略奪愛は後悔しやすい7つの理由とは?

夢中になっている時には素敵に見えていた彼だけど、いざ自分のものになったら恋の夢が冷めることってありませんか?特に略奪愛の場合は「人のもの」だからこその魅力があったのかもしれません。

「この人のことは好きになってはいけない」「彼女がいるんだから」とブレーキをかければかけるほど、気になることもあります。そんな恋愛を楽しく感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、スリル満点で恋愛を楽しめるのは略奪している最中であることが多いようです。略奪愛の成功の後は、ほとんどのカップルが後悔しているといっても過言ではありません。

そこで今回は、略奪愛が後悔しやすい7つの理由についてまとめました。今まさに略奪愛の後に後悔している人や、略奪愛を考えている人はぜひ参考にして下さいね!

略奪愛は後悔しやすい7つの理由とは?

後ろめたさが残る

後ろめたさを感じる女性

略奪愛が成功して、「やったー!!」と嬉しさいっぱいに喜ぶ人は少ないです。もちろん、彼氏と付き合えることになった嬉しさは感じているものの、少し罪悪感が残る人は多いです。

やはり人として、「人の彼氏を取ってしまった」という倫理感に反した行動だということは自覚しているので後悔をするようです。

たとえ自覚していなくても、相手の元カノのやつれ方を見て罪悪感を抱く人も多いです。略奪中は、彼へのときめきや、惹かれる気持ちを抑えきれずに夢中だったことでしょう。

当然、自分のその行動で彼の恋人にはとんでもない仕打ちをしているという自覚はありません。いざ彼氏が自分のものになって、彼の元カノの噂を聞いた時に後味が悪く後悔をする人も多いです。

彼氏の元カノに恨まれる

怒る彼氏の元カノ

当たり前のことですが、略奪愛は恨みを買います。普通のカップルのようにキレイな付き合い方ではないので、「おめでとう!」と言ってもらえないことも少なくありません。

忘れてはいけないのが、略奪愛には被害者がいることです。彼の元カノは、自分の彼氏が他の女性を選んだことでかなりのショックを受けています。当然、女性のあなたに恨みも抱くことでしょう。

「絶対に許さない!」と怖いくらいの恨みを言う元カノもいますし、あなたには言わなくとも周囲に言う元カノもいます。自分は被害者だということを最大限利用し、あなたの評判を下げるのです。

「気にしない、気にしない」とは思っていても、やはり気にしてしまいますよね。そのくらい、彼氏を取られた女性の恨みはすさまじいものです。

あまりのしつこさに、略奪愛を後悔する人も珍しくありません。

常に不安がつきまとう

不安になる女性

略奪愛を楽しんでいる最中は振り向かせることに必死だったとしても、成功後は自分が彼女の立場です。彼女になれたことは嬉しいのですが、そうも言っていられなくなります。

「彼女」というポジションに憧れてはいたものの、いざなると実は「取られる立場」に変わったことに気付く人は多いです。しかも、彼は実際に自分が略奪した彼氏です。

女性からの誘惑に弱いところを一番知っているのが悲しいですよね。他の女から略奪したからこそ、彼氏がまた略奪されないか信じきることができません。

不安で信用しないあまり、束縛が多くなったり、彼氏とケンカが続いてしまうカップルも多いです。そう言う時に、「略奪をするんじゃなかった…」と後悔する人も少なくありません。

パートナーのことをしっかりと信頼すること。絶対に裏切らないと信じること。この2つが、略奪愛後の彼女に求められることです。

友達が離れていく

疎遠になる友達

略奪愛が成功した後に、たとえ彼氏と仲良く交際が続いたとしても、世間の目がそれを許してはくれません。共通の友達が多い場合、友達はほとんどいなくなります。

大抵の人は被害者である元カノの方の話を「可哀想に」と聞きますし、あなたが弁解する余地はありません。無条件であなたは「人の彼氏を取る女」となりますし、居場所がなくなります。

もしも、略奪愛が会社内で行われた場合、状況はもっと悲惨です。ほとぼりが冷めたとしても、「あの人実はね、昔…」と略奪愛の経緯をバラされることもあるでしょう。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。