カップルが親密になる7つの段階とは?

あなたは今、恋人と仲良くやっていますか?これからも長い付き合いをしていくなら仲良しでいたいですよね。

中には、最近喧嘩が多くてイライラすることが多い、会話が少なくなってきたという方もいるかもしれません。

もっと仲良くなれたらいいなと思っている方も安心してください。あることに気を付けていけば必ず仲の良い関係を作っていくことができます。

喧嘩をせずに、どんどん仲良くなっていくにはやはりお互いの思いやりが物凄く重要になります。

思いやりを持つためには、相手のことを理解することも重要ですし、自分を理解してもらうようにする努力も必要です。

彼のことはあなたが1番分かっているはずです。今の関係をもっともっと良好なものにして、これから先いつまでも仲の良いカップルを目指してください。

仲の良いカップルというのは、周りから見ても気分が良いものです。では、どういったことに注意すればもっと親密な関係になれるのかを紹介していきます。

カップルが親密になる7つの段階とは?

たくさんのことを求めない

求めすぎない女性

お互いに慣れた関係になってくると、相手に色々と求めたくなっていて遠慮ということができなくなります。もちろん、気を遣わないという面で良い部分もあります。

しかし、相手に色々と求め過ぎない方が、円満な関係を築けます。ついつい、自分ばかりが頑張っているような気がすると、平等を求めたくなります。

休みの日も家事を手伝ってくれない、何も買ってくれないなど、言いたいことは数あれどキリがありません。共働きなら、大変なのは同じです。

お勧めなのはきちんと役割を分担することです。たとえば、「私○○やるから○○お願いしてもいい?」などのようにお願いするのです。

このようにお互いの役割をきちんと分担することで、揉めることも少なくなり、お互い感謝し合えるので2人の信頼関係も高まり親密度も高まっていきます。

良いところを見つける努力をする

彼の良いところを見つめる女性

付き合い始めてから時間が経ってきて、お互いのことが分かってくると、良いところよりも、悪いところばかりが目につくようになります。

恋は盲目と言うように、付き合い始めの頃はお互いに盛り上がっているので、相手を美化しがちです。しかし、時間が経つにつれ、その逆になっていきます。

長い付き合いでマンネリ化してくると、相手の悪いところばかりが目につくようになってくるのです。するとイライラしたり、ストレスが溜まりやすくなります。

どうせ一緒にいるなら、良いところを見つけていったほうが幸せになれる気がしませんか?悪いところ探しではなく良いところ探しをすることで、イライラしなくなります。

そこで、尊敬できるところをお互いに見つけるとお互いを敬うことができるようになります。お互いに自分にない尊敬できるところを持つことで高め合える関係になります。

お互いに連絡をマメに取るようにする

マメに連絡を取る女性

連絡をマメにとっているカップルはマンネリもしにくい傾向があります。確かに、付き合いたての頃に比べ、連絡をとる回数が減ってくるのは仕方のないことです。

よく、会うまで連絡をとらないというカップルがいますが、あまりおすすめできません。こういった連絡をとらない期間が長い関係は、浮気に繋がる可能性が高くなります。

連絡をとるということは、会っていない間でも繋がっていることを実感できます。話す内容がなくなってきたら、挨拶だけでもいいので「おはよう」や「おやすみ」の連絡だけでも十分です。

忙しくも1日1回は連絡をとるようにしましょう。たったそれだけのことでもお互いの関係は良くなっていきます。もちろんお互いの努力が必要ですが、初心を忘れないためにも大事な事です。

感謝の気持ちを常に持つこと

彼への感謝の気持ち

彼に対して感謝の気持ちを常に持っていますか?付き合いが長くなってきて慣れてきた時こそそういった気持ちを持つことが大事になります。

彼が愚痴を聞いてくれた時や、荷物を持ってくれた時、お迎えに来てくれた時など些細なことですが、感謝の気持ちを持ちましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。