カップル1年目の過ごし方のポイント7つとは?

カップルにとって1年目を迎えることは非常に大事な節目に入ることです。1年一緒にいたということは、二人の絆がとても深まってきている証拠ですね。

そしてカップルにとって1年目は、お互い将来をどう思っているかを徐々に探り始める時期です。1年目を迎えるまでは、ただ恋愛を楽しめばそれで幸せだったはずです。

でも、これから相手と長くやっていくことを考えるなら、当然結婚なども視野に入れておきたいところですね。

カップル1年目は、そんな将来のことも考えつつ、どんなふうに過ごすのがポイントになるのでしょうか。

今回は1年目を迎えるカップルにとって大事なポイントをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

カップル1年目の過ごし方のポイント7つとは?

1年目記念デートを盛大にやってみる

1年目記念デート

1年目記念日は、やはり二人にとって初めて迎える記念日です。最初の半年の段階でも軽いお祝いはしたかもしれませんが、記念日と言えば何といっても1年目ですね。

実際、付き合いが長く続けば続くほど、記念日の祝い方は失速してしまいがちなので、1年の記念日はぜひ盛大にお祝いしましょう。今後もよろしくねの意味合いも大切にしていきたいところですね。

高級レストランで食事をしたり、少しお金をかけたデートをしたり、軽くプレゼントを渡したりなど、最高の一日にしたいですね。

最初に迎える記念日は、今までの思い出を振り返るとても大事なきっかけになります。

それまで少し冷めがちだった恋愛感情も、記念日という特別な日を迎えることで再燃する場合もあるでしょう。二人にとって忘れられない記念日デートを楽しんでくださいね。

親に紹介するのはまだ早い

親への彼氏の紹介

1年目を迎えると、良い節目だからという理由で親に彼氏・彼女を紹介したがる人も出てくるでしょう。ですが、実際のところ1年を迎えた段階で親に恋人を紹介するのはまだ時期尚早でしょう。

紹介を急ぎすぎると別れにつながってしまうこともよくあるものです。特に結婚まではまだ考えていなかったのに、親が関わることで話が重たくなってしまうからでしょう。

急にぎこちなくなって、親に紹介したことをきっかけに別れ話に発展してしまうこともあり得ないことではないのです。

結婚前提の付き合いなどでなければ、妥当なのは1年半~2年目くらいでの紹介でしょう。

親への紹介は急に身構えてしまう原因になりますので、非常にデリケートなことです。話を急に進めすぎないように注意しておきたいところですね。

彼の言動に注意を払う

彼の言動の変化

1年目にもなれば、安心できる関係性に慣れが出てくるものです。お互いのことを1年通してよく知って、実際、相手に飽きを感じてしまうことも事実ですね。

1年目を迎えられたことは喜びつつ、彼の言動に注意を払うことも大事です。最近変わったことがないか、浮気の兆候が見られないかなど、少し目を光らせるようにする必要も出てくるでしょう。

1年という節目を迎えられたからこそ、気がゆるんでしまう場合もあります。特に彼の職場に女性が多かったりなど、女性との接点がたくさんある場合などはなおさら注意したいところですね。

趣味や仕事を彼に紹介する

彼に趣味を紹介する女性

1年目を迎えることができたなら、これを機にもっと彼との仲を深めていきたいと思うはずです。

ただ好き好き言っている同士では、他の異性が気になった途端に、別れの危機が襲ってくるかもしれません。恋愛感情だけでは、恋人同士でもつまらなさを感じてしまうのも事実です。

できれば、趣味や仕事をお互いに理解しあっているとよいでしょう。趣味や仕事の話が気軽にできると、いろいろな話題で盛り上がりやすいものです。

寂しさを埋める関係だけでなく、趣味や仕事に理解を持つ関係になるとさらに結びつきが強くなります。

1年目という節目を迎えた今だからこそ、今度は彼に趣味や仕事を紹介してみましょう。時には強引に同じ趣味の場に彼を連れて行ったり、一緒に楽しもうとする姿勢も必要かもしれません。

そうして巻き込んでいくことで、自然と彼も楽しんでくれる機会も増えるものです。ただのデートだけではない遊び方もたくさん模索できるようになっていくことでしょう。

少しずつ彼と将来の話をしてみる

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。