脈あり電話の特徴とは?

異性からの電話はかかってきたことに気づいたときは、なんだか少しドキドキするものです。

メールやLINEが普及している中で、あえて電話をかけてくるという気持ちを考えるとうれしいものですね。

ところで、異性へ電話をするときの心境は、一体どんなものなのでしょうか?脈ありの相手への電話なのか、ただ友達としての電話なのか、判断する基準などはあるのでしょうか?

脈ありの電話に焦点を絞り、脈ありの相手にしかしない態度や会話の内容がどのようなものか、具体的に紹介していきます。合わせて理由も解説していくので、参考にしてみてくださいね。

脈あり電話の特徴とは?

訳もなく電話してくる

男性からの電話を受ける女性

何の用事もないのに、意味もなく電話をしてきたら、相手はあなたに気があるサインです。ただ純粋に、あなたの声が聞きたくて衝動を抑えきれずに電話をかけてきたのです。

しかし、訳もなく電話をしてくることに関しては、そこそこ親しい間柄の人に限られます。

あまり知らない相手であったり、親しくない間柄の人から意味をなさない電話がかかってきたら驚きますね。もっとひどい場合は、相手に対し疑問や不信感さえも募ります。

つまり、距離感が十分に縮まっていない相手だと、無礼という印象になってしまうのです。

もちろん、その点を相手も理解しているはずです。冗談が通じ合うくらいの関係性を築いている人しか、訳もなく電話してくることはないはずです。

訳もなく電話してくるあなたと親しい間柄の相手は、脈ありの可能性が濃厚、ということです。

酔って電話してくる

ビールと焼酎

わたしたち人間は、酔っ払ったら理性が効きにくくなります。そのため、欲望や本能に忠実になりやすく、自分の気持ちに正直に、また大胆な行動を取りやすくなります。

つまり、酔っ払ったときにとった行動こそが本音を素直に反映しているということです。

「普段は緊張してなかなか声もかけられない相手でも、アルコールの力を借りで、酔った勢いに任せたら話せる気がする。電話をしちゃえ。今なら気持ちを伝えられる気がする。」

酔って電話をかけてくる人の発想なのです。考えすぎな、案外自分に自信のないタイプの人に多い傾向にあります。

酔っ払って電話をしてくる相手は、あなたと会話をしたい、ということが本音なのです。脈ありということをそのまま反映しているのです。

テンション高め

テンション高く電話応対する女性

電話はフェイストゥーフェイスの会話と異なって、表情や仕草で会話の内容をフォローすることができません。フォローするためには、声色やテンションしか手段はありません。

よく電話で使われるのが、テンションを高めにする、という手法です。テンション高く会話をすれば、話も盛り上がるし明るくなります。

もちろん、どうでもいい相手との会話で気を使ってテンションを高くすることもありません。しかし、絶対に会話を盛り上げたいときは元気よく、明るくするためにもテンションを上げていきます。

言い方を変えれば、頑張ってまで会話を楽しいものにさせたい相手に対してのみ、テンション高めで話すのです。そんな相手は、脈ありの相手に他なりません。

テンションだけでなく、頑張って会話を続けようとしてくれたり、盛り上げようとする姿勢を感じるのも同じです。相手があなたに脈ありというサインなのです。

励ましてくれる

気合を注入する男性

どうでもいい相手にする慰めや励ましほど面倒くさいものはありません。くよくよ、うじうじ、めそめその繰り返しでマイナス思考。ネガティブでどうにもならないことを、堂々巡りで悩んでいる。

らちがあかない状態にも付き合ってくれ、励ましてくれたり慰めてくれる人こそ、脈ありなのです。直接であっても電話であっても、同じことが言えます。

仕事でミスしちゃったとSNSでつぶやいたら、応援と励ましの電話をくれた。体調が悪いとLINEで相談したら、心配してわざわざ電話で励ましてくれた。具体例はこのようなものがあります。

放っておいてもいいことを、気にかけてわざわざエールの電話をくれることこそ、脈ありの証拠です。

しかし注意すべきこと二つがあります。まずは相手が、誰にでも優しい人かどうかはしっかり見極めなくてはいけません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。