脈なしでつらいときにハマりがちな落とし穴とは?

好きな男性にとって自分が脈なしであることに気付いてしまうととても辛いですよね。戦わずして負けたようでモヤモヤもなかなか消えないことでしょう。

それどころかどんどんマイナス思考になってしまう人も多いのではないでしょうか?本気で好きな男性だったのなら、落ち込んで悪い方向に考えがいってしまうのも無理ありません。

しかしマイナス思考になると悪い方向へ考え過ぎてしまいキリがありません。しまいにはありもしないようなことまで考えて、さらに苦しむことになるのです。

恋愛で失敗した時、多くの人は極端な固定観念に捉われ、関係のないことまで否定的になる傾向があります。どんなことも上手くいかなくなり、深みにハマっていく一方です。

自分の思考のせいで必要以上に苦しみ、明るい未来を遠ざけてしまうなんて嫌ですよね?つらいときに無理に明るくする必要はありませんが、だからと言って余計な思考を持つのは良くありません。

紹介する脈なしでつらいときにハマりがちな思考を心に留めてみてください。思考が変われば脈なしだった恋だって何か変化があるかもしれませんよ。

脈なしでつらいときにハマりがちな落とし穴とは?

あなた以外の人間は彼氏と100%円満で楽しいデートをしている

手をつないでデートを楽しむカップル

恋愛に失敗すると自分は世界で一番不幸なのだと思いがちです。つらさは比べるものではないので一番不幸だと思うこと自体は責められるものではないですが、その思考はとても危険です。

まだつらいと嘆いているだけなら良いですが、一番不幸だという考えが外に向いてしまうと今まで以上に苦しむことになります。

外に向くというのは自分以外の人間は幸せだと思い込んでしまうことです。脈なしでつらいとき、自分以外の人間は彼氏と100%円満で楽しいデートをしていると思ってしまう人が多いのです。

彼氏がいない人も失恋した人もいますし、意外と彼氏がいてもデートを負担に感じている人も多いのが現実です。過度に羨む必要も自分を下に見る必要もありません。

デートは女性の憧れですが現実的に考えれば良いことばかりではありません。円満で楽しいデートというのはそう何度もあるものではないですし、負担に感じるデートをしても仕方がないのです。

あなただけを残して他の人すべてが楽しいデートをしていることはまずありえません。事実ではないことで傷つくことほど無駄なことはないので、その思考は捨て去りましょう。

脈なしの恋愛はムダ

切ない時間

脈なしの恋愛はムダだと思っていませんか?ふさぎ込んでいても何も変わりません。今日の努力が明日の未来を握っているのです。

脈なしと知ったからこそできることもあるのです。恋愛していないと出来ない努力もあるのです。脈なしであると思っても不貞腐れるのではなく、自分磨きをするエネルギーに変えましょう。

たとえば運動して綺麗や健康を手に入れる、メイクの練習をして女度を上げることなどに力を注いでみましょう。脈なしだと思われた悔しさをバネにもっといい女になってやるのです。

脈なしだと思われたのは単純にあなたの努力不足だった可能性もゼロではありません。努力すれば脈なしだった男性が振り向いてくれる可能性だってあるのです。

また恋愛していないと出来ない努力というのは、あなた自身を魅力的にします。きっと他の男性のあなたを見る目も変わってきますので、新しい出会いがあるかもしれません。

落ち込む時間も決して無駄ではありませんが、いつまでも落ち込んでいても仕方ありません。脈なしなら悔しいと思いましょう。そして悔しさをエネルギーに変えて自分を磨きましょう。

彼氏がいない、恋愛が脈なしのあなたの人生は劣っている

気分が沈んでいる女性

女性の人生における幸せは彼氏や恋愛によって決まるものではありません。彼氏がいない、恋愛が脈なしだからといって自分の人生が劣っているという考えは良いものではないのです。

もちろん恋愛に対する比重は個人によって異なります。彼氏がいることで最大の喜びを得る女性も大勢いることでしょう。彼氏がいないことや恋愛が脈なしだと悲しい気持ちにもなりますよね。

しかしだからといって上手くいっていないこと一つを取り上げて卑屈になってはいけません。卑屈になってしまえば上手くいくことも上手くいかなくなってしまい、人生が台無しになります。

彼氏がいたりすると楽しめないこと、できないこともたくさんあります。彼氏がいる人や恋愛が上手くいっている人が経験できないことを、今のあなたは経験できるのです。

ぜひ彼氏がいないから、あるいは恋愛が脈なしだからといって、自分の人生を下に見ないでください。どっちもどっちで、同じように自分の努力で良い人生にできるのです。

乗り越えられない

沈む夕日

つらいことがあるともう立ち直れないと思ってしまいがちですが、乗り越えられないという思い込みを持つのはやめましょう。悩んで体が動かないのは思い込みに過ぎません。

ご飯が食べられなくなる、眠れなくなる、何も楽しめない。つらければつらいほど生活に支障が出て、思うように動けなくなることもあるでしょう。

誰だってどうしても乗り越えられないことはあります。そして乗り越えられないともがけばもがくほど、乗り越えるのが難しくなってくるのです。一度肩の力を抜いてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。