ラインを使った恋愛テクニックとは?

近年コミュニケーションツールとして私たちの生活に欠かせないものになりつつあるラインは、恋愛を育む場にもなっています。

一方でラインが原因で衝突したり嫌な思いをしたりしている人もたくさんいます。ラインは使い方によって吉と出ることもあれば凶と出ることもあるのです。

特に好意を抱いている相手とのラインでは失敗したくありませんよね。せっかくラインをしているのだから、2人の距離を縮められるようなやりとりがしたいですよね。

ラインは上手く利用すれば恋愛の強力な手助けとなってくれます。ラインを使った恋愛テクニックを紹介します。

ラインを使った恋愛テクニックとは?

盛り上がっているときはテンポよく返信

テンポの良い返信

気があることを相手に伝えることによって、相手もこちらを異性として意識し始めるので恋愛に発展しやすくなります。そのためラインの会話中でも相手に対する好意をさりげなく伝えましょう。

もちろん直接的な表現をする必要はありません。自分に気があるのでは?と思わせるのが目的なので、あからさまに好意を伝えるよりもさりげないアピールの方が良いのです。

ラインでさりげなく好意を伝えるためには、盛り上がっているときはテンポよく返信することが大切です。

盛り上がっているときにテンポよく返信することで、あなたのテンションが高いことが相手に伝わります。テンションが高いことが伝われば、自分に好意的であると相手は受け取るでしょう。

また盛り上がっているときこそ仲を深めるチャンスです。普段なかなか聞けずにいることや誘えずにいることも、盛り上がっているときなら話に出せるかもしれません。

話が盛り上がっているのに返信のテンポが悪ければ、だんだん盛り下がってしまいます。相手にも自分に興味がないのだと思われてしまうもしれません。

好意を伝えるためにも、一層仲を深めるためにも、ラインで盛り上がっているときはテンポよく返信するようにしましょう。

相手のスタンプを真似する

真似したスタンプ

恋愛のテクニックの1つに同調行為というものがあります。真似をすることで相手に親近感を抱かせるテクニックです。

私たちは自分と同じ行動や動作をする相手を、無意識に仲間であると認識する傾向があります。仲間である、つまり自分に近い存在であると認識することは、親近感を抱くことと同じです。

恋愛は親近感を抱くことから始まります。親近感を抱くことができない相手に恋愛感情を抱くことはありません。そのためまずは相手にいかに親近感を抱いてもらえるかが重要になってきます。

つまり恋愛において、相手に親近感を抱かせ、親密な関係になるための方法として、同調行為がとても効果的なのです。

口調やしぐさ、趣味嗜好など、同調行為の対象となるものは多々ありますが、ラインではスタンプを真似するのがおすすめです。

ラインのスタンプはあからさま過ぎず、気軽に真似することができます。好みが似ていることは特に親近感を抱かせやすいため、好みに影響されるスタンプを真似することは非常に効果的です。

スタンプの種類にもよりますが、同じスタンプを使っているとわかるだけでも親近感は増すものです。ぜひ積極的に真似してみてください。

スタンプにバリエーションを持つ

バリエーションのあるスタンプ

スタンプは同調効果に利用するだけでなく、話のタネにもなるのでバリエーションを持っておくといいでしょう。色んなスタンプを使えば使うほどつっこまれやすくなり、話に花が咲くはずです。

たとえば相手の好きなキャラやアニメのスタンプを使えば、必ず相手は食いついてくるでしょう。スタンプをきっかけにキャラやアニメの話で盛り上がることができるはずです。

また相手が知らないものでもかわいいスタンプを使えば、「それかわいいね!」とつっこんでくる可能性もあります。親しみやすさや可愛らしさ、センスの良さなどをアピールできるでしょう。

文章だけでのラインのやりとりは固くなりがちですが、スタンプを使えば一気に雰囲気がよくなります。仲を深めるための話題作りや、自己アピールができるので、使わない手はありません。

色んなスタンプを持っておけば多くの機会を作ることができるので、スタンプにはバリエーションを持たせるようにしましょう。

長文よりも短文複数

短文LINE

好きな人には色んなことを聞きたいし、色んなことを話したくなってしまいますよね。すると無意識にラインでのやりとりが長文になってしまいがちです。

しかし長文というのは送られてきた側は読みにくく、理解するのに時間がかかります。せっかく長文を打っても伝えたいことがうまく伝わっていなければ意味がありませんよね。

そのためラインを使った恋愛テクニックの1つとして、長文よりも短文複数を意識するようにしましょう。同じ内容を伝えていても、短文複数の方が圧倒的に読みやすくなります。

長文というのは見ただけでどうしても読む気が失せてしまうものです。後で時間がある時にと後回しの対象になり、そのまま話が流れてしまう可能性も高くなります。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。