略奪愛が不幸になる7つの理由とは?

彼女がいる男性を好きになってしまうことは、誰にでも起こり得ることです。恋愛感情を自分でコントロールすることは難しいため、苦しい思いをすることでしょう。

交際を望むのであれば、略奪するほかありません。諦めずにアプローチし続けた結果、相手が彼女と別れ、晴れて結ばれたというカップルも世の中にはたくさんいます。

もちろん略奪愛だからといって諦めなくてはいけないわけではありません。しかし、行動する前に一度立ち止まってよく考える必要があります。

なぜなら、略奪愛は不幸になる可能性が極めて高いからです。

もし今、彼女がいる男性との未来を考えているなら、これから紹介する略奪愛が不幸になる7つの理由について、考えてみてください。

略奪愛が不幸になる7つの理由とは?

略奪された側に恨みを買う

恨む女性

略奪というのは、言葉通り他者から何かを奪うということです。無理やり自分のものを取られてしまえば、怒らない人はいないでしょう。

略奪された側の恨みを買うことは、ほとんどの場合、避けられないことなのです。

恨みを買ってしまえば、おそらく平穏ではいられないでしょう。嫌がらせなど嫌なことをされる可能性が極めて高いからです。

好きな人と交際できたからと言って、辛い嫌がらせを受けて傷つかない人はいません。1人でも強い恨みを持たれてしまえば、日々不幸と隣り合わせと言っても過言ではないでしょう。

略奪愛をされたとき、女性が怒りの矛先が向けるのは彼ではなく相手です。彼への愛情が強ければ強いほど、強い恨みを抱かずにはいられないはずです。

略奪したことで彼女の恨みを買ってしまえば、彼と交際していてもしばらくは心から幸せとは言えないでしょう。

罪悪感が残る

罪悪感に悩む女性

略奪愛に限らず、恋愛というのは自分以外の人を傷つけてしまうリスクが伴います。誰にでも幸せを求める権利があるため、他人を傷つけずに生きていくのは無理なことなのです。

とは言え、略奪愛自体は良いこととは言えず、確実に人を傷つける恋愛だと言えます。当の本人も自分のことしか考えていない人間でない限り、罪悪感を抱くはずです。

略奪愛というのは、彼からの愛情を得ると同時に罪悪感の残る恋なのです。

大抵の人はどんなに彼と幸せな毎日を過ごしていても、罪悪感から元カノの存在がしばらく頭から離れないでいるはずです。時には自分を責めてしまうこともあるでしょう。

罪悪感というのは幸福感の妨げになる感情の1つです。略奪した罪悪感と正面から向き合い、上手く心のバランスをとれるようになるまでは、苦しい思いをすることになるでしょう。

多くの女性は罪悪感が残り、元カノの存在を気にせずにはいられないというのも、略奪愛の苦しみの1つなのです。

略奪愛は略奪されて終わりやすい

彼氏を略奪される女性

誰を好きになるかは各々の自由であり、ときに交際相手がいても他の異性にドキッとしてしまうこともあるでしょう。しかし、理性や情があるのが人間です。

人を悲しませたり傷つけたりすること、非人道的なことはしたくないという気持ちが、誰にでもあるはずです。

どんなに魅力的な女性が近寄ってきても、彼女を大切に思っている男性なら安易に誘いに乗ることはないでしょう。略奪愛が成功するのは、相手が目移りしやすいからなのです。

彼女のいる男性と付き合いたいと必死なときは、目移りのしやすさは利点でしょう。

しかし、交際後はどうでしょう?自分が成功したときと同じように、また他の人に目移りする可能性は大です。

つまり、略奪愛というのは成就しても、今後は自分が略奪される側になって終わりやすいのです。交際がスタートしたと同時に、終幕に怯える恋愛になってしまうでしょう。

恋愛というのは実って終わりではありません。末永く一緒にいられることを誰もが望んでいるはずです。終わってしまう恐れのある恋では、心から幸せを感じることはできないのです。

付き合ってみたらそんな好きでなかった

あまり好きでない彼氏

人のものは良く見えやすいため、彼女のいる男性というだけで魅力的に感じることがあります。他者の彼氏という肩書が、女性の略奪愛の火付け役になることもあるのです。

相手のことをよく知る前に、恋愛対象として意識してしまうと、色眼鏡で見てしまいやすくなります。どんなことをしていても素敵に見えるフィルターをかけてしまうのです。

人のものというのも一種のフィルターです。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。