元彼に未練を感じる瞬間とは?

終わった恋だと思っていても、急に元彼が恋しくなる時ってありますよね。自分が振った側でも振られた側でも関係ありません。昔の思い出が頭をよぎった時に懐かしくなるものです。

別れてからずっと未練があり、恋心を引きずっている人もいますが、別れた時には大丈夫だったのにという人もいます。いつも当たり前のようにいた恋人だからこそ、いなくなると大きいです。

また、付き合った記念日など、特別な思いである日が訪れると「去年の今頃は…」と思い出すパターンもあります。お互いに彼氏彼女ができた時に、比べてしまう人もいるでしょう。

今回は、元彼への未練を感じる瞬間について紹介します。もし忘れられない人がいるのなら、「そうそう!」と共感すると思うので読んでみて下さいね!

元彼に未練を感じる瞬間とは?

ふとした瞬間

一息つく女性

元彼が恋しくなるのはどんな時でしょうか?新しい恋人がなかなかできなかったり、まだ元彼に未練があると恋しくなりますよね。しかし、実は意外にも「なんとなく、ふとした時に」が多いのです。

特別なことがあったわけではないけれど、ふとした時に恋しくなる。いつもは元彼を思い出すこともなかったのに、ふと恋しくなる。理由がハッキリしない体験をした人は少なくありません。

例えば、彼と一緒に聞いた音楽を偶然お店で聞いた時。彼とよく遊びに行ったところを通った時。ふとした時に元彼を思い出す人が多いようです。

元彼の存在や思い出を強く感じることで、「あぁ、私まだ未練があるのかな」と思ってしまうようです。また、「もう別れたのだから」と我慢をしようとすると却って気持ちが溢れるので要注意です。

人肌恋しくなる季節になったとき

紅葉した葉っぱ

「元彼を思い出した」「何だか切ない気持になった」という声を聞く季節があります。春はワクワクした気持ち、夏は楽しくて仕方ない恋、秋は少し物悲しいイメージがありますよね。

一般的に見ても、秋から冬にかけて元彼が恋しくなる確率が高いようです。秋は少し肌寒くなり、寒さが身にしみます。景色も茶色が多くなり、何だかセンチメンタルになる効果があります。

秋で物悲しさを経験したからこそ、「寂しいな」「恋人が欲しいな」と思う人が増えます。クリスマス前に彼氏ができるというのは王道のパターンです。

手をつないだり、ハグをしたり、心はもちろん体の触れ合う相手がいない秋や冬というのは、大変辛いものです。「去年はあの人がいたな…」と未練を感じてしまうようです。

新たな恋愛に一歩踏み出せないとき

恋愛に後ろ向きな女性

「もうそろそろ、新しい人を見つけないと」「また彼氏が欲しいなぁ」と思っていても、なかなかすぐにはできないものですよね。

新たな恋愛に踏み出せない時に、元彼の未練を感じる人が多いようです。例えば、元彼と同じタイプの人ならば「あの人に似ている」「あの人のようだ」と思ってしまいます。

とは言え、元彼と真逆のタイプだと、「彼はこんなことを言わないのに…」「彼だったら…」とつい比較してしまいます。そもそも、元彼以外との恋愛に乗り気ではない人もいるかもしれません。

いずれにしても、「元彼の影を追い求めている自分」を自覚した時に、未練がまだあるのだと感じるようです。新しい恋をしたいのに、前に進めない。心がついていかないとても辛い状況です。

別れを告げたとき冷静ではなかったと反省したとき

反省する女性

元彼に未練があると言えば、一般的には「振られた側の女」だと思いがちですよね。しかし、元彼に未練がある女性には結構「振った側の女」も存在します。

主な理由としては、「素直になれなかった」「誤解をしていた」「彼の弁解を聞かなかった」など、別れ際の後悔があるようです。

一時の思い込みや感情でとっさに「別れる!」と言ったパターンもあるでしょう。何にしても、彼の意見を聞かずに冷静に対応しなかった人が多いです。

「あの時に彼の意見を信じていれば…」「私が素直に甘えたら違ったのか…」など、自分の行動に後悔があります。

「もし…」を考えるうちに、元彼との恋愛をずっと考える未練たっぷりの女性になるケースもよくある話です。

見ないうちに魅力的になったとき

できるビジネスマン

元彼に未練を感じる時の理由に多いのが、「別れてから魅力的になっていた」という回答です。誰だって、元恋人に会ったなら、相手から「キレイになったな」と思われたいですよね。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。