カップルの平均○○とは?交際期間・キスなどの頻度などを紹介

「デートの度に何度もキスしてるけど、これって多すぎ?」「世の中のカップルはどれくらいの頻度でセックスしてるの?」。

恋愛していると、他のカップルの交際期間やスキンシップの回数など、気になることも多いですよね。

そこで世間のカップルの平均キス回数や結婚までの交際期間についてまとめました。彼とラブラブな交際を続けるための参考にしてみてくださいね!

カップルの平均○○とは?交際期間・キスなどの頻度などを紹介

平均交際期間は1年以上3年未満

交際してラブラブなカップル

世間のカップルの平均交際期間は1年以上3年未満が最も多いといわれています。

「恋愛の賞味期限は約3年」とよく耳にしますが、それくらいで別れを迎えるカップルが多いのですね。交際して3年も経てば新鮮なドキドキ感が減り関係がマンネリ化しやすくなります。

また約3年で恋が終わるのは、そのタイミングで恋愛ホルモンの分泌が減るためともいわれています。科学的な根拠もあるのですね。

ちなみに年齢が上がるほど交際期間は長くなる傾向があります。年齢が上がれば誰しも落ちついてくるので、衝動的に異性に惹かれることも減るのです。

結婚も現実的になり、特定の人と深く付き合いたいと思うようになるのでしょう。

一方、1年未満で別れるカップルはスピード交際や体目的のケースが多いです。一時的な感情の高まりや性欲がきっかけで付き合うと、安定した交際につながりにくいのですね。

平均キス回数は1デートに1回

デートでキスするカップル

1度のデートで1回のキス。これが世間のカップルの平均キス回数です。「少ないな」と思いましたか?

おうちデートやドライブデートでない限り、人目に触れる場所で何度もキスをするのは難しいのかもしれませんね。

キスのタイミングで特に多いのは別れ際。1日デートして別れるときにキスをすると「また早く会いたいな」と彼への気持ちを募らせることができます。

夜景のキレイな場所や雰囲気の良い公園のベンチなど、ムードのある場所でのキスが好きな女性も多いはず。

キスは恋人たちの最高のスキンシップです。キスをするだけで相手へ感じる愛情が強くなったり、ストレスが軽減されたり。

「好き」「愛してる」という気持ちを伝えあう以外にもキスには良い効果があるのです。1日1度と言わず、好きなだけして彼との愛を深めてくださいね。

ちなみに男性の中にはキスが苦手という人もいます。恋愛経験が少なめだったりシャイな性格の男性ほど、キスに抵抗を示すのです。

そのような彼とは無理にスキンシップを取ろうとせず、キスにはゆっくり慣れてもらうと良いですよ。

平均セックス回数は2週間に1回

Hするカップル

平均的なセックスの回数は2週間に1回程度です。付き合い始めは会うたびにしていたのが、週に1回、月に1回とだんだん減っていくのが一般的です。

付き合いが長くなればなるほどお互いに慣れてドキドキ感が和らぐので、セックスの回数も減るのですね。

セックスが減ってきたことに不安を感じたり「嫌われたのかな?」と心配してしまう女性は意外と多いです。

しかし交際が長くなって慣れてくれば、セックスは減るのが当たり前。あまり不安に思う必要はないのですよ。

もしも心配に思うのなら、自分から誘ってみるのも良いですね。女性から誘われると喜ぶ男性は多いです。女性側が積極的になることで、男性の気持ちに火を付けることもできるんです。

セックスの頻度は二人のタイプにもよると言えます。スキンシップをとるのが好きで、情熱的に愛し合いたい二人なら回数は増えるでしょう。

スキンシップよりも心のつながりを重視するタイプの二人なら、回数が少なくても不満にはあまりなりません。

男女の性欲にはどうしてもズレがあるので、二人が満足できるペースを掴めると良いですね。彼の意見を聞き、自分の思いもしっかり伝えることが大切です。

休日の平均デート時間は10時間

休日にデートするカップル

恋人ができると「時間さえあれば一緒にいたい」と思いますよね。毎週休日が待ち遠しくてたまらなくなるものです。

世間のカップルの、休日の平均デート時間は10時間程度だといわれています。朝に待ち合わせして色々な場所に行ったり食事を楽しんだりして、夜まで一緒にいるパターンがほとんどなのですね。

