カップルなのに会うのがめんどくさい理由と対処法とは?

交際スタートしたばかりの頃はラブラブだったけれど、何だか最近彼に会うのがめんどくさい。

そんな微妙な気持ちに戸惑ったことはありませんか?

「別れたほうがいいのかな?」と悩むあなたへ、カップルなのに会うのがめんどくさい理由や、その対処法を紹介します。

カップルなのに会うのがめんどくさい理由と対処法とは?

気持ちが冷めている

彼への気持ちが冷めている女性

彼に会うのが何だか億劫。会う前にはドキドキよりもめんどくささが勝ってしまう。そんな風に感じてしまうのは、彼への気持ちが冷めているから。

交際してしばらく経つと、付き合いたての頃の高揚した気持ちはクールダウンするものです。彼とのスキンシップやデートに慣れて、新鮮なときめきが無くなってしまうのですね。

熱い気持ちを取り戻すためには、いつもと違う場所でデートをしてみたり、彼がしてくれたことを思い出してみましょう。

二人で運動したり、プチ旅行をしたり、いつもと違うデートを楽しめば新鮮な気持ちを取り戻せます。また、彼からのサプライズや二人の思い出を振り返ることで、熱い気持ちも蘇るはず。

マンネリ化した関係を打破するためには交際にメリハリをつけたり、彼への感謝の気持ちを思い出すことが大切です。

それでも気持ちが再熱しなかったり、会うことにめんどくささを感じるようなら原因をしっかり突き止めましょう。

あなたがめんどくさいと思うのには、それなりの理由があるはずです。心の引っかかりを解消することで、すっきりできるはずですよ。

会う頻度が多い

会う頻度が多すぎるカップル

特に予定が無ければ、週末は必ずデート。平日も時間さえあれば顔を合わせてる。そんな風にカップルで会う頻度が多いと、一人の時間を取れなくなりストレスを溜めてしまうことも。

最初は彼に会える度にキュンキュンしていた人でも、会いすぎると疲れてしまうのですね。

どんなに親しい仲でも、人に会うのは気を遣うものです。そのうえ毎回同じようなデートだと「一人でのんびりしていたい」「他にやりたいこともあるのに」と思いますよね。

そうして小さなストレスが積み重なると会うのがめんどくさい状態に陥ってしまうのです。

彼に会うのがめんどくさいと感じたら、意識的に一人の時間をつくりましょう。「一人になりたい」とはっきり伝えてしまうと彼を不安にさせますから、最初は理由を付けると良いでしょう。

男性はデリケートな生き物なので、ズバッと言うと予想以上に傷ついたり束縛してくることもあるのです。

「仕事が忙しくて会えない」「疲れているから休みたい」などとやんわり伝えられると良いですね。

一人の時間を過ごしてみたら、自分がどう感じるかを観察してみてくださいね。あまりに楽しかったり気分がすっきりするようなら、あなたの気持ちは彼から離れているといえるでしょう。

連絡が多い

1日に何通も連絡しあうカップル

毎日何十通ものLINE。「今何してる?」と聞かれてばかり。連絡回数が多すぎると「愛されてるなぁ」と感じるのを通り越してうんざりしてしまいますよね。

連絡の多さをマメだと思えるなら良いのですが、女々しいなと思ってしまうと一気に気持ちが冷めることも。

返信しないとスタンプ連打してきたり、寂しいアピールしてきたり。挙句の果てには「浮気してる?」と疑ってきたり。そんな彼氏だとドキドキするどころか気持ち悪いとさえ思ってしまうのです。

連絡が多すぎることで彼をめんどくさいと思ったら「忙しくてLINE返せない」などと伝えてみてください。無理して彼の連絡に応えていると、あなたがどんどんストレスを溜めてしまいます。

彼に合わせすぎず、一日の中でまとめて返信する時間を決めたり、電話なら1時間位と区切りをつけるようにしましょう。

依存してくる

彼氏に依存される彼女

少し連絡を返さなかっただけで「今泣いてる」なんて自分かわいそうアピールしてきたり。友達と遊びに行くだけで「友達との写メ送って」なんて疑うようなことを言ったり。

このような依存的な彼氏だと「正直めんどくさい!」と愛想が尽きてしまいますよね。

もちろん彼はあなたを愛しているのでしょう。しかし毎日会っていないとダメだったり、他の男性を話すと怒ったり、束縛するのは彼の身勝手です。

自分が寂しいからといって何をしても良いなんてことはないのです。

かまってちゃんの彼氏は甘やかしすぎず、あなたの意見をしっかり伝えることが大切です。「忙しいのに無理やり会いに来られても困る」などと、嫌なことはハッキリ意思表示しましょう。

また、二人のルールを作るのもおすすめです。「仕事があるから連絡を返せるのは夜9時から」などと伝えたり、週に会える回数をあらかじめ相談しておきましょう。

ルールがあれば、かまってちゃん彼氏が不安になることは減るはずです。あなたが交際にストレスを感じないよう、工夫してみてくださいね。

対処法とは?

距離を置く

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。