2人で食事は脈あり?

好きな男性と2人で食事に行ったことはありますか?その時の、相手の男性の気持ちはどのようなものなのでしょうか?誘われた方は、いろいろ考えてしまいますよね。

今回は2人での食事は脈ありなのか調べてみました。2人での食事にもいろいろなパターンがあります。パターンによっては、脈ありの場合と脈ありとは言い切れない場合があります。

あなたの好きな人はどれにあてはまるでしょうか?彼のことを思い出しながら、参考にしてくださいね。

2人で食事は脈あり?

男性は気になる女性を食事に誘う

サラダランチ

食事に誘われたら、脈ありかもしれません。男性は気になる女性を食事に誘いたくなるものです。それが2人きりでの食事であればなおさら脈ありの可能性が高いでしょう。

2人きりでの食事は、相手のことを知る絶好の機会です。普段プライベートで会ったことがない関係であれば、食事に出かけるということは特別な感情があるということでしょう。

ランチではなく、ディナーであればあなたに対して特別な思いを抱いている可能性が高いです。ランチに誘われると軽い感じがしますが、ディナーとなると特別感があります。

男性は興味のない女性を、わざわざ食事に誘ったりはしません。
特にディナーともなれば、完全にプライベートです。プライベートの時間をあなたのために使いたいということでしょう。

食事に行くことでプライベートの会話もでき、より二人の仲は深まるかもしれません。食事をしながらコミュニケーションをとることは、親密になるいい機会なのです。

昼休みに「ご飯食べに行こう」は友達の可能性が高い

美味しそうなバーガーランチ

もし好きな男性が会社の同僚で、昼休みに「ご飯食べに行こう」と誘われた場合は、友達としての可能性が高いでしょう。ただ単に、誰かと一緒に食べたいというだけかもしれません。

あなたに好意を寄せている可能性もありますが、仲のいい友達と思っている可能性もあります。一概に脈ありとはいかないでしょう。

もし、あなたに断られたら誰か別の人を誘うかもしれません。昼休みにご飯に誘われたからと浮かれてしまっては、後で傷つくかもしれません。

あなたも、時間が空いてれば「いいよ」と軽く返事をしておきましょう。あまり深く考え込まないことです。相手の男性も、深い意味はなく誘っている場合があります。

休日など業務外での食事の誘いは異性として意識

チーズとトマトのイタリアンサラダ

休日など業務外での食事の誘いは異性として意識している可能性が高いでしょう。仕事終わりのディナーの誘いも脈ありの可能性が高いですが、休日はまた違う特別感があります。

休日は誰でもゆっくり過ごしたいものです。ゆっくりしたい時間を食事に誘うということは、あなたと休日を過ごしたいということなのです。

男性は、好きでもない人に時間を使ったりはしません。まして、休日ともなると一緒に過ごしたりはしないでしょう。あなたに癒しを求めているのかもしれません。

もし、誘われたのがランチだとしても休日のランチの誘いは特別なものがあります。休日ですから、ランチだけで終わるはずもありません。

ランチの前後にショッピングをしたり、映画を観たりと、カップルのようなデートをすることもあります。確実にあなたのことを異性として意識しているからです。

脈ありとみていいかもしれません。

準備した感が大切

お洒落なジャケット

食事に誘われて出かけていった時の彼の服装などに注目して見てください。準備した感じがあれば、脈ありかもしれません。

普段の彼の服装を知っているのなら、いつもよりおしゃれをしている感じはしませんか?また、食事をするお店も行き当たりばったりではなく予約してくれていませんか?

好きな女性と食事をする場合、どんな男性でもおしゃれをするはずです。また、レストランをあらかじめ予約をしといてくれたら今日の食事のために準備してくれていた感じが伝わってきます。

あなたのことを大切に想っている証拠でしょう。ただの友達であれば、服装もいつも通りのはずです。食事も、その日に「どこに行く?」などと決めていないことが多いでしょう。

彼もあなたと食事することを楽しみにしていたのかもしれませんね。準備してくれていたのを感じたら、あなたもきっと嬉しくなるはずです。

脈ありの可能性が非常に高いでしょう。

多めに払ってくれたら脈あり

財布にあるクレジットカード

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。