脈あり連絡頻度とは?

好きな人や気になる相手からマメに連絡が来たら、嬉しくなりますね。もしかしたら相手も好意を持ってくれているのかもと思いたくなります。

普段男性は、女性に比べてあまり頻繁にメールや電話をしないと思われがちです。でも、気になる相手や好意を持っている相手にならば、連絡を多めにする男性が多いと言えます。

連絡がよく来るということは、具体的にはどういうことでしょうか。また、連絡が多いといっても人それぞれに回数は違うものですよね。

メールやラインがどんな時間にどのくらい送られて来るのか、といった事にも個人差があります。あなたに連絡がくる頻度に着目してみると、相手があなたに好意があるかどうかが見えて来ます。

どのくらい連絡をしてくれるか、ということは「こちらに脈があるかどうか」を判断するひとつの大切な材料になります。脈がある場合の連絡頻度についてご紹介します。

脈あり連絡頻度とは?

定期的な連絡は脈ありの可能性が最も高い

電話で連絡する男性

連絡頻度が高いといっても、常に途切れなく連絡が来ることばかりではありません。最も脈があると考えられるのは、定期的に連絡が来る場合です。

人によって連絡頻度は異なります。例えば、週に一回は必ず相手から連絡が来る状況です。この場合は、相手が意図してあなたに連絡しているものだと言えますね。

彼なりの生活をしながら、あなたのことが常に心にあるということです。毎日何通もメールが来る、しょっちゅうラインが来るということよりも、もっと脈ありと言えるかも知れません。

相手は、あなたにうるさくしないようにとか、しつこくならないように気をつけているとも考えられます。マナーを守りながらも、ちゃんと定期的にあなたと連絡を取りたいと思っているのです。

週に一度が、三日に一度や一日に一度など、もちろん人によって頻度は違うでしょう。連絡が定期的に来るということがとても大切で、脈ありのサインだと言えます。

基本的に多ければ多いほうがいい

男性からの連絡に喜ぶ女性

脈ありの連絡頻度ってなんなの?と思われるかも知れませんね。最も高い脈ありについてご紹介しましたが、基本的には多ければ多いほど良いと思いましょう。

もちろん多ければそれだけで全て脈ありだ、ということではありません。内容やメールが来る時間帯などにも着目していけば、詳しく分析は出来るでしょう。

連絡は来ないよりも来ている方が、相手があなたのことを考えていると判断できます。大嫌いで顔も見たくない相手には、そのような連絡の取り方はしないもの。

もちろん恋愛の気持ちかどうか、という深いところは連絡回数だけではわからないかも知れません。それでも相手と接する頻度が高ければ、お互いの印象は良くなっていくと言えます。

好意がある相手には会うのがもちろん一番なのですが、連絡することはその前段階の大切な一歩です。

仕事中でも返信がくるのは、あなたの優先順位が高い

仕事中にLINEを送る男性

メールやラインがいつでも出来るので、仕事中でも合間を見て、休憩中などに連絡を取れる時代です。仕事中にもあなたに連絡が来るなら、相手の中であなたの優先順位が高いのです。

休憩や、お昼の時間帯などほっと一息ついた時などに連絡をくれる。あなたが送ったメールやラインに対して、返信してくれる。仕事中でも出来る時に返信をくれるなら、脈ありと言えるでしょう。

優先順位が高いと言っても仕事中ですから、いつでも返信が出来るわけではありません。

例えば「今忙しいけどあとで返信するね」という内容をくれるだけでも、あなたに対してちゃんと向き合っていることが伝わります。あなたの事を気にかけてくれている証拠です。

もちろん、仕事をないがしろにして連絡しているとしたら、喜んでばかりもいられないですね。その辺は、確認できればした方が良いでしょう。

朝や夜の連絡は邪魔をしないでくれている

夜の街並み

あなたに返信をするタイミングを考えてくれているなら、脈ありだと言えます。朝や夜という、日中の時間を避けて連絡をくれるのは、わかりやすい例ですね。

日中はどうしても仕事や勉強などの活動をしています。最近はメールやラインが気軽に出来るので、つい時間を気にせずに連絡してしまいがちです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。