好きでも「あえて」脈なし女性を演じた方がいい場合とは?

好きでもあえて脈なし女性を演じた方がいい場合とは?

思いを寄せている相手には、こちらから気持ちを表現したくなる時がありますね。故意にではなくても「あなたが好き」というアピールが態度に出てしまうこともあるでしょう。

でも、相手に対して好意を見せず、あえて脈なしの態度を演じた方が良い場合があるのです。

「どうして?好きな相手にはちゃんとアピールして、出来たら告白して両思いになったら良いのでは?」と思うかも知れません。

さらに「脈なしな態度を取ったら嫌われてしまうのでは」と心配になるかも知れません。だけど本当は簡単に好意を見せないほうが、あなたの為になる場合があるのです。

それはあなたと相手がどんな関係かによって違ってきます。どんな時に脈なし女性を演じた方が良いのか、詳しくご紹介します。

男性に好かれている場合

初めからスキンシップ多めな男性

抱きつく男性

知り合った最初の頃から、あなたにスキンシップが多めな男性の場合は、脈なしな態度を取りましょう。なぜなら下心があり、体目的でそういう態度を取っている可能性が高いからです。

「好意は持ってくれているみたいだけどなんだか馴れ馴れしいな」と思ったらもちろん要注意です。「彼も私の事が好きだから当然」などと思い込まないようにしてください。

馴れ馴れしいとまではいかずさりげなくても、最初からスキンシップが多めな場合は要注意です。あなたにちゃんと好意を持ってくれていたとしても、その態度には問題があります。

お互いをよく知らないうちからスキンシップが多いということは、最初から体目的で仲良くしようとしているのかも知れません。

そのままでいると、相手に体目的な態度を取られるのを許していることになってしまいます。あなたが好意を持っているからといっても、相手のその行動は受け入れないほうが無難です。

あなたも体だけの関係を望んでいると思われたら、嫌ですよね。一緒になって浮かれずに、脈なし女性を演じて、軽く見られないようにしましょう。

恋愛経験が豊富な男性

恋愛経験豊富な男性

あなたに好意を示してくる相手が恋愛経験豊富な場合も、脈なしな態度でいたほうが良いでしょう。恋愛経験が多いということは、交際人数が多いということにもなります。

交際人数が多い男性は、優しくて気遣いが出来て、素敵に見えるかもしれません。ただ、女性に軽い気持ちで接してくることもあります。

女性に慣れているといえばそれまでですが、あなたにも軽い気持ちで接してきているかも知れません。認めてしまうと、あなたもその他大勢の女性の一人になってしまうかも。

こういう男性の場合は、脈なしな女性だと思われた方がもっと興味を持ってくることがあります。交際人数が多い男性だと、簡単になびいてこない女性のほうが気になってくるものです。

脈なしな態度を取るのは、あなたは「軽い気持ちで見られたくないの」という逆のアピールと思っても良いでしょう。

他の女性とも噂があるとき

ハンサムでモテる男性

好意のある相手と仲良く出来たとしても、ちょっと待ってください。彼には他の女性とも噂がありませんか?

まだ付き合っていない場合には色々と噂話が舞い込んでくるものです。「あの子と仲良くしているようだ」といった、あなた以外の噂の女性がいたら要注意です。

そんな時には自分から、脈なし女性を演じましょう。彼と仲良く出来ているとしても、あなたが本命であるという保証なんてまだない場合が多くありますね。

自分で本命だと勘違いしたり、早とちりしたりしてしまうと、あとからのダメージも大きくなります。また、色々と噂が多い彼を好きになってしまうと、女性関係で思い悩むことも増えます。

彼女がいないと確認できるとか、あなたに遊びではないと確認できるまでは、気を抜かないほうが良いでしょう。

彼女がいる場合

彼女とラブラブな男性

「彼は私に好意があるようだけど、彼女がいる」なんて場合は、脈ありな態度は取ってはいけません。もちろん、彼女がいる人を好きになってしまうことはありますが、落ち着いて考えましょう。

もし彼女とあなたが知り合いであった場合。あなたと彼が仲良くしていたら、当然揉めてしまいますね。あなたと彼女が友達であればなおのこと、友情も危なくなります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。