実は脈ありかもしれない誘いの断り方とは?

大好きなあの人に、勇気を出してお誘いをかけたのに断られたら?ものすごく落ち込んだり、がっかりしたりしますよね。次回はもう誘えないくらいの気持ちになってしまったかも知れません。

「もう彼とはこの先、進展はないな…」なんて諦めてしまいそうになっても、待ってください。たとえ断られた場合でも、まだ脈がある可能性があります。

デートや遊びに誘った時には、とても勇気を出したことでしょう。せっかく相手と距離を縮めようとして行動したのですから、簡単に諦めるのはもったいないですよ。

相手の断り方、断る内容次第では、落ち込む必要がなく諦める必要のない時だって多いのです。誘った時には相手の反応をしっかりと見極めることが大切です。

まだ脈ありかもしれない誘いの断り方についてご紹介します。

脈ありかもしれない誘いの断り方とは?

「○○日は難しい。また誘ってね」

忙しそうな男性

誘った日にちに、相手の都合が悪かった場合です。物理的に他の理由があったわけですから、断られても落ち込む必要はありません。まだ脈はあると思って良いでしょう。

さらに「また誘ってね」と言ってくれています。言葉通りに受けとめれば、また誘ってもおかしくはないということです。この返事からは、あなたの事を嫌がっている感じはしません。

もちろん実際には、相手の表情や答え方もよく観察しましょう。明らかに嫌々な態度の返事であれば、難しいかも知れません。でも、態度に嫌な感じがなければ、まだ脈はあります。

だからといって「じゃあ○○日だったらどう?」と、断られてすぐに聞くのは控えてください。時間を置いて、また誘ってみるのが良いでしょう。

「今は勉強(仕事)で忙しいからごめん」

勉強ノート

この言葉を言われたら、ちょっとしばらくの間は誘いにくいですよね。具体的な内容でもなく、だからといって相手にとって大切なことですから、尊重してあげたい理由です。

しつこくせずに引き下がった方が良いでしょう。ただし状況を見て確認した方が良いことがあります。「いつまで忙しそうかな?」と聞いてみることです。

あくまでもさりげなく「大変だね」という、ねぎらいの気持ちを見せながら聞くことです。重いのはいけませんが、ここを確認しないと、今後いつまでも誘うことが出来ないからです。

ただし、問い詰めるような聞きかたをしないこと。聞いてみて、はぐらかされてしまうようなら、難しいと判断しましょう。

もし「○○ごろまでかな」など具体的な期間の返事が帰ってくれば、脈ありと判断しても良いでしょう。時間を置いたうえで、また明るく誘ってみてください。

「その日はすでに予定があるんだ…」

予定の書かれた手帳

もう予定が入っていた場合には、相手も断るしかありません。断られても仕方のないことですので、落ち込む必要はありません。相手の返事が申し訳なさそうなら、脈ありと言えるでしょう。

もちろん、次に誘えるかどうかを確認することは必要です。ただし、しつこくしたり、問い詰めたりしないようにするのは同じです。「また誘うね」と言ってみて、反応を見るのも良いでしょう。

相手が申し訳ないと思うようならば、次も誘える可能性は大きいです。断られた時こそ、次の予定に誘いやすい時だとも言えますよ。

相手が申し訳ないなと思っている時にこそ、次の都合を聞いてしまうのです。でも相手の態度を見ながらが大切なところなので、焦りすぎないようにしてください。

「○○日はだめだけど、別の日なら」

別の日を提案する男性

「この日はだめだけど」と断られても、代案を出してくれるようならば、脈ありの可能性が高いです。相手の態度も申し訳なさそうで、さらに残念そうならば、また誘っても大丈夫でしょう。

返事も曖昧なものではなく、具体的な日にちや期間を言ってくれるようならば、さらに脈ありです。あなたと会ったりデートしたりという気持ちが相手にあるということです。

もしあまり具体性がなくて「いつになるかわからないけど」といったぼかした返事ならば、注意しましょう。脈ありとは言えない返事です。

断って嫌な思いはさせたくないけれど、実際に誘いを受ける気持ちはあまりないということもありえます。具体的な日にちが出るかどうかで判断してみてください。

「行けるかもしれないけど、無理かもしれないから」

微熱がある男性

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。