元彼に無関心なフリが復縁に効果的な理由とは?

元彼に未練があり、どうにかして復縁をしたいと強く思っている女性は多いでしょう。もう一度気を引くために、さまざまな方法でアピールしてしまいますよね。

しかし女性が押せば押すほど、元彼の気持ちが遠くにいってしまうように感じることがあります。復縁の可能性は低くなる一方で、不安になるでしょう。

そんなとき、元彼に無関心なフリをした方が復縁には効果があるのです。引けば引くほど、元彼の気持ちが近づく傾向があります。

今回は、元彼に無関心なフリが復縁に効果的な理由を紹介していきます。復縁するためにアピールを続けている人は、ぜひ参考にしてください。

元彼に無関心なフリが復縁に効果的な理由とは?

冷静に考える期間ができることで受け入れやすくなる

冷静に考える元彼

復縁をしたいと思うと、つい執拗に元彼への気持ちをアピールしてしまいます。元彼に新しい恋人ができる前にと、焦る気持ちもあるのでしょう。

しかし一度別れた2人です。何かしら、交際を続けることができない理由があったのでしょう。別々の道を歩いていくと決意をしたはずです。

その決意がすぐに揺らいでしまうのでは、元彼も困惑してしまいます。何を言われても、素直に受け入れる気持ちにはなりません。

「あのときの別れや決意は、なんだったのだろう」
そんな不信感さえ与えてしまうことになります。

元彼に無関心なフリをすることで、その期間は冷静になって考えることができます。付き合っていたときのことや、相手への気持ちをゆっくり思い返す時間は大切です。

この期間に、もう一度相手を受け入れる気持ちの整理ができます。そうすると、話し合いや復縁にも前向きに歩き出すことができるようになるのです。

逃げられると追いかけたくなる

元カノを求める元彼

男性は狩猟本能があります。これは理屈ではなく、男性の本能として携わっているものです。

『追いかけられると逃げたくなる』
『逃げられると追いかけたくなる』
というハンターのような精神ですね。

別れた元カノが必死に復縁を迫ってくると、気持ちが引いてしまいます。別の女性へ逃げたくなってしまうのです。

しかし元カノが自分に無関心になると、急に狩猟本能が働きます。元カノを取り戻したいという強い気持ちになってくるのです。

『押してダメなら引いてみろ』という言葉もありますよね。無関心という引きが、相手を押させる要因になるのです。

別のことに時間を費やすことで魅力が高まる

別のことに費やした時間

無関心なフリをするというのは、簡単なようで難しいことです。本当は気になって仕方ないのに、まるで興味のないような振る舞いをしなくてはいけません。

何もしていないと、常に元彼のことで頭がいっぱいになってしまいます。そこで無関心なフリをするには、自分が他に集中できることに時間を費やすことが必要となるでしょう。

  • スポーツで汗を流す
  • 自分を磨く
  • 趣味を極める時間
  • 他の異性とも交流
  • 資格や試験の勉強

探してみると、やれることは多数あります。このようなことを集中しておこなっていると、自然と魅力的な女性になります。

「少し見ないうちに、大人の女性としてワンランクアップした」

そう思わせ、元彼をドキッとさせられるような魅力を高めることができるのです。もう一度惚れ直してもらうことで、復縁への可能性が高くなるでしょう。

無関心な元カノの気持ちを引きたくなる

無関心な元カノの気持ちを引く男性

今まで自分のことを好きだった彼女が、急に無関心になるのは寂しいものです。どうにかしてもう一度、関心を持ってほしいと思うでしょう。

子どもがお母さんの関心を引こうとする心理に似ています。お母さんが自分を見てくれないと、子どもは必死にアピールしますよね。

「どうして僕を見てくれないの?」
「もっと僕のこと気にして?」

このような気持ちが強くなり、元カノに対して気を引くアピールを始めるのです。何度も連絡がきたり、会いたいと言ってくるようになるでしょう。

元彼は、元カノのことばかり考えるようになります。そして結果として、元彼の方から復縁を迫ってくるようになるのです。

幸せな思い出しかないように感じる

幸せな思い出

別れた直後は、別れの原因を引きずっています。いい思い出よりも、悪い思い出の方が印象強くなっているでしょう。

その状態で復縁をもちかけても、元彼は応じてくれません。交際していたことも、彼女のことも、マイナスでしかないからです。復縁しても同じ思いをすると、構えてしまうでしょう。