平日は仕事に集中して休日には二人でリフレッシュ。そうしてメリハリを付けることで良い関係を続けられるのです。

ただしお互いの仕事が忙しくて疲れている場合は、デート時間を減らすというカップルも多いです。

どんなに会いたくても、彼が疲れているときには無理強いは禁物です。お互いに負担にならないデートプランにすることが関係を長続きさせるコツなのですね。

また、いつも似たようなデートばかりだと関係がマンネリ化してしまいます。お互いに新鮮さを感じなくなり、ドキドキしなくなってしまうのです。

そうならないためにも時々は時間を早めに切り上げたり、夕方からのデートにしてみるなど工夫することが大切ですね。

歳の差平均は3歳以下

歳の差カップル

年の差カップルという言葉をよく聞きますが、世間のカップルの年の差平均は「3歳以下」が最も多いといわれています。

続いて多いのが「彼が5歳以上年上」と「同い年」。年が10歳以上も離れた年の差カップルは、やはり少ない割合なのですね。

ほとんどのカップルは男性が年上です。多くの女性は落ちついていて包容力ある年上男性に惹かれるのでしょう。

自分より男性が年上だと、悩みを相談したり頼ったりもしやすいですよね。知識も経験も豊富な年上男性は「甘えたい」「安心したい」という女性たちの願いを叶えてくれるのです。

もちろん同い年カップルにも男性が年下のカップルにも、その組み合わせでしか得られない幸せがあります。

同い年カップルなら話題が合いやすく、年齢のズレに悩むこともありません。あまり気を遣うこともなく友達のような感覚で付き合うことができるでしょう。

男性が年下のカップルなら、彼のワガママや欠点すらも可愛く見えてしまうものです。男らしさはそれほど感じられなくても、キュンとしたり母性本能をくすぐられる恋愛を楽しめるのです。

肉食系男子よりも草食系男子のほうが好きだったり、自分がリードしたいタイプの女性には年下男性がおすすめです。

何にせよ自分の好みの男性と付き合うことが恋愛を長続きさせるコツだといえるでしょう。

平均交際人数は20代で3人

過去の交際人数

あなたは今まで何人の人と交際したことがありますか?世間の男女の平均交際人数は、20代で3人です。

学生時代に2人、社会人になって1人というパターンが多く、4人以上ならある程度モテる人だと考えられます。

多くの女性は3人程度の男性と付き合って、振る舞い方や相手との上手な接し方を身につけていくのでしょう。そして女性として成長し、結婚相手と落ち着くのですね。

ただし交際人数は多ければ多いほどいいというわけではありません。コロコロと相手を変えるのは、誰とも安定した絆を築けていないということだからです。

交際人数が少ないからといって落ち込む必要はありません。学生時代に付き合い始めた彼と7~8年掛けて結婚したという人もいるのです。

交際人数の多い少ないよりも、恋愛で何を学びどう成長したのかが大切なのですね。

結婚までの平均交際期間は3年以内

結婚までの交際期間

あなたは今の彼とどのくらいの期間お付き合いしていますか?世間のカップルが結婚までに交際した期間は平均3年以内となっています。

3年も付き合っているとお互いに飽きが来てマンネリになってしまうケースが多いです。また、あまりダラダラ付き合っていると女性側が「結婚する気あるのかな?」と焦り始めてしまうのですね。

とくに子どもが欲しいと考える女性だと、煮え切らない彼氏とズルズル付き合うことは難しいものです。

恋愛ホルモンの分泌も3年程度で減ってくるので、結婚は3年以内に決めたほうが良いと考えられますね。

短期間で結婚を決めるのは怖いと感じる人も多いのですが、スピード婚のカップルは結婚後もラブラブなことが多いです。

お互いに知らない面が多いままの結婚なので、結婚後も恋人同士のような関係を続けられるのです。

カップルの平均○○は気にしすぎない

自分たちの最適解を見つけるカップル

世間のカップルの平均はあくまで目安と捉えましょう。デートもキスもセックスも、あなたと彼が幸せを感じられるペースを掴んでいってくださいね。

お互いに寂しさや負担を感じないよう、話し合いなどのコミュニケーションをこまめに取ることが大切です。

デート中ラブラブしたい女性は香水を変えてみる!

デート中にキスやHをしたい女性は、男性の刺激を高める【リビドーロゼ】という香水を使用してみてください。

デート中や泊り旅行の夜の直前に利用することで、彼がいつもより大胆になってくれます。

お試しコスメ1つプレゼントあり

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。