職場男性が送る脈ありサインとは?

長い時間一緒にいればいるほど、恋愛に発展する確率も高くなるものです。そういった意味では、職場が恋愛の発生しやすい場として成り立っているのは当然のことです。

一緒の職場で働いている中で、同僚や先輩、上司として男性と接することはもちろん日常的にあることでしょう。しかし意外にも、脈ありな男性と脈なしの男性の判別はなかなかつきにくいものです。

同じグループやプロジェクトのメンバーだったら必然的に会話量も多いです。また、座席が近くなれば、会話をする機会も自然と増えてくるものです。

一体、職場が同じ男性は、脈ありのとき、どのようなサインを送ってくるのでしょうか?脈ありサインについて、具体的に例を挙げて紹介していきます。

記事を参考にして、職場男性からの脈ありサインを敏感にキャッチし、恋愛を発展させていきましょう!

職場男性が送る脈ありサインとは?

話しかけてくる

話しかけてくる男性

職場の男性にある、一番わかりやすい脈ありのサインとしては、「よく話しかけてくる」があります。

他の人よりあなたにだけよく話しかけてくる場合や、仕事以外の話をよくされる場合。かなりの高確率で、男性に脈があるサインと考えていいでしょう。

純粋にあなたとたくさん話がしたいから、必要以上に声をかけています。また、あなたのことをもっと知りたいから、仕事以外の話題も振ってきています。単純な理由ですね。

業務内容に関しても、わざわざあなたに頼まなくても…と思うような些細な依頼が多い場合。これもまた、脈ありな男性によくありがちなケースです。

あなたと関わりたいから依頼して接点が生まれ、自然と話す機会を増やしているのです。しかも仕事という正当な理由付きで、です。

話しかけてくる男性は、多くの場合があなたに脈ありの傾向にあるでしょう。しかし、例外的な男性には注意が必要です。

ただ単純に話したがりでみんなに話しかけている、または、女好きで女の子には話が長い、みたいなタイプです。状況をしっかり見て判断するようにしましょう。

上下関係を強要しない

フランクな男性

同じ職場で働いている中で、男性が上司や先輩に当たる場合はどうしても上下関係が生じます。年齢が関係なくても、総合職と一般職の場合もまた、職務内容的に上下関係は発生してきます。

上から目線で、指示命令口調で業務依頼がなく、フレンドリーに接してくれる男性もいることでしょう。脈ありの証拠です。

仕事をこなしていく中で切羽詰まっていたり忙しい状況では、上下関係をいい理由に上司は部下に対し、圧力的になりがちです。

また、業務外でも抑圧的な態度で威張っていたり、なかなか距離を縮めることが難しい上司も多々います。日本はまだ縦社会の風潮が激しいので、古い体質の会社では仕方のないことです。

しかし上下関係を強要せず、友達のように近い距離感で気さくに接してくれるのは、男性に好意があるから他なりません。脈ありなサインとして受け取って間違いないことでしょう。

仕事をサポート

仕事をサポートしてくれる男性

仕事で忙しかったり困っているとき、さりげなくサポートしてくれたり手助けしてくれる男性もまた、あなたに気がある証拠です。

仕事は、探せばいつでも湧いて出てきます。あえて自分の業務時間を削って、他の人の仕事を手伝う必要もありません。自分が残業しなくてはならなくなることもあるからです。

にもかかわらず、あなたの仕事をフォローしてくれるのは、好意があるからこそのものです。脈ありのサインそのもの、ということです。

しかし、男性の仕事内容が庶務、事務職、一般職の場合は例外です。これらの職種は、フォローすることや手伝うことが業務内容だからです。

また、相手があまりに暇そうな場合も、手伝ってくれることは必然です。状況判断をしつつ、本当に脈ありサインとしてのサポートなのかを見極めてくださいね。

出社・帰宅時間を合わせる

帰宅時間を合わせてくる男性

業務時間内は、なかなかプライベートな会話はすることが難しいです。上司の目もあれば、周囲からの圧力もあります。もちろん、仕事が忙しかったらそれどころではないですよね。

そんなときに、周囲の目も気にせずに会話ができ、話していても誰からも文句を言われない時間帯があります。業務時間の前後。つまり、出社時間と帰宅時間です。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。