年の差カップルを長続きさせる7つの方法とは?

落ちついた男性との年の差恋愛には、同年代の彼とでは感じられないトキメキがありますよね。

年上ならではの彼の包容力に安心でき、思い切り甘えたり可愛がってもらうことができるんです。年の差カップルを長続きさせるコツを知り、彼と幸せな時間をすごしてくださいね。

年の差カップルを長続きさせる7つの方法とは?

価値観の違いを楽しむ

価値観の異なるカップル

年齢が離れていると価値観が異なります。たとえば、結婚に対する考え方や性別の捉え方などで意見が食い違うこともあるでしょう。

40代の彼は、結婚したら彼女に家庭を優先して欲しいと思うけれど、20代の彼女はバリバリ外で働きたい。そんなことから価値観のズレを感じることがあるはずです。

また、年上の彼は「女性には一歩退いて付いてきて欲しい」「男性を立てて欲しい」と考える人が多いです。

しかし、年下の彼女は、男女は平等だと思っている。そのような価値観のズレも年の差カップルにはありがちです。

価値観や考え方が違ったら、それを理由に衝突するより分かり合うことを楽しみましょう。時代が変われば、考え方が変わって当たり前ですから、柔軟な姿勢でお互いに理解しあいましょう。

価値観が違うということは、自分の中にはない考えを身につけられるということです。世代の違う恋人からは、たくさんのことを学べるのですね。

年齢の話は冗談でも言わない

年齢の話をする女性

年の差カップルは、年齢の話は控えておいたほうが良いでしょう。言うメリットが特にないからです。

年上の人はは歳をとっていることを気にしてしまいますし、年下のほうは子ども扱いされたように感じてしまったり。年齢の話をしてもあまり良いことはないのですね。

「年上男性と年下女性なら、年齢の話をしても大丈夫なのでは?」と思う人は多いのですが、それは大きな間違いです。

男性だって、歳を取ることを気にします。間違っても「もうオジサンだね」「もうちょっと若かったら」なんて言わないようにしましょうね。

年の差は努力しても縮めようがないので、もう少し歳が近かったらと言われた側は、つらい思いをしてしまいます。

年の差がひらいているからこそ、喧嘩になりにくかったりお互い大きく成長し合えるというメリットもありますよね。

年齢の話は冗談でも言わないこと。そして、年の差はマイナスと考えるのではなく、プラスに捉えていきましょう。

彼の趣味や仕事に興味を持つ

仕事を頑張る年上男性

彼の好きなことや仕事に興味をもつと、付き合いをより長続きさせることができますよ。

「世代が違うから彼の趣味が分からない」「仕事もサッパリ理解できない」。それでは彼の気持ちが冷めてしまいます。

実際に理解できるかどうかではなく、理解しようとする意欲が大切なのですね。どんな仕事をしているのか、支えてあげられることはないか、ぜひ彼に聞いてみてくださいね。

彼女が自分のことを分かろうとしてくれているだけで、彼はあなたからの愛情を感じられるはずですよ。また、彼の趣味を覚えれば、2人で一緒に楽しむこともできますね。

彼に教わりながらスポーツ観戦を楽しんだりするのも良いでしょう。一緒にゴルフ場に行けたりするのも年上の彼ならではの趣味です。

彼に色々なことを教われば、あなたの世界も一層広くなるでしょう。仕事や趣味を通じて彼を「すごい!」と褒めてあげれば、さらにラブラブにもなれますね。

女性から積極的に誘う

積極的な女性

年上男性は、包容力はあっても意外と受け身なことが多いです。落ちついていることもあり、あまり自分から動かないのですね。

彼との仲を深めたければ、デートでもスキンシップでも女性から積極的に誘いましょう。

あなたから誘われたら彼はもちろん嬉しいですし「愛されてるな」と感じてくれるはずです。言葉や行動で思いを伝えてくれるあなたに対して、彼は愛情を一層深めるはずですよ。

ちなみに受け身な年上男性と付き合っていると「私のこと本気ではないのかな?」なんて心配になることありますよね。

たとえば、どこにデートに行きたいか聞いても、何を食べたいか聞いても「何でもいい」と答えられたとき。どうでもいいと言われた気がして、女性は不安になってしまいますよね。

しかし年上男性の何でもいいは、どうでもいいという意味ではないのです。丁寧に言うと、そこには「こだわりが特にないから、君の思いを優先するよ」という意味が込められているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。