし結局、結婚まで至っていないのではないでしょうか。

「身体の相性も大事」だと、どや顔で語っている男性もいます。ですがいくら身体の相性がよくても、いつか性欲は枯れます。

精神的なつながりでないと、長続きしないのです。身体の相性ばかり重視している男性は、未来を見ていません。

今さえ気持ち良ければ良いのです。また「結婚したい」と男性が思うのは、肉体関係を行っている最中ではありません。

居心地の良さや性格や価値観が一致しているかどうか、料理の腕前などを見たときです。プラトニックな恋愛の方が、結婚につながることが多いです。

中には「プラトニック不倫」という恋愛の形も存在します。肉体関係を持ってしまうと、社会的に不倫として認められてしまいます。

ですが肉体関係がない分、純粋にドキドキ感だけを楽しむことができます。もちろん、不倫は一般的に推奨されるものではないです。

好きな人に合わせたい

好きな人に合わせる女性

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。