カップル3ヶ月目が倦怠期に陥りやすい理由と対処法とは?

実は、カップルにとって3ヶ月目とは試練の時だと言われています。というのも、3ヶ月目を迎えたカップルは、よく倦怠期に陥りやすいからなのです。

カップルとしての関係性も一段落し、一緒にいることにも慣れてきて、だんだん刺激を感じなくなってくるのが3ヶ月目です。

倦怠期を甘く見ていると、ささいなすれ違いで別れの危機を早くも迎えてしまう可能性があります。

では、3ヶ月目のカップルが倦怠期に陥りやすい具体的な理由とはどんなものがあげられるのでしょうか。倦怠期を乗り越えるための対処法もあわせて解説していきます。

カップル3ヶ月目が倦怠期に陥りやすい理由と対処法とは?

Hまで一通り済むから

Hするカップル

どんなに付き合いたての頃は初々しいカップルでも、3ヶ月目を迎えると、Hまで一通り済むことが多いです。

男性は体目的でなくても、早く彼女とHまでしたいという気持ちは皆少なからず持っているものです。

そのため、全てを終えてしまうと、目的達成の要素で彼女との恋愛に盛り上がりを感じなくなってしまう部分が大きいのです。

これから体の関係を持つことになるというドキドキ感もなくなってしまうのも事実です。わくわく感や刺激は、楽しみや幸せ感を増す効果がありますよね。

最初のうちは、手をつないだり、キスをしたりと、スキンシップを重ねるごとにドキドキしていたことでしょう。

それがHまで済ませてしまうとなくなってしまいますので、どこか燃え尽きた感がしてしまうのも頷ける話ではあります。

刺激を感じなくなり、自然と付き合っていることに楽しみを見いだせなくなってしまうのです。

デートパターンが固定化しがち

いつものデートコース

3ヶ月目に突入すると、デートのパターンもある程度お決まりのものになってくるでしょう。

いつも同じような場所にデートに出かけて、同じようなお店でご飯を食べ…楽しみがなくなるのも当然ですね。

いくら大好きな恋人同士でも、好きな場所にでかけていたとしても、固定化されたデートパターンはいつか飽きが来ます。

いつも同じものばかりではつまらないと感じてしまうのが、人間の素直な感情なのです。

3ヶ月目を迎える頃、倦怠期になってしまうカップルは、デートパターンが同じようなものの繰り返しになりがちです。

行き先のお店などを変えていたとしても、ジャンル的に変わり映えしなければ意味がないですよね。マンネリを感じることなくラブラブなカップルは、デートもバリエーションが豊富なものです。

付き合っているのが当たり前になる

お互いの存在が当たり前になるカップル

1ヶ月目、2ヶ月目の付き合いたてにドキドキするのは、やはり付き合っていることが新鮮に感じるからです。

今まで隣にいなかった人が、当たり前のように隣にいるようになることは、まるで世界が変わることです。それまでつまらなかった毎日が一気に楽しくなるはずです。

ですが、幸せいっぱいの日々にありがたみを感じるのは、実際長く続くものではありません。

人は新しい環境になじんでいくものなので、やがて新鮮だった付き合いも当たり前のものになっていきます。

当たり前のように一緒にいることを受け入れるようになり、ドキドキ感が減っていくでしょう。すると、恋人というよりも親友のような立ち位置になってしまうことがあるのも事実です。

自然体の自分を見せるようになっていくのは良いのですが、男女の仲としてのドキドキ感までなくなっていくのは切ないものです。

共にいることのありがたみや特別感などを感じなくなったとき、それは関係がマンネリしていることの証になります。

対処法とは?

コミュニケーション頻度を下げてみる

LINEの頻度を減らす女性

では、付き合いも3ヶ月目になり、倦怠期に陥りそうな場合、もしくは陥ってしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。

倦怠期は今の関係に飽きてしまうこと、負担を感じて面倒に思うことです。それならいっそのこと、コミュニケーション頻度を今までより下げてみることも大切なのです。

今までお互いに押しまくることでラブラブだった関係がマンネリしてしまったので、今度はお互いに引いてみるのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。