彼女が無関心なフリをすることで、ある程度の距離ができます。距離ができることで、少しずつ悪い思い出が浄化されていくのです。

人間は生きていく中で、自然といい思い出しか残しません。そのため期間と距離を空けてから思い返すと、いい思い出しかなくなります。

元カノとのことを思い出したときに、『幸せ』しか感じなくなったときがチャンスです。元カノと復縁をすれば、また幸せになれるという思考に変わっています。

そうなれば久しぶりに会った元カノに、復縁の話をもちかけてくるでしょう。

寂しい気持ちを埋めたくなる

寂しい気持ち

恋人がいないと、無償に寂しい気持ちに襲われることがありますよね。自分は誰からも必要とされていないように感じてしまうのです。

そんなとき、つい頼りたくなるのは元カノです。付き合っていた期間があるからこそ、自分を理解して受け入れてくれる存在だと思っているのですね。

寂しさを埋めてくれるだけの元カノは、そのまま都合の良い女になります。元彼の気分や都合で呼び出され、利用されてしまうでしょう。これでは復縁することはできませんね。

寂しいときに元カノまで無関心であると、男性は自信を失くしてしまいます。そして都合よく元カノと会うことはできないのだと悟るのです。

そして寂しい気持ちを、復縁することで埋めたいと感じるようになります。自分には元カノしかいないと改めて実感するのです。

冷たいわけではないので可能性を感じる

恋の可能性を感じる女性

無関心なフリというのは、あくまで興味がないということです。ここで大切なのは、冷たくするというわけではないということです。

例えるのであれば、『クラスメイト』や『職場の同僚』くらいの関係を意識しましょう。自分から連絡することはないけれど、連絡がくれば普通に対応しますよね。その関係性です。

元彼からすると、

  • 元カノから異性として興味を持たれていない
  • 自分から連絡すれば返信はくる
  • 話しかければ笑顔で対応してくれる

という認識です。

冷たいわけではないけれど、関心は持たれていないという微妙な存在になります。その微妙さが、元彼に不安と期待を持たせるのです。

そして頑張れば復縁できる可能性があると思わせることで、気持ちを高めます。それが復縁の効果を高めるのです。

改めて元カノへの気持ちを感じることができる

元カノへの気持ちを感じる元彼

相手の気持ちが確実に自分にあるとわかると、余裕ができます。余裕があることで、あまり相手のことを深く考えることはありません。

しかし気持ちがわからないと、改めて相手のことを考え直すのです。存在価値や気持ちを考えるきっかけになります。

買い物をしていても、同じ心理があります。欲しいものが、山のように売られていると、すぐに買おうとは思いませんよね。いつでも買えるからと後回しにします。

しかし欲しいものが売り切れだと、今すぐに欲しくなります。どうにかして手に入れる方法を考え、ものの価値についても調べ始めるでしょう。

元カノが復縁を迫ると、いつでも手に入るものという扱いをされます。無関心なフリをすることで、売り切れアピールをしてみましょう。

無関心さが元彼との復縁につながる

元彼と復縁する女性

復縁したい元彼に対して、無関心なフリをするのは難しいことですよね。好きという気持ちを隠して、我慢しなくてはいけません。

しかし、あなたの我慢が元彼の心を動かすきっかけになるのです。無関心なフリが復縁という言葉を元彼に言わせる効果的な方法となります。

ぜひ今回の記事を参考にして、元彼の気持ちを自分に向かせてみてください。押してばかりでは復縁を逃してしまうので、気をつけてくださいね。

関連記事:復縁占いが当たった!口コミで評判の先生のエピソードを紹介

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。