学校で男子が見せる脈ありサインとは?

学校というのは教育の場であり、様々なことを学ぶ場です。当然授業や人との関わりを学ぶための環境ですが、実は恋愛も発展しやすい環境でもあるのです。

学校に通う人間にとって学校で過ごす時間は一番濃い時間です。毎日一緒に過ごすことで、男女問わず同級生と仲を深め、一緒にさまざまな経験をすることになります。

濃い時間を一緒に過ごし、互いをより深く知って関わるようになれば、特別な思いを抱く異性が出てくるのも自然なことなのです。

好きな男子ができればお付き合いをしたいと思いますよね。お付き合いするためにも男子が自分のことをどう思っているか知りたいと思う人も多いはずです。

実は男性は気持ちが感情に表れやすいため、日頃の行動の中に脈ありサインがわかりやすく出ていることが良くあります。

脈ありサインに気付くことができれば積極的にアプローチしやすくなるため、付き合える日も近くなるでしょう。

好きな男子と両想いになるために、ぜひこれから解説する学校で男子が見せる脈ありサインを参考にしてみてください。

学校で男子が見せる脈ありサインとは?

あだ名や呼び方が他の人と異なる

あだ名で女性を呼ぶ男性

一般的に知り合ってしばらくは、苗字にさん付け、あるいはくん付けで呼び合います。段々と呼び方に変化が出てきた場合は、相手に心を許しもっと親密になりたいと思っている証拠です。

男女間で呼び方に変化があった際は恋愛感情の芽生えである可能性もあります。特に他の人と異なるあだ名や呼び方で呼ぶようになった場合、脈ありの可能性が高いと言えます。

男性は好きな女性に対しては独占欲が強くなり、自分のものにしたい、誰にも渡したくないと思うようになります。そして好きな女性との間に特別感を出そうとするのです。

あだ名や呼び方もその1つで、他の人とはとこなる自分だけの特別な呼び方をしたいと思うのです。

自分だけの特別な呼び方をすることで、好きな人に特別な存在と意識させたいという気持ちが込められています。
また周囲に2人は特別な関係だと思われたいという気持ちもあるでしょう。

周囲の前では他の人と同じ呼び方でも、2人の時に異なる呼び方の場合も脈ありです。1回でも特別な呼び方をしてきたら脈ありの可能性が高いと言えます。

男子が女子に対して他の人と異なる呼び方をするのは、他の人よりも深い関係になりたいという意思表示なのです。

「分からないこと問題があれば聞いて」と教えたがる

ノートと筆記用具

男性は好きな女性に頼られたい、頼りになると思われたいと思っています。学校では勉強のできる男子は「分からないこと問題があれば聞いて」と教えたがってくるでしょう。

つまり学校で勉強などにおいて、自ら男子が自分を頼るように声をかけてきた場合は脈ありということです。

男性は無意識に女性を守りたいと思うようにできています。好きな女性に対して困っている時は力になりたいと自然と思うものなのです。

また男性は褒められたり期待されたりすることで自分に自信を持ちます。好きな女性には特に認められたいと思うため、力になって自分を男性として見てもらいたいと思っているのです。

勉強などで自分を頼るように積極的にアプローチしてくるのは、あなたによく見られたいという気持ちの表れなのです。

「ノート貸して」

授業の内容が書かれたノート

好きな人には何とかして話したいと思いますよね。どんなことでもいいので接点を作って話す機会を持とうとするでしょう。男性も好きな女性と接点を作ることに必死になるものです。

学校で男子に「ノート貸して」と言われたことはありませんか?実はノートを借りることは手っ取り早い接点の作り方で、脈あり行動の1つでもあるのです。

基本的に学校ではみんなで同じ授業を受けて、先生が黒板などに書いたことをノートに写します。そのためノートに大きな違いというのはなく、誰に借りても大差はないのです。

にもかかわらずわざわざ特定の女子にノートを借りるのは、ノート自体が目的ではない可能性が極めて高いです。ノートを借りることをきっかけに話したいと思っているのです。

席が遠いのにわざわざ借りに来たり、何度もノートを貸してと言ってきたりすればかなり脈ありサインだと言っていいでしょう。

視線を感じる

正面を見つめる女性

男性は女性よりも単純で、感情が態度に出やすくとてもわかりやすい行動をします。好きな女性がいれば知らず知らずのうちに目で追ってしまうのです。

もし視線を感じるなと思ったら脈ありの可能性が高いと言えます。特に距離が離れている時に視線を感じるようであれば、かなりの確率で脈ありです。

男性の好意は視線に出ると言われるように、他の人と比にならないくらい好きな女性を目で追います。好きな女性がどこにいて何しているかを遠くにいても無意識に気にかけているのです。

視線を感じるようであれば思い切って視線を送ってくる男子の方を見てみてください。視線を感じたのが間違いでなければかならず目が合うはずです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。