カップルのデートでお昼寝はあり?なし?

カップルのデートでお昼寝はあり?なし?

あなたはデート中にお昼寝するのはアリだと思いますか?

「彼が疲れているなら寝せてあげたほうがいいのかな?」と思う反面「放っておかれたくない」とも思いますよね。お昼寝アリ派、お昼寝ナシ派、それぞれの理由を紹介します。

お昼寝がありの理由

平日の疲れがあるから無理にデートしても苦痛

平日の疲れを感じるカップル

日頃の疲れがつのっていたり、デート前日に遅くまで残業していたりすると、休みの日はゆっくりしたいと思いますよね。

出かけてもさらに疲れてしまうし気分的にもボーっとしていたい。そんな風に疲れをためている社会人カップルは、無理に外出デートをする気になれないものです。

出かけて苦痛を感じるくらいなら、家で映画でも見ながらのんびり過ごすほうが良いのですね。

疲れを溜めているカップルは、デート中にお昼寝はアリだと考えています。二人でゴロゴロしながらくつろいで、眠くなったら眠ってもいい。そんなおうちデートが性に合うカップルもいるのです。

ただし会う度に家でお昼寝デートだと、付き合いにメリハリが無くなってしまいます。関係がマンネリ化して、お互いに魅力を感じなくなるのです。

お昼寝デートは頻度を考えて行ったほうが良いのですね。

また、彼はお昼寝したいけれど彼女は外に出かけたいと言った場合も注意が必要です。相手に合わせて我慢するほうはストレスをためてしまうのです。

そのような場合は昼寝の後に一緒に出かけたりと、どちらの希望も叶う一日を過ごすほうが良いでしょう。

イチャイチャできる

イチャイチャするカップル

お昼寝デートはゆっくり会話したりイチャイチャすることもできますね。周りを気にしなくていいですし、リラックスしながら彼とのスキンシップを楽しめます。

外出デートだと人目が気になって、なかなかイチャイチャできないですよね。外では手をつないだり、キスするまでが精一杯でしょう。

彼との仲をもっと深めたい。いつもより深いスキンシップをしたい。そんなカップルにお昼寝デートはおすすめなのです。

もともと男性は恋愛において、女性とのスキンシップをなにより重要に考えるものです。彼女に触れることで愛情を再確認したり、さらに好きになったりするのです。

ですから彼のためにも思い切りイチャイチャできる時間を撮ってあげることは大切です。

たくさんスキンシップをとってラブラブな関係を築いてくださいね。

好きな人の隣で寝るのはいつだって幸せ

好きな人の隣で寝る幸せを感じるカップル

好きな人と一緒にくつろぐのは気持ちいいですよね。安心感で眠くなるのは普通のことです。人はリラックスしていたり、心が満たされていると自然と眠くなるものなのです。

彼があなたの前でお昼寝するということは、あなたにとても癒やされているということ。彼は大きな安心感を抱いているといえるでしょう。

お互いに眠くなる関係なら二人の相性は抜群です。しかし彼ばかり寝ていてあなたが眠くならない場合は、まだ彼に対して緊張感が抜けていないのかもしれません。

まだ関係が浅かったり、彼に対して不安を感じていても眠れないケースが多いです。

女性には彼と会うとリラックスできて眠くなったり身体が元気になる人と、そうではない人がいます。リラックスできている人は良いのですが、そうではない人は要注意。

彼と会っても眠れる気がしないし、むしろ会った後に体調が優れなかったり風邪を引きやすい。そんな場合は心と体の相性があまり良いとは言えません。

彼とくつろいでいるときに、安心して眠れるかどうか。頭痛がしたり胃が痛くなったりしないか。体の声を聞いてみれば、相手がベストパートナーかどうか知ることができますよ。

起きた後は逆に活発的になれる

積極的にデートを楽しむカップル

眠いときに無理に外出してもお互い不機嫌になってしまい、あまりデートを楽しめないですよね。二人でイライラしたまま出かけるよりは、サッとお昼寝してから外出したほうが良いのです。

せっかくのデートでどちらかが眠そうにあくびをしていたら雰囲気が悪くなります。会話もおぼつかず、なかなか気分が上がらないですよね。

人は眠いまま活動していると、精神的に不安定になったり食欲が減ったりします。判断力が落ちるので、普段では考えられないような失敗をしてしまうことも。

疲れているときは無理せず軽く休んだほうがその後のデートを楽しめますよ。少し寝るだけでも頭がスッキリして、活発になれるのです。

特に車で出かけるときなどは、眠いのを我慢するのは辛いものです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。