恋愛に不向きな女性の4つの特徴と対処法とは?

自分は恋愛に向いていないなんて考えたことはありませんか?自分なりに積極的になってみても思うように行かなかったり、いつも同じようなパターンで失敗していたり。

毎度毎度なら、いい加減モヤモヤしてきますよね。仕事やスポーツなどと同じように、恋愛にも向き不向きがあります。

しかし、必ずしも恋愛に向いている人だけが幸せになるとも、恋愛上手が人生で得だとも限りません。大切なことは自分を知ること。

自分が不向きなのかどうかが分かれば、相手との接し方も分かり、恋愛の仕方も変わるでしょう。あなたにぴったりの男性にも出会えるはずです。

今回はどんな女性が恋愛に不向きなのか、4つの特徴と対処法についてお伝えします。

恋愛に不向きな女性の4つの特徴と対処法とは?

ネガティブ

ネガティブな女性

ネガティブ思考の人は、別に恋愛だけでなく、とにかく自分自身にネガティブです。基本的に自分に自信を持てず、「自分なんて」「自分程度が」と思ってしまいがちです。

こんな状態だと、人と自分との間に壁ができるのは当たり前ですよね。男性も、常に「自分なんて」と卑屈になっている姿ばかりだとうんざりします。

特に、卑屈なネガティブ思考の人は悩みが延々と頭でぐるぐる周っていることが多く、何かにつけて自分を卑下しがちです。

さらに自己評価が低いと、必要以上にウジウジして、「悲劇のヒロイン」思考になりがちです。

そんな女性と話したいと思う男性は少ないでしょう。ネガティブの人との会話は、話の中に見えない地雷がたくさんあるようなもの。話しづらいですよね。

ネガティブさは自分から男性を近づきにくい状態にしているようなものなのです。

会話が苦手

会話が苦手な女性

コミュニケーション下手な人は恋愛に向いていないタイプの典型的なタイプです。恋愛で最も重要な要素であるコミュニケーション。

このコミュニケーション能力が低いと、自分の気持ちを相手に伝えられず、こじれてしまう原因になります。まずは相手との共通の話題や、雑談力をあげる努力が必要です。

いつまでも相手の顔色ばかり伺っていたら、会話が苦手なままです。

また、人の目をみて話せないことも会話が苦手な人の特徴でしょう。たかが「目」、と思うかもしれませんが、会話中に目を見ないだけであなたの魅力は半減してしまうほど。

「目を見て話す」ことは人との交流において重要なことの1つなのです。

人のせいにしがち

周りのせいにする女性

何でも人のせいにすれば楽ですよね。そして、自分を正当化して、自己防衛ばかりしていれば、ストレスフリーな生活です。

しかし、ストレスがかからない代わりに、あなたの魅力はどんどんと失われていくばかり。

また、自己反省能力の低さも原因の1つと考えられます。自分を振り返る努力をしない人は自己成長のチャンスを失います。成長したいのなら、自分に負荷をかけることも必要なのです。

繊細

繊細な女性

少し冷たくされたら嫌われたと思い込んだり、自分以外の異性と仲良くされたら不安になったり。繊細さは恋愛では裏目に出やすい性格です。

傷つきやすい人は自分に自信が無いことが主な原因ですが、同時に他人を信用できないという一面もあります。その結果、過度な束縛をしがちです。繊細さが裏目に出たパターンといえます。

傷つきやすい人は優しい人に多いのも事実です。しかし、優しすぎることは実は恋愛面ではマイナスになることが多く、恋愛ベタな人にありがちです。

しかし、繊細さは使い方次第で強みにもなります。繊細な女性が持っている一途さや守ってあげたくなる気持ちは男性に伝わるものです。

対処法とは?

見た目がすべてではない

見た目がすべてではない恋愛

昔から「男は度胸、女は愛嬌」といいますよね。笑顔は女性を華やかに映します。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。