男性にモテるLINE術とは?

あなたは異性との連絡手段は何を使っていますか?おそらくほとんどの方がLINEを使っているはずです。メールを使っている方は少数でしょう。

そんなLINE時代ですが、LINEの特徴として、レスポンスが早い、既読が付く、スタンプなどの表現が豊かです。

気になる男性とLINEでやりとりをするときにただなんとなく返信をしていませんか?実はLINEの送り方で相手への印象は随分変わってきます。

文章というのは、電話よりも気持ちや感情が伝わりにくいです。LINEはメールに比べ一文が短く、回数が多いので、一回一回に重みを持たせる必要もありません。

要するに大事なのは、男性にあなたとLINEするのが楽しいと思ってもらうことです。「早く返事こないかな」と携帯を見るのが楽しみになる経験はあなたにもあるはずです。

それと同じ気持ちを男性に思わせることができれば完璧です。そういう女性は異性からのLINEが鳴りやまないでしょう。

しかし、誰からでもモテればいいわけではありませんよね。自分が気になる男性からモテたいはずです。

そこで、LINEをする上で、気を付けるべきポイントなどをまとめましたので、紹介します。

男性にモテるLINE術とは

とにかく褒めまくる

男性を褒める女性

男性に好印象を与えるには、とにかく褒めまくることです。実に単純な話ですが、これができている女性は意外と少ないです。

自分では褒めているつもりでも褒めきれていないのです。会話でもLINEでも褒められて嫌な気がする男性はいません。

たとえば、「○○さんって努力家ですごいね、尊敬しちゃう」「○○さんってお洒落さんだよね」といった具合です。

まずは、相手をリサーチしてください。なにが好きなのか、趣味はなんなのか、今頑張っていることはなんなのかなど、先に聞いておきます。

そして、褒められそうなところはどんどん褒めるのです。褒めるポイントは外見以外がいいです。

外見がカッコいい男性は、誰が見ても同じなので、褒められ慣れています。あなたにしかできない褒めポイントを探すことが重要なのです。

慣れないことを言われると人は嬉しくなります。要するにうまく男性を気分よくさせられる女性がモテるのです。

LINEの文章は短めにする

LINEの文章が短い女性

LINEの一回のメッセージはなるべく短めにしてください。長文で返したくなる時もありますが、長文は読みにくいのでNGです。

LINEの画面の配置上、だいたい3行くらいまでがベストです。3行くいまでなら相手も読みやすく返信率が上がります。

実際に文字の多さで返信率が変わってきます。長い文章は相手もどうやって返そうかと考えなければいけないので疲れるのです。

そうなると、返すのが面倒になってしまいます。一言のメッセージを何回もポンポンと返し合うほうがうまくいきます。

ほとんど考えなくてもいいのでエネルギーを使いません。どうしても長文を送りたいときは、何回かに分けて送るようにしましょう。少しは読みやすくなります。

すぐに返信しない

「STOP」の表示

男性は、最初女性を落とそうとするときに、必死に頑張ります。どうやってデートに誘おうか、必死に考えて行動するわけです。

最初は自分のほうが下手なので、相手を振り向かせるために必死で頑張ります。しかし、それがうまくいって相手の方が自分のことを好きになってしまうとどうなるでしょう。

立場が逆転した途端、最初の熱は冷めてしまいます。釣れそうで釣れない、そんな魚に男性は燃えると例えると分かりやすいでしょう。

LINEでも同じで、いつ送ってもすぐに返事が返ってくると、相手は安心してしまいます。「いつ送ってもどうせすぐ返ってくるから後回しにしよう」という考え方になります。

少し不安にさせるくらいが丁度いいのです。いつも早く返しているならたまには返信を遅らせてみてください。

相手の返事が早くなり始めたら、あなたのことが気になっている証拠です。そうやって、一定のペースではなく、早くしたり遅くしたりを使い分けていきましょう。

なるべく内容はポジティブに

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。